J-GAP 台湾 日本語教育のアーティキュレーション

ようこそ~ 台湾日語教育学会へ

http://www.taiwanjapanese.url.tw/

設立:1993年
沿革:1993年発足以来、二年ごとに理事監事の改選を行い、2013年現在は11期目の理事監事によって運営されている。
会員数:約250名
組織概要:大学の日本語教師を中心とする全国規模の学会。
活動内容:■年次大会、シンポジウム開催(年1回) ■日本語教育実践発表会(年2~3回)
■日本語教師研修会(不定期)
刊行物:『台湾日語教育学報』(年2回)、『日語教育実践報告集』(年1回)

本学会では毎年年度大会を開いている。当大会は台湾の日本語教育、日本語研究に役立つよう、台湾や日本など世界各地より研究者や専門家を招いて基調講演をしてもらい、口頭発表とポスター発表も行なわれている。そして、2008年度から年2~3回、日語教学研究発表会(日本語教育実践研究発表会)を開催し、効果的な指導法や課題等の情報共有を図っている。2010年世界日本語教育大会を台湾日本語文学会、国立政治大学と共に主催した。2011年から日本語教師研修会も開催し、教師力と研究レベルの向上に努めている。
2012年2月現在、会員は約250名いる。上記の学会活動と共に、学会誌『台湾日語教育学報』を年2回刊行している。そして、日語教学研究発表会(日本語教育実践研究発表会)での発表修正原稿を募り、『日語教育実践報告集』を年1回発行している。

J-GAP Taiwan 事業の概要
1.台湾の高等教育と中等教育の日本語教育のアティキュレーションを図るために台湾日語教育学会の組織の下に「J-GAP Taiwan」を結成した。
2. J-GAPの総括者である當作靖彦先生が日本の日本語教育学会のグローバル・ネットワーク事業の責任者の一人として、世界各国の日本語教育のアティキュレーションの必要性を提唱した。台湾もこの事業に加わり、2012年から国際交流基金の助成金を受け、活動を始めた。世界で参加している9カ国、地域の一メインバーになった。
3.具体的にJ-GAP Taiwan事業は月例会を開き、中等教育と高等教育の日本語教師の参加によって「JF日本語教育スタンダード」を台湾で実験的に実施することを最初段階の目的とする。最終段階では、「台湾の日本語教育スタンダード」を構築する。5技能のレベルを決め、カリキュラム、シラバス、教授内容、評価の一貫性を有機的に構成する。安定している評価を用いて、中等教育と高等教育の日本語教育におけるアティキュレーションが構築される。
J-GAP Taiwan Official Site : http://jgap.tw/


J-GAP Taiwan 2015 年度の活動スケジュール表 (20150723更新)
時間
主題と会場
講師
① 2015年4月25日
31
「Can-do B1級的教室活動設計及評量方式之設計
(台湾大学日文系校史館2F)
黃鈺涵
黃恆綜
② 2015年67
32
JFSに準拠する教材作成」
(交流協会台北事務所)
藤長かおる
③ 2015年7月14日-16日
33
「新しい指導要領に基づく中等教育の日本語教師養成リーダー研修」
(日月教師研修会館)
當作靖彦
④ 2015919
34
「新学習指導要領に基づく学習シナリオーのデザイン」
(交流協会台北事務所)
陳淑娟
⑤ 2015年10月14日
35
高中職的外語等第認定與多元評量
(高職外語群科中心 台南高級職業學校)
陳淑
⑥ 2015年11月7日
36
日語A1.A2級的教材教法」の実践報告-成果と課題-
(新竹交通大學)
上条純恵
工藤節子
⑦ 2015年12月26
37
「依據新課綱第二外語領域的中等教育日語教師培育研習─主題式學習設計的研究發表─」
(台北輔仁)
當作靖彦
楊承淑
陳淑
2016年1月17
38
新しい指導要領に準拠する教案と実践と評価
(交流協会台北事務所) 
羅曉勤
陳姿菁
⑨ 2016年3月5日
39
韓国訪問
(釜山外国語大学)
鄭起永
奈須吉彦
陳淑娟
工藤節子
羅曉勤
2016年3月12
40
J-GAPの実践発表シンポジウム
未定
當作靖彦
陳淑
計10回
台北4回、新竹1回、台中1回、高雄?回、台南1回、韓国1回



以下、最新情報


台灣日本語教育學會 J-GAP TAIWAN第39回例會

主題:認識第二外語領域新課綱的國中小、高中教師研習
「推動第二外語教育政策座談會&主題式課程設計發表會」
時間:2016年3月26日(六) 8:30~17:00
地點:東吳大學第一教研大樓 普仁堂 (台北市士林區臨溪路70號)
主辦:台灣日語教育學會J-GAP TAIWAN.教育部外語領域教學研究中心.東吳大學外國語文學院.東吳大學日本語文學系
協辦:國際交流基金.(公財) 交流協會台北事務所
內容簡介:
J-GAP TAIWAN 為台灣日語教育學會下的研究團隊,以「解決高中與大學的日語學習銜接問題」為目標,舉辦講習會、研究會等,延續過去4年的累積,這次與德、法、西語等領域結合,持續推動建構優質的第二外語教學制度。
正值2018年12年國教第二外語新課綱正式實施,二外領綱的理念突顯總綱的核心素養,具「CAN-DO」能力指標,與CEFR級別對應,重視學習成效,能與國際接軌。但是如何落實於課堂內?關於培養國際移動力,國家的教育政策是甚麼?各國駐台辦事處如何具體協助我們推動第二外語教育?2016年3月26日將於東吳大學舉辦「認識第二外語新課綱的國中小、高中教師研習」,承蒙教育部國教署黃子騰署長應允演講「推動第二外語教育」,並主持座談會,由第二外語新課綱製作小組的主持人楊承淑(日語)、以及黃靖時(德語)、阮若缺(法語)、李素卿(西語)進行與談。同時邀請了德、法、日駐台辦事處的主任、參事談各國如何支援我們二外教育?楊承淑副召集人以「第二外語新課綱的實施願景」為題演講。下午分日語、德語、法語、西班牙語四場次,由大學與高中教師合作發表教案,透過依據新課綱規劃主題式課程設計的發表,彼此切磋琢磨,探討如何培育21世紀國際移動力,與國際接軌,開拓我國第二外語教學的新境界。竭誠歡迎全國各大學外語相關學系以及國中小、高中關心此議題的教師先進們,踴躍報名,共襄盛舉。
會議內容
【記錄1】
  • 時間:9:40~10:10
  • 主題:「推動高級中學第二外語教育」
  • 主持人:林茂松(東吳外語學院院長)
  • 與談人:楊承淑(輔大)、阮若缺(政大)、黃靖時(東吳大)、李素卿(輔大)
【記錄2】
  • 時間:10:10~10:50
  • 主題:論壇 「各國駐台協會如何促進我國第二外語教育」
  • 主持人:陳淑娟(東吳大學日本語文學系教授)
  • 與談人:塩澤雅代(交流協會文化室主任)、柯麗芬(歌德學院語言部主任)、
  • 博洋(法國文化協會主任)

時間:9:40~10:10


【記錄1內容】
楊承淑老師:
  • 107(2018)年起實施的新課程綱(以下稱:課綱)將第二外語正式的定位,除英語外亦納入第二外語,此為政策上非常重要的改變。政策的定位非常重要,社會資源有限,推動教育政策,重要的就是作有效的資源分配。如同先前黃署長演講提及,以加分幅度之政策促使原住民語言真正落實。
  • 感謝政策上面已經開始把第二外語定位為課綱修訂的重點之一,畢竟社會資源是有限的,就我自己學語言的經驗來說,語言只是一個工具,老師很少跟我們說語言背後的文化。現今的第二外語教學,我們鼓勵透過外語學習的方式,將自己的思維、想法等,來做表達等。就我們學校最近的研究所考試,有不少學生是選擇一個新的語言,重新開始。一個人最重要的是自學的能力,過去在我們學校的教育,是比較難。那我們最新的第二外語就是希望可以培養學生自學的能力,進而獲得在社會上自我生存的能力。
  • 接下來最重要的是讓語言教學真正做出特色,真正讓同學能夠受惠。以我們的實力,讓英語教學者也覺得,第二外語的教學對學習者來講是加值的。
  • 推動第二外語教育,相對於英語的工具性,第二外語所要帶來的是更多文化的特性,也鼓勵個人透過思考、推理、推論學習語言。
  • 各國的語言都受到英語的影響,因此也鼓勵透過英語知識鞏固第二外語。再加上個人的思維、生活、或網路資源運用等等,將這些都結合起來,以全方位的方式進行第二外語學習。
  • 第二外語教育提供靈活而自由的外語學習環境,讓學生的學習得以開花結果。在非制式的學習外語環境下,給予學習者呼吸、伸展、全方位學習的空間,以及良好的學習經驗。
  • 重要的是一個人能夠自己學、自己教自己,社會上需要的正是這樣的能力,我們要找回的正是這樣的能力。在學校的軌道上,希望第二外語能提供這樣的空間和天地。
阮若缺老師:
  • English is a must, another language is a plus. 英文具有”工具性”,而其他語言是”特殊性”。在工作場域等若擁有其他外語能力,更成為特殊人才,並且具有特殊性,會第二外語能讓自己特別突出。
  • 關於師資合聘,歷經長期奮鬥,很高興方才黃署長於演講中主動提及此相關措施,希望屆時能有新氣象,能夠落實施行。
  • 升學的各個管道,無論是否於簡章等明訂外語能力的加分制度,但確實有加分效果。
  • 經過長期的努力而有今日的新課綱,其內容依A1、A2等分級,各級別間環環相扣。今日成果源自於如陳淑娟老師等等多位老師大家共同努力的成果。今日許多發表,都值得一同參與,共同切磋以激盪出更多火花。
  • 英語是現在所謂市街某些共通的語言,但是有其他的語言也是當作輔助。如果你會其他語言,那你就是特別的人。第二外語是很重要的,雖然我覺得第二外語這個名稱不太適當。政大第二外語的話,我們是少數學校有寫在簡章上是有加分的。我們LTTC的考試,也是一個重要參考指標。我們一經做了一年的研習了,集合很多外語系的老師一起努力。感謝淑娟老師的推廣我們才能在東吳大學這麼好的場地,謝謝。
黃靖時老師:
  • 現今第二外語的師資培育環境,培育許多第二外語師資,有的擁有碩士學位,卻無理想就業市場,有的需轉而任教英文或其他第二專長科目,或成為流浪教師,或奔波於各校兼職,領取微薄的鐘點。
  • 我自己在大學是師資培育的制度下,所培養的老師,當時我是在建中實習,那時候建中的老師說:建中要是走不出去,第二外語就也走不出去。當時我有很同學朋友,都出走了;去教英文等。那第二外語的德文感覺就這樣消失了;我們的德文研究所會不會越來越沒有人來唸?希望這一種循環不要繼續下去。
  • 當培育多名師資,受到時勢所趨,沒能發揮原先的語種專長,許多人不得已由“理想”趨向於“麵包”,非常可惜。
  • 當第二外語越來越茁壯,藉由第二外語新綱的制定與實施促使良好環境與循環,則學生在國小等各求學階段,自然願意主動學習第二外語,也感到有希望。如此讓環境有良好結構,則能讓第二外語越加茁壯。
李素卿老師:
  • 過去求學環境,多位同學大學畢業後接著到美國深造,而有些在國內發展者則是在各校西文所擔任主任或行政等要職。西文所可說形成一個人在人生中的轉換,以及為學子開一扇窗,能夠到國外,發現除中文和英文之外的語言和世界。
  • 培育國際人才與開發人力資源是國家重視的政策之一。由台灣的觀點來看其培養方式,首先是母語中文加上英文,因英文是必需,而第二外語便是優勢。以區域而言,亞洲則以史地經貿等各方面的淵源,毫無疑問的屬日文重要;歐盟區域則屬德文與法文重要,關係經濟政策發展;若以全球觀點,重要語種是:中、英、西語。關於西語,雖地理遙遠加上文化的陌生,但現今數位化與全球化的網路發達時代,期許做到“無國界”。
  • 對西語教育,知道其辛苦,但是仍樂觀以待。因為西語也是非常值得投資的外語。
陳淑娟老師:
  • 我們致力於高中或者是中等教育階段的第二外語教育的推動,而成效也是年年的有進步、進展而深入。有關於國中小學的方向,在新課綱上指出可在彈性課程時間裡可以進行開課。在國教院的政策上,對於推動二外需要大力的促進這樣的訊息,國中小學才能有機會開課,讓國小兒童有研修多種語言的機會。
國教署黃子騰署長:
  • 如前述報告內容,新住民語言有加分制度,和本土語言同列為國小屬必修課程,國中成為選修,高中以後列為第二外語之一。日、德、法、西語等第二外語,有實際需求時,就會根據學生的興趣開設課程。
永春高中周瑩琪老師提問:合聘制度至今尚未落實,請教是否實質補助學校以鼓勵聘用,或以外掛名額方式增額錄取第二外語教師,以落實第二外語師資聘用制度。
國教署黃子騰署長:
  • 本人持審慎樂觀的態度。現在不只是後中(後期中等學校階段),國中小也有開設共同課程,其中不太一樣的地方是,國中小是以各校聘任師資,其他學校來用;後中則是用合聘的方式。因此在員額切割的地方,國小比較明顯,後中的師資人數則可能還需要作規劃。
  • 大前提是這門課要先開設出來。這個課程開出來,自然就會有師資的需求。而這師資是不是以正式員額聘用,關係到當這個課程強大到某個程度的時候,自然就有師資的需求。
林茂松院長:
學習多國外語,事關國際人才培養,同時亦有益於腦力開發,因不同語種由腦中不同部位所掌管。身為英文教學者,長年參與課綱推動與教材編輯。今後第二外語的推動,靠在座各位。在社會變遷之中,願與各語言種類的教學者大家共同合作,打出一片天。

