アーティキュレーションとは

習得目標達成のためのカリキュラム、インストラクション、評価の異なるレベル間の連続性、連携、同じプログラム内のクラスの連続性、一貫性をアーティキュレーションと言います。アーティキュレーションが確立している場合には、学習者一つのレベル(例えば、高校)から上のレベル(例えば、大学)に上がる際に、下のレベルで到達した能力を考慮して、上のレベルの適切なレベルにプレースされ、下のレベルで学習したことを無駄にせず、それをもとに学習を続けることができます。このような連続性が下から上まで続いている場合には、最終的に学習を終えた時に、高いレベルの習得目標を達成することが可能となります。

アーティキュレーションには異なるレベル間のアーティキュレーションと、同じレベルのクラス、プログラムの間のアーティキュレーション、日本語のクラスとそれ以外のクラスの関連性に関する3種類のアーティキュレーションがあります。それぞれ
(1) 縦のアーティキュレーション
(2) 横のアーティキュレーション
(3) 教科間のアーティキュレーション
と呼ばれます。

(1) 縦のアーティキュレーション
高校で3年間日本語を学習した生徒が大学に入学し、プレースメントテストの結果、一年生の一学期目にプレースされ、日本語をこれまで学習したことがない学生と一緒にされるのは、機関間で縦のアーティキュレーションがない例です。大学側がこの学生を一年生の一学期目のクラスにプレースしたのにはいろいろな理由が考えられます。例えば、話す力はあっても、漢字を勉強してこなかったとか、文法の力が弱いなどです。最初はほかの学生よりも話すのが上手でも、間もなくほかの学生に追いつかれて、クラスをドロップする場合もあります。また、同一の学生が、一年生の3学期目のクラスまで日本語のクラスを取るのを待つように言われるのもアーティキュレーションのない例と言えます。2学期間待っているうちに、日本語を勉強し続ける動機付けを失ったり、高校で学習したことを忘れてしまうこともあります。あるいは、プレースする適当なクラスがないために、難しいにもかかわらず三年生のクラスにプレースされるのも、アーティキュレーション欠如の例です。ほかの学生についていけなくて、ドロップする場合もあるでしょう。

同じ機関内での縦のアーティキュレーション欠如もよく見られます。大学の最初の2年間は基本的な文法・語彙を習得し、コミュニケーションを強調した授業なのに、後半の2年になると、文学作品を読むことが中心の授業になる場合がよくあります。後半の2年では、コミュニケーション能力を向上させる練習はなく、話す力が2年生よりも弱いということがあります。

(2) 横のアーティキュレーション
同じ学校、プラグラムに同一レベルのクラスがいくつかあり、異なる教師が教えている場合に、教師間でのコミュニケーション、コンセンサスがないために、クラスごとに違う教材、教科書を使ったり、それぞれの教師によるインストラクションのフォーカスが違う場合、横のアーティキュレーションがないと言われます。それぞれのクラスで、その内容に基づいて、テストが行われ、成績がつけられているので、一見問題がないように見えますが、同一プログラムの同じレベルのクラスの内容が違うのはプログラムの一貫性、整合性の欠如であり、ポジティブには見られません。また、これらの学生が上のクラスに進級して、同一のクラスに入ってきた時、問題が出てきます。すなわち、横のアーティキュレーションの欠如が縦のアーティキュレーションに影響してきます。同一の機関でなくても、同じ学校区の異なる中学校の日本語のプログラムの目標や性格があまりにも違うと、同じ学校区のある高校に中学生が進学して、日本語のプログラムに入って来る時にアーティキュレーションの問題が起きてきます。

(3) 教科間のアーティキュレーション
学校教育を効果的、効率的に行うためには、生徒、学生が学習している関連科目の間に一貫性、整合性があることが望まれます。例えば、大学で日本文化のクラスの内容が、日本語のクラスの内容と結びついている場合、学生の日本語能力、日本文化の知識が連携して、よりよい日本語能力の発展が期待できます。これは、日本語教師の養成機関でも言えます。教育学部の日本語教授法のクラスである外国語教育のアプローチが推奨されているのに、その大学の日本語のクラスでは全く別のアプローチが使われ、教師養成プログラムにいる日本語を母語としない学生が日本語のクラスをとっている場合に問題が出てくることがあります。また、教授法のクラスを取っている学生がティーチング・アシスタントとして日本語のクラスを教えている場合には、教授法のクラスで教えられたことと矛盾することをクラスで実践するというような問題が出てくることもあります。実際、このようなアーティキュレーションの欠如は各地で見られます。

いずれにせよ、アーティキュレーションの欠如は効果的な教育の障害となります。