時間:10:10~10:50

主題:論壇 「各國駐台協會如何促進我國第二外語教育」

主持人:陳淑娟(東吳大學日本語文學系教授)

與談人:塩澤雅代(交流協會文化室主任)、柯麗芬(歌德學院語言部主任)、博洋(法國文化協會主任)
【記錄2內容】
塩澤雅代主任:參閱PPT
柯麗芬主任:參閱PPT
博洋主任:
很高興在風和日麗的日子跟大家分享。除了法國在台協會的事務之外,我曾經是一位法語老師,以實際上作為法語教師的經驗來說,台灣是非常大的淺力來發展第二外語教育,因為台灣是一個多語言的環境,很多同質性的語言同時在灣台被使用。強調一個重點,在認知學上,就我在印度的教學經驗,印度有很多語言被學習,那是一個多語環境,就像台灣一樣的環境;另外,在台灣有非常成熟的教育制度,所以學習語言不是一件困難的事。我們剛剛舉辦完法語週,沒學過法文、沒有意識學習法文的學生,都對法文非常有興趣。作為一個交流的機構,我們認為推廣法語的學習是能引起學生的學習興趣,是很重要的。跟台灣各個大學的合作是推廣法與教育非常重要的;而像今天一樣跟其他語言的老師們合作,一起建立一個多語的環境,跟教授一個外語是等同重要的。在台法國協會,對國高中開放的課程,我們注意到小孩7歲到12歲,有越來越多的家長願意讓孩子們 學習法語。在整個大的脈絡下,在台協會會推動高中的第二外語課程。時間的關係無法一一說明,歡迎大家有任何問題或其他需要法國在台協會協助的地方,歡迎跟我們聯絡。



台湾日本語教育學会 J-GAP TAIWAN第38回例会

主題:認識107第二外語(日德法西)新課綱─課程設計教學工作坊─
時間:2016年1月17日(日) 13:00~17:00 (12:30~報到)
場所:(公財)交流協会台北事務所 B1 文化教室 北市大安區慶城街28號
講員:羅曉勤老師 (銘傳大學應用日語學系 副教授)
陳姿菁老師 (開南大學應用日文系 副教授)
使用語言:中文
主辦:台灣日語教育學會J-GAP TAIWAN ‧教育部師資培育及藝術教育司
協辦:國際交流基金‧交流協會台北事務所
內容簡介:
在全球化趨勢下,107年實施的「12年國民基本教育選修課程綱要:第二外國語文」(簡稱107第二外語領域課綱)」包含日、德、法、西,是全新的課綱,重視語言學習的「銜接性」與「實用性」,分成4個Level(A-1,A1,A2-1,A2),每個level的學習時數為72小時,以能力指標確保學習效果,總計288小時可在國中小、高中共計4個學年實施,此課綱以未來上了大學能銜接下一個階段性學習為考量,達成縱向的學習目標而設計。
內容含「語言知識」與「16個溝通主題」,題材落實在學生的生活上;學習表現分成「聽、說、讀、寫、綜合應用能力、學習策略、文化與習俗、邏輯思考與創作力」。如何依據新課綱設計教室活動?竭誠歡迎高中、大學的第二外語教師踴躍報名參加,期待新課綱的實施,能帶動新的外語學習熱潮。
時間
内容
13:00-
発表者 紹介・挨拶
0.先生の紹介
一、107 課綱《十二年國民基本教育選修課程綱要草案:第二外國語文》是甚麼?
建立國家課程綱要研發週期
核心素養:以「核心素養」做為課程發展之主軸,支援各教育階段之間的連貫以及各領域/科目之間的統整。

二外課綱的架構
一、基本理念

二、課程目標

三、時間分配

四、核心素養

五、學習重點:1.學習表現 2.學習內容

六、實施要點:1. 課程發展 2. 教材編選 3. 教學實施 4. 教學資源 5. 學習評量

附錄:第二外國語文學習重點與核心素養呼應表參考示例一、基本理念

1、以第二外國語文作為跨國界、跨文化溝通之重要媒介。

2、透過行動學習第二外國語文,培養肯定接納語言文化的差異、

人我差異。

3、以學習者為中心,重視適性的原則與學習的情意因素。

4、發展學生自主學習與終身學習第二外國語文的能力與習慣。

5、透過語言學習探索異國文化、培養國際觀。

二、課程目標

1、培養學生學習第二外國語文的興趣與態度。

2、培養學生以第二外國語文進行日常生活溝通的基本能力。

3、增進學生對國際事務及第二外國語文國家民俗、文化,社會的瞭解,培養學生兼容並蓄的世界觀,進而反思本國文化。

4、協助學生建立日後國際行動力之基礎,提供多元交流機會善用國內的外國文化資源,提升理解異國文化素養。

三、時間分配()

高級中等學校/第五階段(10,11,12年級)

「英語文選修」與「第二外國語文選修」, 任選一科或合計至少6學分

三、時間分配(備註)

三、國民中學得視校內外資源,於彈性學習課程開設本土語文/新住民語文,或英語文以外之第二外國語文課程供學生選修

四、第一至第四學習階段,學校可依地區特性,在彈性學習課程中開設其他的新住民語文(含日、韓、歐語等外語)社團活動

五、第五學習階段選修課程,英語文、第二外國語文任選一科或合計至少6 學分,該學習階段必修加選修至少需達24 學分

六、第五學習階段,學校可依校本特色或時代需要,依照學生興趣、性向、能力與需求於「多元選修」課程開設第二外語

四、學習重點:學習表現Level -14

學習階段分4階段,理論參考歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構 (Common European Framework of Reference for Language, CEFR) 重要概念: Can-Do Statements

日常生活における現実の行動;~ができる

四、學習重點:學習表現Level -1

學習表現:Level -1,聽、說、讀、寫、綜合能力、學習策略、文化與習俗、邏輯思考與創造力

在日常生活中培養簡單的第二外國語文基本溝通能力,能理解並運用非常基礎的簡短語句,在有所準備下能回應關於自己身邊事務。

在自己準備的範圍內,若有對方的協助,能使用非常基礎的語句對應。(互動)

對自己身邊事務,可以用簡短的語句表達。(表達)

經常聽聞的語句中,能瞭解極基本的部分。(理解)

【註:外語表達能力相當於歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構 (Common European Framework of Reference for Language, CEFR)A1-1 等級之能力】

四、學習重點:學習表現Level -2

在生活環境中培養簡單的第二外國語文基本溝通能力,能理解並運用基礎的語句,具體表達並詢問與自己喜好相關的訊息。對於緩慢而清晰的詢問,能以簡單方式做出回應。

在自己準備的範圍內,若有對方的協助,能使用學過的語句對應。(互動)

對自己身邊事務,可以造簡短的語句並運用適切的表達技巧以達成溝通目的。(表達)

能瞭解經常聽聞的語句。(理解)

【註:外語表達能力相當於歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構(Common EuropeanFramework of Reference for Language, CEFR)A1-2 等級之能力;也等同於財團法人語言訓練測驗中心(The Language Training & Testing Center, LTTC) 第二外語能力測驗(基礎級)(簡稱二外測驗)(Second Foreign Language Proficiency Test-Basic, SFLPT-Basic)A1 等級之能力】

四、學習重點:學習表現Level -3

在生活環境中培養第二外國語文基本溝通能力,能理解經常使用的表達方式,並運用基礎的語句描述與自己最貼近的環境相關的訊息,或簡單回答他人相關的詢問。

在未事先準備下,若有對方的協助,能使用學過的語句或適切造句與對方對應。(互動)

對自己身邊事情,或有興趣的事務,能統整且主旨清晰的表達。(表達)

藉由查閱字典類工具書或事前取得相關訊息等,能瞭解某類資訊。(理解)

【註:外語表達能力相當於歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構(Common EuropeanFramework of Reference for Language, CEFR)A2-1 等級之能力】

四、學習重點:學習表現Level -4

在生活環境中培養第二外國語文基本溝通能力,能理解經常使用的表達方式,並運用簡單的語句,描述與生活環境相關的事務,或回答他人相關的詢問。對於緩慢而清晰的詢問,能以簡單方式產生回應。

在未事先準備下,能適切運用出語句與對方對應。(互動)

在一定範圍內的事務,能整理稍複雜且抽象的內容,以正確而適切的語句表達。(表達)

能瞭解具整體性內容的訊息。(理解)

【註:外語表達能力相當於歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構(Common European Framework of Reference for Language, CEFR)A2-2 等級之能力;也等同於財團法人語言訓練測驗中心(The Language Training & Testing Center, LTTC) 第二外語能力測驗(基礎級)(簡稱二外測驗)(Second Foreign Language Proficiency Test-Basic, SFLPT-Basic)A2 等級之能力】

五、實施要點
1. 課程發展 2. 教材編選

3. 教學實施 4. 教學資源

5. 學習評量怎麼設計課程?(學習目標、教室活動、步驟、語彙文法、評量一貫作業)

學習方案設計(バックワードデザイン)

「學習方案」的步驟分解

1.學習目標的設定( Can-Do Statements )

2.學習方案

學習活動設計

3.語彙文法

4.評量方法

學習目標的設定(1) 

Level是・・・

(請選擇4個Level 其中一個)

於P.11~13請選擇一個溝通主題・・・

設計該主題的學習目標三層次

Goals(ゴール) 大目標

Objective(オブジェティブ) 中目標

Outcomes(アウトカム) 小目標

學習目標的設定(2) 

學習方案

台灣女中1年級開日文課了,學期末的時候會有日本交流校學生來訪,進行文化交流。日文班的同學在交流當天需要用日文向日本交流校學生介紹台灣美食。日文班學生需事先分組,每組介紹3道以上美食.每道美食需搭配圖片並用片假名標註中文發音。介紹內容製作成PPT於交流會當天發表。

學習活動設計(1

透過怎麼樣的活動,可讓學生達成(can-do)目標?

該活動需要的語言成份是甚麼?

語言以外的學習要素是甚麼?

(文化、合作能力、行動能力)

學習活動設計(2)-語彙練習

前提:學生已熟悉平假,片假。設定班級的社群。

用假名寫出中文發音

1.請學生分組,每組選3個想要介紹給日本人的台灣美食,用片假名寫出中文發音。

2.用片假名寫完3個中文發音後,及時po上班級社群。

3.等全班都po上班級社群後,請學生選1組他人所寫的拼法,試著發音給全班聽。同學及教師給予回饋

評量

學習活動設計()-文法練習

導入 ~は(~で)~です。

借用媒介語說明

文法輸入/輸出練習/其他(分享)

評量方法提問 1 .

盧中和老師:為什麼只有四個語言?

羅曉勤老師:西文早期學習語言裡占第二名,跟日文一樣都是很多學

生會學習的第二外語,為什麼沒有韓文呢?因為師資不

足。

盧中和老師:實用性的問題,西文好像不太實用?

陳姿菁老師:學習西文的學生跟日文ㄧ樣也很多,有它的需求。

但我們沒有排斥韓語,是因為師資的問題,目前在韓

文這一塊,師資明顯不足。

提問 2.

盧中和老師:特色課程要開在哪裡?

陳姿菁老師:開在國中。

盧中和老師:那幼稚園呢?

陳姿菁老師:幼稚園我們不考慮,因為12年國教從國中開始。

6個學分選修,是由學校決定。怎麼設計課程?(學習目標、教室活動、步驟、語彙文法、 評量一貫作業)

羅曉勤老師:
A1 的重點是讓學生有事前準備,A2 是沒有事前準備。重點須放在,你的學生在台灣使用的日語情況,如何跟課程大綱作連結。

學習方案設計的步驟分解:

會話課有一個深刻的體驗,會話教育的重點要放在哪裡?有用到句型,但你怎麼分辯學生能不能達到你要的目標。

目標、活動、評量 三個都有就可以設定一個不錯的教學活動。

我們怎麼樣去評斷學生的會話能力呢?就是要評價溝通能力。

學習方案,就是幫學生寫一個故事,讓他們知道接下來要學的是什麼情況。陳姿菁老師:

學習目標的設定,大中小三個層級,越來越清楚。學習方案就是一個腳本,先幫學生想該語言可能會使用的情況是什麼?

一般的文法講解,再考試的方式,是考學生的知識,是脫離現實的語言學習方式,無法看出能力。那我們要做的,是希望能夠養成學生的溝通能力,跟現實生活作連結。

評量,老師們有沒有疑問,96分的學生跟97分的學生來問你:老師,為什麼他(她)比我多ㄧ分?如果有用ループリック來作評分的話,我們就可以很清楚告訴他(她),因為這邊他(她)的措詞優美架構又好,所以多給一點分。評分的基準很清楚,學生也可以知道自己哪邊有不夠的地方,需要改進等。

提問3.

金想容老師:評分之前會不會事先給他們看評分量尺?

陳姿菁老師:會,先直接給。

羅曉勤老師:

這個時候要看每個老師,是可以更彈性一點來看。可以老師評,也可以讓學生互評,但是同學們互評有一個問題,為了拿到好成績,大家都會評高分一點。但是如果先讓學生評了,老師再來作評價,會比較好打分。

陳姿菁老師:

另外就是老師也可以針對評分表作更詳細的配分標準,這樣的話,學生能夠更清楚的知道自己的程度在哪邊,哪邊不夠,需要再加強。
15:00-
設計「學習方案」看看
成果發表
總檢討
羅曉勤老師:
其實大家都還在學習的階段,就A1 A2 程度來說,用課本的文型來思考,在什麼情況可以用這個文法,導入實際會話的方式應該就可以了。在設計ループリック時可以反省自己作為一個教師時,想要把語言學習的重點放在哪裡?不能只是放在正確度及流暢度,說不定他的內容作的很好。其實學習語言應該有其她更多的層面可以去考慮。

今天少了一個活動設計所需要的時間,這樣一個大家設計的教學活動要用多少時間完成,是希望大家能夠再去思考的。大學是有一定的課程進度,那因為國中高中沒有進度的壓力依個活動可以玩很久,讓學生完成每個活動,就評價ㄧ次,製造學生完成的成就感。

很重要的的是,目標跟評量很重要。語言學習應該還有更多層面的方式,希望大家一起來努力。



台湾日本語教育學会 J-GAP TAIWAN第37回例會

題目:依據新課綱第二外語領域的中等教育教師培育研習:「我國第二外語師資培育政策座談會&主題式學習方案設計發表會」

時間:2015年12月26日(六) 8:30~17:00
場所:輔仁大學野聲樓一樓谷欣廳(進校門後右轉) (新北市新莊區中正路500號)
主辦:台灣日語教育學會J-GAP TAIWAN ‧台灣日本語文學會‧輔仁大學外國語文學院、跨文化研究所
協辦:國際交流基金‧教育部外語領域教學研究中心
內容簡介:
J-GAP TAIWAN 為台灣日語教育學會下的研究工作團隊,以「解決高中與大學的日語學習銜接問題」為目標,舉辦講習會、研究會等(請參照J-GAP 網站http://jgap.tw/),集聚關心此議題的大學、高中日語教師加入研習,延續過去的累積,持續推動建構優質的外語教學制度。
正值2018年實施12年國教第二外語新課綱,第二外國語文領域課綱的理念明示「CAN-DO」的達成項目,與CEFR級別對應,重視學習成效。源此,2015年12月26日將於輔仁大學舉辦「依據新課綱第二外語領域的中等教育教師培育研習會」,這次承蒙教育部師藝司張明文司長應允主持「我國第二外語師資培育政策座談會」,同時邀請了全球J-GAP總主持人,美國南加大聖地牙哥分校當作靖彥教授分享「十二年國民基本教育課程綱要:第二外国語教育のマスタープランからレッスンプランへ」專題演講(會場中文口譯)。
藉此機會廣邀日語以外,德語、法語、西班牙語的第二外國語文教師們參加,研習「J-GAP中等教育日語教師培育營」的成果發表,分享主題式學習方案成果,或在課堂上的實施心得,彼此切磋琢磨,依據12年國教新課綱確實培育21世紀國際行動力,發展我國外語教學新的里程碑。竭誠歡迎關心此議題的第二外國語教師先進們,踴躍報名,共襄盛舉。

2015/12/26日J-GAP TAIWAN 37例會 張明文司長發表「我國第二外語師資培育政策」演說後,與談人發言簡要記錄。

簡要記錄(PDF檔案、455KB)
當日投影片(PDF檔案、296KB)
陳淑娟整理
2016.01.03

日程表

時間
内容
9:00-
発表者 紹介・挨拶
0.先生の紹介
1.座談會 教育部師資培育藝術教育司 張明文司長「我國第二外語師資培育政策」
與談人:楊承淑(輔仁)、阮若缺(政大)、闕百華(淡江)、宋書瑀(稻江護家)、陳淑娟(東大學)、張明文司長
J-GAP Taiwan第37回月例會a第二言語関係は「国教署」の担当。

言語教育は如何にインターネットを活かして行うのか。

「師資」先生の採用について「ニーズ」によるもの。

授業があるか。

将来就職に役立つのか(如何に言語能力を身につけいるのか)。

時代の変遷に合わせて調整する。

先生に「資格を持たせること」。

資格に「英語」は必須で、他の言語(日本語など)は合わせて持ってから、高校に入ることができるようにする。
楊先生:
今台湾における第二言語教育は「実務的」にしすぎている。「どの言語を勉強すれば就職に役立つのか。」東南アジアの言語を勉強して何になるか。よくない方向に偏っている。それらの言語が教えられる先生が少なく、育てようとする姿勢が見当たらない。これは大変なことである。政策について検討の必要がある。
阮先生(フランス語の先生):
第二言語の推進についてその経費(予算)が増やしてくれたかどうか。

これから大学に進学するに当たってA1レベルが必要になる。

先生にとってダブル言語(日本語・英語)の資格が大事だか、ダブル専門も必要になる(言語と歴史)。

補助金の追加が必要だ。
闕先生:
高校における第二言語の単位が少なく、先生はほとんど非常勤で、その理由は「外国籍の先生は見栄えがよく、資格もいろいろあり使いやすい。」「台湾人の先生は言語が専門で、時間においても能力についても制限があるから」先生の在職勉強(進修)について、そのハードルが高いので(教師証がないといけない)、高校で教える資格が取れない。このことについて対策が必要となる。例えば、他の学校で研修し、その時間数は証明にならないか。
宋先生:
学校に人事のルールなどで、資格を持っている専門の先生が入れなくなっている。非常勤ばかりで、授業時間も重なり、まともな教育を行うことができない。学生を育てる継続性がなく(いろんな学校へ転々と行くから)、いかに対処するのか。

常勤教師が非常に少なく、全国167名だけでは全く足りない。常勤の教師は第二専門をとることに時間もない。人数も足りなくて、国からのシラバス(課綱)を見る余裕もない。

教師の雇用は学校側だけでなく、国から行う可能性はあるのか。
陳先生:
教師の研修が大事である。研修の時間数が多めに必要である。大学、高校の教師が力をあわせてこれから第二言語を如何に進めるのか考える必要がある。
張司長:
やはり「ニーズ」がないと教師を育てようにもできない。今日はいろいろと勉強になり、ご指摘された内容も参考にする。私立の教師は公立の教師より向上心がある。公立に入るとゆとりになってしまう。
10:00-
2.專題演講:當作靖教授 (美國南加大聖地牙哥分校)
「十年國民基本教育課程綱要:第二外国語教育のマスタープランからレッスンプランへ」(會場中文口譯)
當作先生:J-GAP Taiwan第37回月例會bグローバル化の進行につれて、21世紀に入って一人に当たり(アメリカ)10〜15の仕事に従事することになっている。

テクノロジーの進歩により人がする仕事は減っている。

2030年までには80%の仕事がロボットにさせることになる。

人間は新しい仕事を作り出し、新しい仕事に就くことに。

情報量が増えていくことはSNSがもたらしたものである。

21世紀のキーワードは「つながる」、SNSで。

ほとんどの情報が英語で記録されているが、増えるスピードはアラビア語の方が速い。

英語だけで対応できなくなり、英語以外の言語能力を身につけることも大事である。

また、得た知識をいかに使うのかが大事になってくる。

行動中心主義(スタンダーズ・ムーブメント)、目標を作って達成することが重要になる。

20世紀は努力すれば報われるが、21世紀はそういかない。

21世紀は人類の歴史からみて3番目大きいな変化が起こっている。

テクノロジー主導のネットワーク社会になっている。

日本は高齢少子化が進んで、中国は環境問題がある。

20世紀に想像もつかない問題が起きている。

ロボットの技術が更新されることで人間を支配することになる可能性がある。

アメリカはそうさせない法律も立てようとしている。

21世紀にこのような新しい問題が出てきた。

学生にはこれらを解決できるような能力を育てることを目標とする。

リテラシー、問題解決能力の養成、創造性、コミュニケーション能力、協働能力、好奇心、生涯学習能力、起業家精神、失敗することを耐える忍耐力、適応能力などが大切である。

教育は変化している。

メディア、言語を媒体にして生活していける能力を身につけること。台湾の12年国民基本教育課程綱要は21世紀の社会のニーズ反映している。

外国語教育者の役割、教師養成・研修の指針、外国語教育の今後のカリキュラムなどのガイドとなるもの。

今まで優れた点を取り入れたである。

その要綱を実際に使わないと無駄になる。教師にどのように実施するか示す必要がある。

実施を助ける外国語のリーダーを育てる必要がある。今年、日月潭で研修を行い、「学習シナリオ」「セマティック・ユニット」「カリキュラムのバックワード・デザイン」などのアプローチを研修した。

バックワードデザインで学習効果が上がったことがわかった。

レッスン・プランに言語システム、ストラテジー、思考スキル、テクノロジーを取り入れて作った。

研修で学んだことを実際に使うことが大事である。

研修の成果に中等レベルと高等レベルの教師が協働作業をしたことが一番大きな成果であると。

アメリカも台湾と同じ外国語教育に大きな問題がある。

21世紀を生きていくためにつながりが大切で、第二外国語教育を促進することが大切である。

今いかに次世代の人材を育てるのかをアピールすることは重要である。

中等レベルと高等レベルの教師の協働が大事である。
11;25-
3.專題演講:楊承淑教授 (輔仁大學跨文化研究所所長)
「107年第二外語新課綱的實施願景」
楊承淑先生:
第二外國語文的
Q1:「為什麼要選修第二外語?」

A1:與世界做朋友,培養全民的國際行動能力

① 國際觀

② 跨文化理解

③ 加乘的學習效果

④ 國際競爭能力

⑤ 一手資訊力

Q2:「如何輔導學生選擇第二外國語文課程?」

A2:各級學校輔導學生選擇適合自己的二外課程

①學校積極發展特色開設二外課程

②達適性揚才之教育理想

③透過影片介紹

④演講或座談會

⑤興趣分析等

Q3:「學習第二外國語文,應先學聽? 還是讀寫?」

A3:先聽說,再循序增加讀寫比重為原則

①入門期盡量以理解口語語意為主,教學時盡量以目標語言進行

②就實際生活題材,配合學生興趣,活潑表達帶動,營造出外語環境

③順應國際潮流,因應溝通教學法

Q4:「如何培養學習動機?」

A4:日常生活用語優先,配合圖像,加深印象,產生實用感;培養興趣。

①以法語為例,選擇台灣人熟悉法國麵包、美食、電影、名勝古績等為主題,設計文化課程,結合新舊知識,啟發更大的學習動機。

②以日語為例,除了文化主題課程的設計外,透過互訪交流的機會,比較校園生活、制服、社團等異同,增加跨文化交流樂趣。

Q5:「為什麼要選修特定第二外國語文 (德語?)」

A5:德語的特色

①德語是歐盟中學習人數最多的語言

②許多學術或技術資訊以德文撰寫

③德語系國家是台灣2013年進口國排名第九的國家,經貿往來頻繁

④至德國留學,可享免學費、高品質的教育

⑤德國的工業、設計、法學、醫藥學皆負盛名

Q5:「為什麼要選修特定第二外國語文 (法語?)」

A:法語的特色

①通行全球:全球有2億5千萬法語人口,68個法語系國家

③文化的語言:法文是廚藝、時尚、戲劇、視覺藝術、舞蹈、及建築等領域的國際語言

④高等教育:會法語的外國學生可申請法國政府的第三階段獎學金,攻讀國際認可的法國學位

⑤與世界連結的語言:法語是僅次於英語和德語的網路連結語言,除歐盟、聯合國科教文組織、北大西洋公約組織與多處國際法庭的官方用語外,懂法文可與遍佈五大洲的法語人口溝通

Q5:「為什麼要選修特定第二外國語文 (西班牙語?)」

A5:西班牙語的特色

①西班牙語為世界三大語言之ㄧ,有5億人口的母語是西語

②除了西班牙使用西語外,拉丁美洲20個國家、美國及眾多國際組織使用西班牙語

③西班牙語是我國邦交國中,多數國使用的官方語言

④西語世界擁有廣大商業市場,知名品牌多,台灣進口南美洲咖啡及農牧產品,拉丁美洲是台灣各產業積極爭取的市場

⑤音樂、繪畫、建築、文學等知名人士知名作品多

Q5:「為什麼要選修特定第二外國語文(日語?)」

A5:日語的特色

①文史淵源:歷史淵源深、地緣近,日語在日常生活中實際運用機會遠高於其他外語

②就業優勢:2014年台灣在日本的貿易輸出國名列第4名,日本在台灣的貿易輸出國名列第三,台日在經貿發展上互為夥伴,從小紮根增加將來就業優勢

③旅遊首選:2014年台灣訪日人口近290萬居冠;日本訪台人口達163萬,選修日文在觀光旅遊派上用場

④容易上手:透過漢字容易學習,與中文形音義相通者多

⑤領導流行:動漫、電玩、家電、遊戲等寓樂於教引領風潮

Q6:「選修二外對升學(個人甄試/繁星推薦)有幫助嗎?」

A6:絕對有幫助

①進大學的第二外語科系 以個人申請入學、推甄入學、繁星推薦入學各系皆酌量加分

②進入商學院或外交、政治系也有加分先例

③若有檢定及格證書,有外語科系可抵免學分

Q7:「選修第二外語之後,對就業有幫助嗎?」

A7:有幫助

①進入外商,英文是一定必要的條件

②若有第二外語的能力或證明,有加分效果

③比別人多一項不能取代的能力

Q8:「選修第二外語會不會增加課業負擔?」

A8:學習外語是培養內涵,修身養性的工具

①學校課程時間固定,肯定會擠壓其他科目時數

②升學固然重要身心平衡發展更重要

③不要死背文法或單字,利用音樂影片輔助,增加學習樂趣

④不應因升學壓力,剝奪學生認識世界的重要媒介

Q9:「第二外國語文6學分的上課時數是否太少?」

A9:高中階段選修課程可開6學分,2,2,2,一學期1學分,每週兩節課

①二外領綱主張銜接性學習,明定4個Level,以修習時數72小時完成一個Level,4個學年達到A2 水準

②各級學校依規畫進行,每週1小時,一學年可完成36小時

③國中2學年,高中2學年,循序漸進則可達成4個Level的學習

Q10:「高中選修6學分如何配置?」

A10:各高中可依「加深加廣選修課程」「多元選修課程」彈性發揮

①建議高一開設4學分,高二2學分,以免擠壓高三升學考科

②也可規劃高一3學分,高二2學分,高三下學期針對已取得上大學資格學生開設密集課程1學分

Q11:「第二外語是選修或是必修?」

A11:是選修課程,或「校訂必修」

①高中是選修

②國中小可開在彈性學習課程

③可評估各校資源,開設跨領域課程(例如科技+第二外語、或重大議題+第二外語等)

Q12:「國中小階段可開設第二外語課程嗎?」

A12:可以

①可開在彈性學習課程

②現階段已有部分學校於國小開設第二外語課程,卓然有成

③各級學校可視師資狀況或學校資源特色,自行規劃

4.發表(1)題目:「日常生活」
發表人:陳美玲(東大學)、詹信子(救國團)
以「日常生活」為主題的level2適用之教學方案設計
陳美玲(東吳大學日本語文學系)
内田陽子(日本交流協會台北事務所)

住田哲郎(東吳大學日本語文學系)

阿部公彦(明道中學)

詹信子(救國團)
1.前言

在跨文化溝通,以學習者為中心等的理念下,所制定的十二年國民基本教育語文領域課程綱要將於2018年開始實施

今年7月時J-GAP TWAIWAN舉辦為期3天的關於課綱運用的「新しい指導要領に基づく中等教育の日本語教師養成リーダー研修」工作坊

本組在此課綱的課程目標下,針對主題式教學方案進行研習,在當作教授帶領下,經過課程的訓練及組員互相討論後,設計了適用於level 2,並以「日常生活」為主題的教學方案。

以下簡介本組教學方案的內容。

2.主題: 高中二年級學生的日常生活

本組成員有大學及高中教師

符合課綱重視的語言學習的「銜接性」與「實用性」

選擇高中生可能會做的真實性題材與行動

3.Level別: 2

課綱在學習階段上分成4個等級

本組以Level 2 進行課程設計

4.目標設計

在目標設計上可分為大目標,中目標,小目標。

大目標(Goals) 是可以用簡單的語句描述自身周遭的人事物。

中目標(Objectives)又再細分為3項。

能用簡單的日文寫出近期自身的日常活動體驗。

能夠對他人在自己寫的內容上的留言,做適當的回應。

能理解別人寫的內容並簡單留言。

小目標(Outcomes) 具體實施的小目標是能夠利用臉書等社群媒體,投稿,最近去過的地點,吃過的美食,或遇見了什麼人等。

5.評量項目與方法

為了解學生是否達到學習成效,採形成性評量評方式。

事前明訂評量指標(Rubric)及問卷,整體評量學生的學習成果。

評量的設計除了教師的評分外,再加上學生自評。

活動結束後,對學生施作問卷調查,調查對本教學方案活動的感想及滿意度。

具體的評量方式是教師利用評量指標(Rubric)針對學生在SNS上的投稿或照片給與評量,

讓學生針對自己的投稿及對別人的投稿的回應部分進行自評。

6.學習方案()

設計為日月潭高中某二年級班學生要和日本姊妹校進行交流,能用簡單的日語在SNS上發布消息或留言回應。

7.學習活動步驟

請學生用照片或短文等,在SNS(FB)發布自己或其他人感興趣的話題(如最近去過的地方,吃了甚麼東西,遇到甚麼人等)

同時對其他人的投稿或留言要去回應。交代學生要在課堂結束後三天內投稿,然後在下週上課前要去留言及回應留言。

在下次的課堂中,讓學生票選出最受歡迎的投稿。

之後讓同學自評及用中文寫出活動感想

並找幾位學生出來發表感想,最後教師再做總評及回饋。

8.本活動可訓練學生達成的能力

語言學習部分:課題完成、文法、語彙、 投稿内容能否清楚易懂、正確

非語言學習部分: 時間管理、創造性、多媒體的運用、表達能力、観察力、好奇心

9.課堂需教授

需複習的句型

い形容詞・な形容詞の過去形、[場所]にいます、[〜たいです、ほしい] 需要加以解說的概念

日本高中生會感興趣的話題

需導入的學習項目

形容詞+そうです、[名詞]という〜です

10.以「5+5」導入句型的步驟

將8所提到的需導入的句型,

以「5+5」的步驟導入。

以「〜そうです」句型為例說明。

10.1利用演出的方式導入新的生詞或句型

(儘可能在接近真實的情境下做導入)

(学生一人に教室の隅にある大きな鞄を取ってもらう。)

先生「重そうですね。大丈夫ですか?」

学生「大丈夫です。」

10.2 吸收階段

(教師提供學習句型例句,讓學生藉由聽或看大量吸收)

活動①

写真A(寒そう)、B(暑そう)、C(おいしそう)、D(悲しそう)を黒板に張る。

先生「〜そうですね。誰にいいましたか?」

学生「Aさん」

活動②

先生が「〜そうですね」と言って、学生全員、または一人の学生にジェスチャーをさせる。

10.3

活動①

ジェスチャーゲーム

学生一人に指示を出してジェスチャーをさせる。他の学生にコメントさせる。

活動②

先生が写真を見せる。

学生「おいしそうですね」

※文脈が限定される(メカニカルな)写真から複数の解釈が可能な(ミーニングフルな)写真へ変えていく。

5.發表者(5)題目(日語):日語會話課的課程設計
-以文藻外語大學日本語文系的會話課為例-發表人:張汝秀文藻外語大學日本語文系研究課題
社會 :急需具有日語溝通能力的人才


學校 :1.改善日語會話機會不足的問題→營造日語環境的問題點

2.提升學習意願與專注力的問題→充實日語會話教學模式

現況 :學習者日語程度不一的因應問題

研究目的

提升日語會話的學習效果

日語會話教學課程之開發

課程內容概要

每週2節50分鐘的課及1節50分鐘的加強課程,共3堂課

期中・期末考 : 口試

平時小考 : 角色扮演、跟讀

作業 : 影片配音

班 級 對 象

班級對象 :四技2年級A班

日語學習年數:約3年~4年

日語程度 :日語能力檢定3級~1級

課程目標

增進學生自然順暢地運用日語對日常生活做說明並敘述之能力。

增進學生針對不同主題能完整表達自己意見及想法。

增進學生對日本人的思考模式及日本文化之體認。

使用教材

角色扮演:大新書局出版之『会話に挑戦』

跟讀:日語能力檢定2級之1分鐘左右的聽解對話內容

影片配音:10分鐘左右的動畫內容

跟讀教材選定基準

母語者所錄製之音聲內容

音聲內容需多元化

2級日語程度內容

排序應是由簡入深之階段性

配音教材選定

2部10分鐘左右的片長

無字幕

學生亦可挑選自己喜歡之作品

評分標準

角色扮演:聲音大小、發音正確度、演技內容

跟讀:發音正確度、流暢度、完整度

影片配音:發音正確度、演技、影片對嘴

課程內容的進行

角色扮演:

1.全日文課程進行

2.以學生為主,隔週交換進行對話授課與角色扮演,角色扮演由師生一起進行評分

3.期中・期末考進行主題式的5分鐘一對一對話方式,評分及條件設定依主題不同,其比率亦不同

跟讀:

1.於加強課程中進行

2.學生於每週至e-learning下載聲音檔進行跟讀,並將其內容文字化。之後學生將自己的跟讀聲音檔錄製好,上傳至e-learning即繳交作業完畢。

3.進行對一之跟讀測驗。

影片配音作業:

1.學生自行分組進行

2.可模仿影片內容配音,亦可依據動畫自行改編劇情。

3.於期末提交,共同觀賞。

總結與今後課題

增進會話機會、專注力,培養創造力。

進行跟讀,師生都需耗費相當多的體力與時間,如何持之以恆及保持熱忱是個課題,而其測驗時間的確保也是另一個課題。

課程上對會話課的重視,尚有待加強。

援用理論 : OPI的測驗法

原則上是以一對一,最長不超過30分鐘的對話方式進行

本研究則以媒體錄音方式,進行多數人同時對話錄音的口語能力測驗



證實:庄司惠雄『大規模口頭能力試験における分析的評価の試み』

調查方法

問卷及口頭測驗之情況‧結果

1.對跟述訓練的意願、興趣、學習效果抱持相當高的肯定態度

3.跟述的困難點:

①跟不上聲音檔速度者佔最多數(43%)邊聽邊跟著唸(13%)



顯示開口說日語的情形相當不足

②無法正確念出來者佔次多數(33%) 要聽得懂日語(9%)



顯示聽力問題上有待加強

4.跟述的有效性

①跟得上聲音檔速度者佔最多數(38%)

較不排斥開口說日語(7%)



增進日語的流暢度+說日語的自信

②日語聽力變得較好佔次多(23%)覺得發音變好(5%)



日語聽力的增進

③會留意自己的日語發音和重音(18%)



喚起對日語發音的問題意識

跟述訓練可促進

1.會話自信、能力

2.聽解能力

3.體認發音的重要性

4.口頭測驗結果

第一次上課前的第一次口頭測驗

顯示會話能力: B群高於A群

下學期課程結束前的第二次口頭測驗

顯示會話能力: A群高於B 群

證實跟述訓練有助於會話能力的提升

跟述訓練學習效果的極限

長期性顯著學習效果的呈現

學習意願、興趣的降低(第二次問卷)

內容理解度的提升

正確的原音重現

大量語彙、知識的增加

會話的即時性、應對性

結論

跟述訓練可增進學習興趣、提升會話能力

⇒挑戰性(刺激)、成就感

跟述的困難點:跟不上、無法正確念出

⇒突顯開口說日語的情形相當不足

跟述的有效性:會話的流暢度、發音的準確度、

及聽力的增進等方面

⇒顯示跟述訓練有助於改善開口說日語的情況

跟述訓練效果的有限性

1.顯著的學習效果無法長期持續呈現

2.學習內容理解度的提升

3.大量語彙、知識的增加

4.會話的即時性、應對性

跟述訓練的導入是一種「直接口說形式」的學習模式

現行日語會話課程的教授內容有其檢討的必要性

⇒重視筆試(筆試)

5.發表者(5)題目(日語):「Level-2 學校生活」
發表人:周若珍(百齡高中)
一、前言
各縣市政府積極推動國際交流
臺北市政府
《2011-2016臺北市全球教育白皮書》
高雄市政府「高雄市高級中等以下學校推動海外姊妹校 交流活動參考須知」

全國高中締結國際姊妹校狀況

一、前言

十二年國民教育之第二外語課程目標

一培養學生學習第二外國語文的興趣與態度。

二培養學生以第二外國語文進行日常生活溝通的基本能力。

三增進學生對國際事務及第二外國語文國家民俗、文化、社會的瞭解,培養學生兼容並蓄的世界觀,進而反思本國文化。

四協助學生建立日後國際行動力之基礎,提供多元交流機會,善用國內的外國文化資源,提升理解異國文化素養。

一、前言

「依據新指導要領的中等教育日語教師領導者培育研習」(新しい指導要領に基づく中等教育の日本語教師養成リーダー研)

二、教案主題與學生背景設定

「B溝通主題─Bc學校生活」之具體學習內容

二、教案主題與學生背景設定

本教案適合已學習144個小時(相當於每週2節課*18週*2學期)亦即Level-2之高中學生。

三、教學活動目標

主要目標(goal)

a.能利用已習得的知識介紹與自己相關的事物。

b.能理解並思考他人給予的評論或他人提出的問題,加以彙整並進行口頭報告(原則上以中文進行,但可適度加入已習得的日)。

三、教學活動目標

具體目標(objective)

a-1.能使用簡單的用語介紹從上學到放學的學校生活。

a-2.能使用攝影器材與影像編輯軟體,製作向日本姊妹校學生介紹學校生活的短片。

三、教學活動目標

具體目標(objective)

b-1.能將影片上傳至社群網站(如Facebook),撰寫短文介紹自己的組員以及自己製作的影片。

b-2.當無法理解日本姊妹校學生留言的意思時,能利用字典等資源或借助朋友、老師的力量幫助理解。

b-3.能理解留言或問題的內容,並與同組的同學討論,以整理自己的感受和想法(使用中文)。

b-4.能準備有助於聽眾理解的內容(影像、PPT、引述留言等),將自己的想法加以整理並進行口頭報告(使用中文+日文)。

四、教學活動概要

情境設定:

本校學生即將與日本姊妹校進行國際交流活動。在進行交流之前,學生必須製作一支3~5分鐘的影片,向日本姊妹校學生介紹台灣高中生一天的生活。

四、教學活動概要

1.分組,請各組學生自行討論場景與內容。

2.在Facebook建立社團,請全班同學及日本姊妹校的學生加入。

3.各組製作完成後,各自將影片上傳至社團。

4.期末:以中文進行5~7分鐘的口頭報告。

5.報告結束後,請學生撰寫感想。

五、教學活動實施方式

授課時間:50分鐘*2節*5次

課前準備:複習已學習過的內容、

教授進行本課程之前必須學習的

概念、詞彙、文法、慣用句等

六、教學活動實施步驟

第一次上課:各組決定主題

第二次上課:各組練習台詞、製作評分量表

第三次上課:觀賞各組影片,進行評量

第四次上課:討論日本與台灣高中生活的異同

第五次上課:各組進行5~7分鐘的口頭報告

七、評量設計

期中評量:影片製作

製作一段約3~5分鐘的影片,內容為介紹自己的學校生活,並將影片上傳至班級的Facebook社團。

期末評量:口頭報告

參考日本姊妹校學生的留言或問題,將全組同學的想法加以彙整,進行5~7分鐘的口頭報告。

八、結語

21世紀人才所必須具備的關鍵能力

高中第二外語的意義

實施上的困難

未來目標

6.發表者(6)題目(日語):「交通‧旅行」
發表者:廖育卿(東研究生)、黃聖文(銘傳研究生)
授業実践例
1. 本實踐的背景
本報告係參加由台灣日語教育學會J-GAP TAIWAN所舉辦的「依據新課綱第二外語領域中的中等教育日語教師培育研習營」之際,依照12年國教第二外國語文領域的基本理念及『外国語学習のめやす』的「3領域×3能力×3連結」理論為基礎,本組嘗試設計符合12年國教第二外國語文領域課程之日語課程。

表1 基本理念

12年國教第二外語文領域

以第二外國語文作為跨國界、跨文化溝通之重要媒介

透過行動學習第二外國語文,培養肯定接納語言文化的差異、人我差異

以學習者為中心,重視適性的原則與學習的情意因素

發展學生自主學習與終身學習第二外國語文的能力與習慣

透過語言學習探索異國文化、培養國際觀

「3領域×3能力×3連結」

理解 自他語言(語言)

自他文化(文化)

全球化社會特徵及課題(全球化社會)

運用 學習目的語

多樣的文化

21世紀技能

連結 利用學習對象語言與他人連結

與擁有不同文化背景的人連結

與全球化社會連結

1. 本實踐的背景

此課程主要係以交通與旅遊(Level-4)為主題,針對日語能力CEFR

A2-2程度的學習者所設計之課程。

最終學習目標為,透過課程理解自他文化差異、能夠理解並運用課堂所學的日文,而在沒有準備的情形下為他人做說明。

(學習者能夠理解台日搭乘地鐵時購票方式的差異,並以日文對日本姊

妹校的交流生做具體說明。)

此課程還未實際課堂中實踐過,是否具有其學習成效有待實際實踐過才能得知。

2. 課程設計

我們設計的課堂活動是依照「依據新課綱第二外語領域的中等教育教師培育研習營」中,所介紹的步驟製作而成的。

首先,將目標設定為大、中、小3個層級。

大目標

參照『外国語学習のめやす』提及人的生活可分為15大主題

(新課綱分成16大主題)

中目標

利用新課綱中的主題做設計,我們選擇的是交通與旅遊(Level-4)

小目標

在主題中,實際會發生在日常生活中的語言活動

2. 1 目標設定

表2 目標設定

大目標

(Goals)

能夠描述與生活環境相關的事務,或表達他人相關的詢問。對於緩慢而清晰的詢問,能以簡單方式回應。

互動:在未事先準備下,能夠適切運用出語句與對方對應。

表達:在定範圍內的事物,能整理稍複雜且抽象的內容,

以正確而適切的語句表達。

理解:能瞭解某具整體性內容的訊息。

中目標(Objectives)

理解關於交通的資訊,用自己的話跟他人說明。

小目標(Outcomes)

能夠對日本人說明, 在搭乘捷運、台鐵時,以購票機買票的方式,與日本的情形比較後,所發現到的不同處。

2.1 目標設定

目標設定的難易度 :

此外,我們在目標設定的難易度上,依照Krashen所構思的「i+1理論」,訂為有可能達成卻不至於太容易的教學目標。

這是因為我們認為太過容易達成的話,學習者會覺得乏味,導致無法提起學習者的興趣;太過難的話,容易導致學習充滿挫折而放棄。

2.2 學習腳本概念

2.2 學習腳本

表3 學習腳本

讓從日本姊妹校來到台灣研習的高中生,可以在搭乘台灣的電車、捷運等交通工具時,能夠不感到困惑。

學習者們收集台灣及日本的電車、地下鐵等購票方式相關情報。(將發現到的事情紀錄至學習單上)。各自將收集到的情報在小組中分享,利用影片說明(5分鐘)。接著製作海報,將海報及影片放到FB,從同學、日本人那得到意見。看了得到的意見後,修正海報及影片後再次放到FB。

最後,回顧整個活動。(車票的購買方式之說明、自己發現的事情、小組討論所得到的、作品製作的過程、SNS得到的意見等)

2.2 學習腳本

表4 課堂活動及理論對照

新課綱
3領域×3能力×3連結」
課堂活動、課題
情報活用
第二外國語文教師宜善用網路或學生的個人與課外經驗,強化其第二外國語文運用能力。
收集、編輯、發送情報時,有效利用情報、媒體科技的特性,進而活用。
學習者們收集台灣及日本的電車、地下鐵的購票方式相關情報。
文化運用
具備國際視野及地球村觀念,能從多元文化觀點瞭解欣賞不同的文化習俗,尊重生命與全球化永續發展。
學習目標文化和自己文化外,比較各種文化,活用知識、情報,並能分析其共通及差異。(文化運用)
將收集到的情報互相比較後,把發現到的事情記錄至學習單上。
高度思考
具備系統性理解與推演的能力,能釐清本文訊息間的關係進行推論,並能經由訊息的比較對國內外文化的異同有初步的瞭解。
為了解決問題,將資料、狀況客觀地解釋、分析、審視、判斷後,以自己的想法為根據,表述自己想法。(高度思考)。
合作
積極參與課內及課外第二外國語文團體學習活動,發展個人溝通協調能力及團隊合作精神。
作為擁有各種不同文化背景之組織的一員,能夠與成員交換意見、為了達成組織目標,負起責任完成自己份內工作。
各自將收集到的情報在小組中分享,利用影片說明(5分鐘)。
製作海報
連結
收尋人、物、情報,參與與自己有關聯的全球化社會網絡,為了網絡整體的目標達成、全球化社會的創造,提供自己的能力、知識、時間等、與網路中的成員互助、行動。
將海報及影片放到FB,從同學、日本人那得到意見。看了得到的意見後,修正海報及影片後再次放到FB。
2.3 學習步驟及學習單

達成學習腳本所需的學習單及教學步驟(1)~(6)

(1) 導入:

老師將以下學習單分給同學,讓大家各自填入之後,互相分享彼此的意見。

タスクシート[1] 日常生活で、どんな交通手段を使っていますか。

その交通手段を使うとき、どのような切符を使いますか。

MRTには、イージーカードの他に、どんなものがありますか。

MRTの切符の買い方を知っていますか。どこで、どうやって買うか教えてください。

日本には、どのような切符がありますか。

(2) 練習1 :

老師口頭詢問,讓各組分別舉手回答。

2.3 學習步驟及學習單

(3) 回家作業:

回家完成以下三件事項。

2.3 學習步驟及學習單

從上述的網站中,思考如何使用學到的日文表現,並對自己做評量,評量的方式如下。

よくできた 非常好

まあまあできた 還算不錯

どちらかというとできた 總之完成了

まだできていない 還不太行

全然できない 完全不行

2.3 學習步驟及學習單

2.3 學習步驟及學習單

(4) 練習2 :分組活動進行。

分組討論,並統整出日本跟台灣的買票方式的相似與不同的地方。

製作一個大約5分鐘的影片,影片內容必須有關捷運票的購買方式,並包含比較跟日本相似與不同的地方。

將影片放在FB之類的社群網站,請同班同學或日本人給意見。

(5) 角色扮演:

老師扮演日本高中生,跟學生一對一對話。學生用簡單的日文說明台灣的電車跟捷運買票的方式。

(6) 活動結束之後,反思以下幾點:

1. 會不會用日文說明買車票的方法?

2. 跟同組討論,時得到的什麼意見?

3. 在社群網站上得到的意見,自己有什麼想法?

2.4 文法‧語彙之教學

傳統教授方式:(導入(輸入)→背誦→練習→輸出)

當作靖彥老師提出的教授方式:「5+5方法」

語彙導入→輸入活動→用單字遊戲→輸出活動→擴大練習→文法導入→輸入活動→文脈中的替換活動→文脈練習→溝通活動→情境活動等一連串文法及語彙的教授方式。

採用「5+5方法」試著設計有關於這次教室活動的文法‧語彙的教授方式。

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.1 單字導入

老師在單字導入階段,使用圖或者實物導入。

表6 單字導入

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.2 輸入活動

在輸入活動過程以學習者有學習過的文法‧單字做提問,讓學習者使用剛學習過的單字回答,此階段依然是使用代號回答。

表7 輸入活動

輸入活動(1)輸入

以下の質問に、語彙リストを見ながら、「ABCDE」で答えてください。

MRTに載るときに使うカード式の切符はどれですか。

コイン式の切符はどれですか。

切符を買う時に、操作をする画面はどれですか。

物を買うときにお金の代わりに使えるカードはどれですか。

お金をカードに入れておくことはどれですか。

買ったものを店に返してお金に戻すことはどれですか。

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.3 用單字遊戲

輸入活動(2)是利用學習過的文法及單字描述提問,內容是讓學習者將新語彙分類。輸入活動(3)也是利用學習過的文法及單字描述提問,讓學習者將新出語彙跟現實生活(購票方式)做連結。

表8 用單字遊戲

輸入活動(2)用單字遊戲

お金の代わりになるものとならないものを分けてください。

お金がなくても買物がいろいろとできることと、できないことを分けてください。

改札を通るために使えるものと使えないものを分けてください。

お金を入れておくことができるものとできないものを分けてください。

輸入活動(3)用單字遊戲

切符を買うときの順番を 並べ替えてください。また、自分で一つ必要なものを入れてください。

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.4 輸出活動

在輸入活動過後,接著就是讓學習者嘗試著輸出新語彙,以文字回答。

表9 輸出活動

輸出活動

MRTでどんな切符が使えますか。

買った切符が要らなくなったとき、お金に戻す行為を何と言いますか。

コンビニで買物をするとき、どれを使いますか。

お金をカードに入れる行為をなんと言いますか。

切符を買うときに値段や行き先が書いてあるものを何と言いますか。

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.5 文法導入

教授語彙後,再利用導入文法時,將新語彙放到文脈中運用。

這階段除了新導入的文法外,其餘的文法及語彙只使用學習者已習得過的。

表10 文法導入

文法導入

A:あのう、すみません。このイージーカードをチャージしたいんですが。

B:ここにお金を入れると チャージできますよ。

A:わかりました。ありがとうございます。

下線部を変えて、練習しなさい。

(a.このボタンを押します、b.タッチパネルをタッチします)

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.6 輸入活動

為了確認及強化剛導入的文法的型義關係之活動,不需要強求學習者輸出新文法。

表11 輸入活動

輸入活動

エアコンをつけると涼しくなります。    a. 暑いとき

カーテンを開けると明るくなります。    b. うるさいとき

窓を閉めると静かになります。       c. 暗いとき

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.7 輸出活動:替換

這是讓學習者將新文法產出的第一階段,藉由限制新文法使用時機、提示簡單能夠預測的文脈等,讓學習者練習產出。

表12 輸入活動

輸出活動:帶入

(自動販売機で)         と         。

(トイレで)           と         。

(レストランで)         と         。

A. ボタンを押します    水が出ます

B. お金を入れます     食券が出ます

C. つまみを回します    おつりが出ます

2.4 文法‧語彙之教學

表5 「5+5方法」的步驟及其目的

2.4.8 輸出活動:文脈練習

這活動是讓學習者使用新文法針對事物,用自己的話來表達的活動。

表13 產出活動

輸出活動:ミーニングフル

以下のようなものはどのように使いますか。この課で新出の文型(~と 自動詞)を使って文を作ってください。

テレビ

ガスコンロ

エアコン

自動ドア

電気ポット

3. 評價

評價方式是使用評分表作評分。

表14 【評分(學習單[1]的評分表)】
項目
很好

加油
正確性
有錯誤,但不會造成誤解。
有錯誤,但稍微思考一下就能理解所想表達的話。
錯誤明顯。有令人無法理解之處。
構造
用完整的句子回答。
用簡單的單字及句子回答。
只用單字回答。
新學單字文法的使用
使用新學習到的單字、文法,正確的說明。
稍微有錯,但是有部分使用到新學單字、文法。
只使用過去所所學的單字、文型。且可以發現到錯誤。
3. 評價

評價方式是使用評分表作評分。

表15 【評分(角色扮演的評分表)】
項目
很好

加油
任務的目的
能夠在理解台日購票方式的不同之下,清楚地針對購票方式做說明。
(能配合日本人的反應做說明)
能夠清楚的說明購票步驟。
購票方式都無法明確說明。
聽力
能夠完全理解日本人所說的話。
部分有錯誤。
無法理解。
肢體語言
(非言語行為)
配合對方的理解,自然且不誇張地使用肢體語言做說明。
有些不自然,但在說明時能夠使用肢體語言。
像在背書/所使用的肢體語言易令人誤會。
日語的正確性
適當地使用語言,程度接近母語話者。
多少有錯誤。
意思令人難以理解。並沒有理解語言功能。
新學單字文法的使用
使用新學習到的單字、文法,正確的說明。
稍微有錯,但是有部分使用到新學單字、文法。
只使用過去所所學的單字、文型。且可以發現到錯誤。
4. 結論及今後課題

第二外語教學的共識:

以學習者為中心,培養學生能夠探索及接納多種文化、反思自我文化、終身學習。

本教學活動的期許:

培養學習者「3領域×3能力×3連結」之能力

透過評價表的自評與互評方式,提供反思學習狀況的機會
||

7.發表者(7)題目(日語):「風和日麗飯糰日」
發表者:周欣佳(嘉義家職)
授業実践例
世界趨勢

• 社会與世界間的連結急速而緊密

• 全球在地化(glocalization)

• 讓教育現場產生多元聯結並促進優質的教育

日語學習人數呈增加傾向

• 持續積極推動各項第二外國語文教育計畫、與國際海外教育旅行等相關政策

• 建構中小學階段教育之日語教育

• 培養國際化人材

台灣中等教育日語學習人數:

技術型高中日語學習人數:

前一回2009年度調査已達25,723人,佔33%

中小學國際教育白皮書

2011年公佈。

提出國際教育推動計畫。

第二外國語文領域課程綱要

(新第二外語課綱)

十二年國民基本教育(十二年國教)課程綱要。

2018年起正式實施。

主要理念與目標:

• 透過行動學習,開拓視野及培養國際觀與跨文化能力

• 讓學生具備在未來社會不可或缺的國際行動力

• 提升國際移動的競爭優勢能力

台灣國民基本教育階段日語教育現況

以施行通過日語能力相關測驗為導向的教學方式者多。

學生的日語會話能力一向受大專院校教師詬病,學生檢定成績雖然能通過日本語能力試驗,但需用日文表達自己想法時卻總是無法順利表達(宋 2014)。

研究主旨

重要教育議題

如何依據實用原則擬訂教學目標與發展教學課程,以培養學習者的語文溝通能力。

探討教學設計與實踐

中等教育階段

新第二外語課綱之架構

Level-2

主題式學習方案

提出改進建議,希冀為今後提高教學品質提供實踐依據和發展方向。

歐洲語言共同參考架構(CEFR)

• 2001年問世。

• 用以描述語言能力的國際標準。

• 對美國、加拿大及日本等各國語言教學影響甚鉅,相繼發展該國的語言基準。

• 其情形也可見於中外相關教學實踐與研究文獻豐富的積累。

• Common European Framework of Reference for Languages:Learning, Teaching, Assessment

台灣新第二外語課綱

• 著重於實務語言溝通能力的培養

• 採用CEFR的Can-do能力論述作為語言級別的指標

• 實施語言能力分級架構

• 重視循序性與連貫性

• 採循序漸進的學習方式

• 並且將日語學習成效與精熟度的呈現具體化

教學「學習方案」之課程發展

運用逆向式教學設計的原理和步驟進行日語主題教學設計,以強化課程的連貫。 (陳2015)

• ①依據Level與溝通主題進行三層次的學習目標設定

• Goals Objectives Outcomes

• ②學習活動設計

• ③語彙文法

• ④評量方法等程序

本主題式學習方案設計與教學實踐

以新第二外語課綱的Can-do概念為主軸

以培養台灣中等教育階段學習者之溝通能力為目的

從促進縱橫連貫與透過語言達成有意義之任務的能力的觀點

擬訂學習者的具體Can-do項目

進行Level-2的主題式學習方案設計與教學實踐。

交叉分析

對於發展以新第二外語課綱架構為主軸之中等教育階段日語教學,提出可行之具體方案與課題探討,使我國十二年國教之日語教育更臻良善。

學校性質

C校

技術型高中

台灣南部

學生代表學校參與國內和國際技能競賽各職類履次榮獲優異名次。

學校推動國際教育與學生國際學習。

日語社團活動已行之有年。

定期辦理赴日國際教育交流訪問。

班級與課程性質

• 課程 日語社團活動。

• 對象 1~3年級學生,合計34名。

• 學習經歴 曾於日語社團或校外日語教育機構學習的日語初學者將近兩成,全班之平均日語學習經歴浅。

• 實施期間 2015學年度上學期,2015年10月起至11月為止的1學期間,每週1次,毎次50分共兩節,總共12節次。

期初調査分析結果

具有赴日或是曾與日本人接觸等屬於直接接觸之經驗者極少。

日語學習經歷淺。

高度學習動機。

學習實用內容為目的。

課程級別、學習目標

• 主    題 「風和日麗飯糰日」,整學期為1單元。

• 語言運用級別 Level-2,相當於基礎階段的A1級。

• 話 題 領 域 日常生活、飲食生活、文化。

• 整 體 目 標  能進行簡單的打招呼,

•        並透過學習製作飯糰,覺察我國與日本飲食生活與文化的異

•        同,加深對彼此文化的理解,

•        學會就相關話題與他人進行簡單的對話。

• 類    別 B溝通主題-Bf食物• 等 級 類 別 Bf-V-3飲食喜好

目標設定

Goals

(大目標)  學會製作飯糰,並能與他人就相關話題進行簡單的 對話。

Objectives

• (中目標)  能依照動作指示,操作飯糰製作的步驟。

• 學會製作傳統飯糰,進而發揮巧思製作創意飯糰。

• 能學習用餐時的簡單對話。

Outcomes

(小目標) 1-1.能分辨他人所說的材料名稱。

1-2.能理解他人所說的製作步驟。

2-1.能依指定的餡料或形狀等做出飯糰。

2-2.能自由創作飯糰。

2-3.能製作飯糰予家人或他人品嚐。

3-1.能說出用餐時的話語。

3-2.能表達品嚐食物時簡單的感想。

3-3.能表達對飯糰餡料的喜好。

3-4.能表達喜歡的食物或口味。

學習方案

• 姐妹校的日本同學們將來訪,並進行交流。

依人數進行分組後,各組中我方與日方同學共同製作飯糰,然後各組再帶著完成的飯糰到森林之歌、檜意森活村等野餐場地,並分別進行成品品嚐和日語交流,分享對於飯糰或食物的喜好和品嚐的感想等。

教學大綱

第一回

• 問卷調査。

• 對於日本的語言、人文等的接觸經驗與印象等。

• 簡單的教室用語與打招呼用語。

• 日語文字與發音。

• 平假名①。

第二回

• 打招呼用語。

• 日常語句,如請、謝謝、對不起。

• 簡單的自我介紹。

• 日本的食物與飲食習慣。

• 平假名②。

第三回

• 用餐時的簡單會話。

• 簡單說明用餐感想的表達用句。

• 片假名及常見使用平假名和片假名的單字。

教學大綱(續)3

第四回

• 形狀。

• 飯糰材料名稱。

• 常見飯糰餡料名稱。

• 製作料理時的動作用語。

• 製作料理時各步驟的表達語句。

第五回

• 食物口味。

• 對於食物等喜好的表達語句。

• 飯糰製作過程中的表達語句。

第六回

• 飯糰的材料名稱與做法復習。 (4)學習評量。

• 飯糰製作實習。       (5)學習紀錄。

• 感想發表與回饋。      (6)問卷調査。

教材教具Can-do的評量

5
非常優秀
4
優良
3
大致不錯
2
再努力
1
有待加強
外型
結構扎實且形狀均符合傳統飯糰造型。
能符合教導的三種傳統飯糰造型。
能大致成型,二個以上符合傳統飯糰造型。
稍成型但形狀不是很明顯。
米飯未捏成糰而鬆散,或外觀有破損或裂痕。
餡料、口味
餡料種類豐富,有三種以上且口味多樣。
有三種以上不同口味的餡料且具特色。
有二種的餡料口味且有特色。
不同餡料有一至二種。
餡料有一種以下或無餡料。
特色(如造型、美感等)
有多種獨創造型,作品符合小組訂定的主題,且造型精緻。
有二種以上的獨創造型,且作品符合小組訂定的主題。
有二種以上的獨創造型,且作品符合小組訂定的主題。
形狀雖不明顯但有一種以上的獨創造型,作品尚符合小組訂定的主題。
無獨創造型的成品,且作品未符合小組訂定的主題。
速度(製作數量等)
製作速度快速,每人平均能做出傳統造型和獨創造型共五個以上。
每人平均能做出包含傳統造型和獨創造型共四個以上。
每人平均能做出包含傳統和獨創造型共三個以上。
每人平均能做出包含傳統和獨創造型共二個以上。
時常需調整動作,平均每人完成一個以下。
綜合(團隊精神、日語使用)
與小組成員之間互動熱絡、默契良好,或主動練習使用日文對話。
與小組成員之間互動多,有時使用日文。
小組成員共同討論並進行操作練習,有時嘗試使用日文。
小組成員共同討論並進行操作,能仿說日文。
小組成員各自作業,缺少言談與互動。
實作成品

實作成品

問卷調查方式

分析對象:

會話與實作課程皆參與者填答之問卷。

填答率未達50%時,僅針對其問卷中之文字意見部分進行分析。

收回問卷23份。

其中屬前者問卷為19份。

屬後者問卷有4份。

研究方法:

質、量兼具。

限制式問題、與開放式問題等二種型式相輔。

問卷架構

限制式問題,計12題。

問卷架構:

教學内容

與學生自身日語溝通能力提升之關聯性

透過課程獲得的自信與成長

課程滿意情形 等之教學成效評估。

五點量表方式

依據受試學生對每一題的看法填答。

同意程度:「完全同意」、「大致同意」、「難以確定」、「不太同意」以及「完全不同意」。

學生整體教學反應

問卷各選項填答人數比例

學生印象深刻而喜歡的學習內容順位

學生學習心得之重要概念分析

教師教學歷程的省思

教學札記:

課堂觀察紀錄

教師教學紀錄

發揮教師於師生互動之重要角色

待克服事項

• 增加教學時數:教學時間方面有限。

• 配合學校行事曆,部分學生分別參與其他各項競賽或活動而需缺席。

影響學習內容的銜接。

學生學習態度持續性的斷層。

或多或少影響教學與班級經營上的整體性與連貫性。

• 加強課程規劃,使學生於課堂學習與課後預.複習等自主學習相互配合。

主題式學習方案之教學為有效架構

以Can-do概念的主題式學習方案為本之教學設計,為發展中等教育階段日語教育的有效架構。

能配合學習者的學習需求、動機、語言與認知能力等。

課程學習充實具多元性,促進同儕互動,並讓學生有收獲,且能引發自我覺察,則形成學生正向心理與成長,亦能建立感就感。

讓學生主動參與活動,同時注重基礎學習的積累。

提升學生持續學習的積極意願,發揮主題式學習方案課程的教學成效。

今後課題

• 建立學習者的學習檔案。

完整紀錄日語學習歷程,並運用於教學之中。

• 持續發展以Can-do概念為本之教學的後續研究。

• 因應國際情勢、教育階段、學習者等多樣化教學環境。

• 促進語言教學之銜接。

• 提升學習者的語言實務能力。

いろいろな握り方

教學語彙與文法項目

内容
語彙和文法項目
第一回
(1) 問卷調査。
(2) 對於日本的語言、人文等的接觸經驗與印象等。
(3) 簡單的教室用語與打招呼用語。
(4) 日語文字與發音。
(5) 平假名①。
(3) こんにちは,さようなら
第二回
(1) 打招呼用語。
(2) 日常語句,如請、謝謝、對不起。
(3) 簡單的自我介紹。
(4) 日本的食物與飲食習慣。
(5) 平假名②。
(6) おはよう,こんばんは,おやすみなさい
(7) ありがとう,すみません,どうぞ
(8) はじめまして、○です。どうぞよろしく。
(9) おにぎり,みそ汁,ラーメン,すし…
第三回
(1) 用餐時的簡單會話。
(2) 簡單說明用餐感想的表達用句。
(3) 片假名及常見使用平假名和片假名的單字。
(4) いただきます,ごちそうさまでした
(5) 美味しそう,美味しいです(ね),美味しかった,おなかいっぱい
第四回
(1) 形狀。
(2) 飯糰材料名稱。
(3) 常見飯糰餡料名稱。
(4) 製作料理時的動作用語。
(5) 製作料理時各步驟的表達語句。
(6) 三角形,俵形,丸形
(7) 飯糰,のり,ご飯,具材,塩
(8) 鮭・たらこ・辛子明太子・ツナマヨネーズ・昆布…
(9) 入れる,混ぜる,握る,巻く,整える,押さえる,回す
(10) 例:~を入れる
第五回
(1) 食物口味。
(2) 對於食物等喜好的表達語句。
(3) 飯糰製作過程中的表達語句。
(4) すっぱい,甘い,苦い,辛い,しょっぱい…
(5) ~が好きです
(6) ~を取って/はい、どうぞ/もう少し/(美味しい)/まだ/ちょうどいい/頑張って/上手ですね/できました
第六回
(1) 飯糰的材料名稱與做法復習。 (4)學習評量。
(2) 飯糰製作實習。       (5)學習紀錄。
(3) 感想發表與回饋。      (6)問卷調査。



8.發表者(8)題目(日語):「台灣日語第二外語新課綱之教學方案─以數字運用為例─」
發表者:郭碧蘭(真理大學)
授業実践例
本學習方案是以第二外語新課綱為基本理念,學習內容參考溝通主題類的Level-1Bc學校生活中Bc-Ⅳ-5數字運用為主題所展開 。

該內容主要著重在語用及溝通功能。

前言

為因應107年第二外語新課綱之適用,本教學方案是依據<十二年國民基本教育選修課程綱要草案:第二外國語文>為設計基礎。

設計方法、內容、教學步驟及課堂回饋

應用日語學系一年級初級日語會話課程

學習者本身不但可以針對自我學習成效具體掌握,亦能重新審視習得項目及自我認知。

證明本方案不但能達成預期學習成效,亦能提供不同面向之學習。

2. 學習目標之設定

本研究發表之學習方案其學習目標之設定為level 1‐1,主題是<數字運用>。並加入異文化理解之要素,針對1~10數字表現之台日手勢差異做比較學習。

3. 學習方案之設計

3.1  目標設計

<學習方案>的步驟分解為:1.學習目標的設定→2.學習活動設計→3.語彙文法→4.評量方法 。

3.2 評量項目與方法

1‐1 黑板上寫 10個電話,學生隨機說出號碼。

1‐2 能撥出聽到的號碼,若電話能接通則表正確。

2‐1 能說出抽籤抽到數字的日文,並用肢體語言表示該數字。

2‐2 同學用肢體語言表達數字,其他同學說出該數字的日語。

3‐1 能說出抽到卡片人物的年齡。

3.3 學習方案

高中生打算在期末校慶或日本訪問時,透過交換電話號碼、彼此介紹家人年齡等,和日本學生進行交流。高中生利用周末或假日陪伴台灣訪問的日本學生到夜市吃小吃、並詢問小吃的價錢等。

3.4 學習活動步驟

① 0~10的日文,並用遊戲進行練習。

② 0~10的肢體語言,並讓同學練習。

③ 教師教國碼、地區、電話號碼的日文表達。

④ 校師在課堂使用數字卡,讓同學用日文練習電話號碼。

⑤ 11~99的日文,並在課堂以遊戲進行練習。

⑥ 教師教「おいくつですか」、「~さいです」等年齡的日 文表達。

⑦ 教師用藝人的照片讓學生在課堂表達年齡的日文。 ②③⑥劃線部分為筆者於課堂實踐項目

3.2 評量項目與方法

1‐1 黑板上寫 10個電話,學生隨機說出號碼。

1‐2 能撥出聽到的號碼,若電話能接通則表正確。

2‐1 能說出抽籤抽到數字的日文,並用肢體語言表示該 數字。

2‐2 同學用肢體語言表達數字,其他同學說出該數字的日語。

3‐1 能說出抽到卡片人物的年齡。

4. 課堂實踐方法及步驟

4.1 課程實施概況

科目 初級日語會話

對象 應用日語學系一年級

人數 26名(男5名・女21名)

日期 2015年9月24日(新學期開學第二週)

教科書 文化初級日本語(大新書局出版)

時間 50分

語彙・文法

いち、に、さん、し/よん、ご、ろく、しち/なな、はち、 きゅう、じゅう。

お電話は(何番ですか)?/すみません、もう一度お願いします。

/ありがとうございました。

教材 投影片、行動電話

4.2 實踐方法及步驟

4.2.1  數字1~10讀法及手勢

教師導入1~10的讀法,全班複誦3次(可視學習者認知度及狀況加減次數)

教師配合手勢再次複誦1~10的讀法,全班配合教師手勢再次複誦並加上手勢

教師複誦1~10的讀法(第一次照順序,第二次不照順序),由學生做手勢。

教師做手勢(第一次照順序,第二次不照順序) ,由學生讀出正確數字。

學生2人1組(面對面進行演練) ,1人念數字1人比手勢,完畢後互換,再次進行。

4人一組,由教師進行評量。(比照練習。第一次看教師手勢讀出正確數字,第二次聽教師所讀數字,以手勢表達正確數字。)

4.2.2 詢問電話號碼

(1) 教師導入電話號碼的讀法。如:△△△-△△△△- △△△△,全班複誦。

(2) 利用投影片寫出數組電話號碼,由同學唸出。

(3) 導入問對方電話號碼時說法「お電話は(何番ですか)?」,聽不清楚或打不通時「すみません、もう一度お願いします。」,順利聽得清楚或打通電話時「ありがとうございました。」

(4) 每人詢問4位同學電話,並在得到告知時,立即以手機撥出。

5. 學習者自我評量及回饋

5.1 5階段評量

5階段評量

學習者自我評量

語言4技能:

學習者對於聽力和口說能力感到明顯有幫助,讀寫2方面則其次。換言之,本課程可以非常有效提升聽・說能力。

「學習效果」及「活動有趣度」亦得到正面肯定,分別為第1及第3位。

5.2 自由記述

5.2 自由記述

・之前都不太記起來數字的日文怎麼唸,都要想很久,不過現在很快就能說出來了,很開心又更進步了。

・原本數字還不太熟悉,都要死背,現在都不用太過於死記。

・學會了但是要反覆練習才會更熟悉,なな、しち有兩個念法的要多練習和同學一起學習會學得更快更好。

・之前就發現日本人跟我們的數字比法不太一樣,上了課才知道要怎麼比,不過6還是常常會比錯,這樣上課很好玩。

・身體反應速度比大腦慢,有時知道數字了手卻慢半拍,覺得要訓練一下自己的反應能力。

・真正動口才發現光是背,但不會唸,有很大的差異。

・會講可是很緊張,所以要有勇氣並且多練習。

學習者透過互動式學習,不但可在短時間內習得教授內容,同時也促進其異文化理解能力。另外,學習者對於以前未能自我察覺發現的部分亦能重新省思。

5.2 自由記述

・覺得學習的過程很有趣也很開心,也很快就能學會怎麼用日文要到別人的電話。

・覺得很有趣很好玩,而且原本不太敢說日語但漸漸都習慣了!也很想一直講。

・讓我更能熟悉數字,喜歡邊上課邊唸,增加記憶也能糾正自身發音,還能要到同學電話。

・透過遊戲來記日文是一件非常趣味性,不會讓人覺得學語言是很枯燥的,像是說日文要電話,不僅能練習聽與說的能力,而且還能促進同學間的交流很不錯。

・很緊張,但真的唸出來卻有不同的成就感。

透過課題遂行,學習者產生自信及突破對人際交往上的困境。

5.2 自由記述

・老師的教學方式也非常好很喜歡。

・覺得老師的教導方式很活潑有趣。謝謝老師想了些活動方式教導我們。

・喜歡老師上課的tempo

・去老師那裡驗收日文,考驗自己聽及反應能力,對語言學習非常有幫助。

・上課很有趣,輕鬆又能學習到東西,也練習了口說。

課程設計及實際教學時的節奏掌握亦能影響學習成果。同時,藉由教師的確認,有助學習者學習內容的產出,瞭解自我學習成效。

6. 反省及展望

・經由討論,可以瞭解到以上之學習方案展現了豐富性及多元性。

・但如同例會當天發表現場所得到之質疑,如「課堂時間是否足夠」。經筆者於課堂中實踐後發現僅能就其中數項進行活動。

・然而,就評量及回饋來看,該活動設計確實能達成學習目標。

・今後筆者將繼續開發不同學習目標的方案,以因應第二外語課綱之推動。同時也希望本實踐成果能提供其他外語教學參考。

9.發表者(9)題目(日語):「Level-1主題式學習設計初探─以新第二外語課綱為中心─」
發表者:陳姿菁(開南大學)、盧碧蓮(中山女高)、芝田沙代子(東研究生)
授業実践例
發表大綱  もくじ
前言 はじめに
第二外國語文領域課綱與設計理念 第二外国語の指導要領とその理念

大學實踐流程,內容和評量 大學における実践

高中實踐流程,內容和評量 高校における実践

結語 終わりに

第二外國語文領域課綱與設計理念-1

第二外国語指導要領とその理念ー1

教育部認為我國更應積極追求教育品質的提高,發展個人潛能,促進終身學習(十二年國民基本教育實施計畫)

教育部によれば我が国は教育の質を高め、個人の潜在能力を伸ばし、生涯学習の促進を積極的に促さなければならない。

在英語文領域下另設「第二外國語文」的學習空間,明訂在第五學習階段也就是高級中等學校可依學校特色或時代需要,於『多元選修』課程中開設第二外國語。

英語の領域において、「第二外國語」の学習時間を設けた。このことは、各高校において多くの第二外国語の選択科目を設け、それぞれの学校の特色を求めることができるようになる。

第二外國語文領域課綱與設計理念-2

第二外國語文領域課綱與設計理念-2

十二年國民基本教育第二外國語文領域的課綱共分四個階段,設計理念源自於歐洲語言學習、教學、評量共同參考架構(Common European Framework of Reference for Language, CEFR)

十二年間國民基本教育における第二外国語の指導要領はCEFRを元に四階段に分かれている。

(Common European Framework of Reference for Language, CEFR)

第二外國語文領域的課綱中的學習表現都以「能~」來表達透過活動能達成的目標

第二外國語文領域の学習指導要領はその到達目標がすべて「~ができる」と示されている。

大學第二外語教學實踐

大學における実践

課程實踐學校的概況-大學

大學夜間部第二外語課的選修科目

大学の夜間部の第二外国語の選択科目

一週1.5小時,共18週

週に一時間半、18週

課程進行、考試內容由老師自訂

授業の進行方法、試験の内容は教師に任されている

班上約6成沒有學習日語

学習者の6割は日本語を学習したことがない。

Level-l

ゴール

能理解自己有興趣的資訊,能藉助器材或其他材料用簡單的日語發表。

自分の興味のあることについて何か絵などの助けを使って簡単に紹介できる。

オブジェクティブ

能用簡單的日語說明收集到的資訊。

簡単な日本語の情報を集めて説明できる。

アウトカム

能用簡單的日語跟日本人留學生介紹自己感興趣的日本事物。

日本語で日本人留学生に自分が興味のある日本のことについて紹介できる。

語彙輸入練習1

依據學習者的感興趣的事物來設問,導入形容詞

学習者の興味に沿った形容詞を導入する

語彙輸入練習2

另設問題,練習形容詞

質問を用いながら形容詞の練習をする

語彙輸出練習

利用照片,請學習者說出合適的形容詞

写真を使い、写真にあう形容詞を考え言わせる

文法輸出練習

利用句型和形容詞配對

文法事項と形容詞を合わせて使わせる

文法輸出活動

依個人關心事項替換底線對話

学生の関心にあった話題で入れ替え練習

實踐活動

和日籍留學生實際交流

実際の交流会

語彙input-1

コナンはどうですか。

ドラえもんはどうですか。

ディズニーランドはどうですか。

セーラームーンはどうですか。

ワンピースはどうですか。

日本(にほん)の薬局(やっきょく)はどうですか。

歌舞伎(かぶき)はどうですか。

日本の目薬(めぐすり)はどうですか。

日本のコンタクトレンズはどうですか。

かわいい  きれい   かっこいい  いい   強(つよ)い  有名(ゆうめい)

面白(おもしろ)い   使(つか)いやすい   声(こえ)がいい

ミステリー  変身(へんしん)できる

語彙input-2
阿信はどうですか。

林志玲はどうですか。

江蕙はどうですか。

ハローキティ(Hello Kitty)はどうですか。

柱柱姐はどうですか。

王力宏はどうですか。

嵐(あらし)はどうですか。

野球(やきゅう)はどうですか。

かわいい  きれい   かっこいい  いい   強(つよ)い  有名(ゆうめい)

面白(おもしろ)い   使(つか)いやすい   声(こえ)がいい

ミステリー  変身(へんしん)できる

語彙input-3

絵から

文法input  ~から 好(す)きです

かわいいですから好きです。

声がいいですから好きです。

きれいですから好きです。

使いやすいから好きです。

かっこういいですから好きです。

a)ハローキティ

b)江蕙

c)林志玲

d)iPhone

e)金城武

文法output  ~から 好(す)きです

A:日本の何(なに)に興味(きょうみ)がありますか。

B:アニメです。これ、これ、大好きです。

A:どうしてですか。

B:面白(おもしろ)いですから、好きです。

A:へえー、そうですか。

底線部分替換練習

下線部の入れ替え練習

大學第二外語實踐之評量

文法輸出活動

依個人關心事項替換底線對話

学生の関心にあった話題で入れ替え練習

實踐活動

和日籍留學生實際交流

実際の交流会

教師口試以評分量尺(rubrics)方式評量。

評分量尺分為「文法・語彙」,「發音・流暢度」兩個面向及「非常好」、「很好」、「再加油哦」3個尺度。

教師による口頭の評価はルーブリック方式で行った。

「文法・語彙」「発音・流暢さ」という2項目で、

「とてもよかった」、「よかった」、「あともう少し」

の3つの尺度から評価した。

大學第二外語實踐之回顧單

1.是否有覺得表現好的部分ー有

「有勇氣可以慢慢講」、「至少敢開口,比以前進步很多」、「有進步」等

「勇気があった」 「言えるようになった」 「進歩できた」

2.是否有覺得表現不好的部分—有

「還是會緊張,講不清楚幾個字」、「很想多聊一點,但太緊張」等

「まだ緊張している」 「緊張しすぎた」

3.是否有傳達成功—有

「她也喜歡」 、 「成就感,雖然日本人偷笑」、「能夠彼此互動而不是互相乾瞪眼」 、 「有一種原來我也可以跟外國人溝通的感覺」等

「彼女も好き」「笑われたが、達成感があった」「見つめ合うだけではなく交流できた」「外国人と交流できたのだ」等

4.是否覺得本活動好玩-「非常好玩」及「好玩」

「能夠和日本人對話」,「不一樣的體驗」等

「日本人と会話できた」「新しい体験」等

大學第二外語實踐之教師觀察

学習者

夜間部:沒有複習或上課遲到→無法充分練習。

Level-1→活動內容容易受限,易流於制式化。

仕事しながらの勉強+Level-1→活動に制限

留学生とのJ-GAP Taiwan第37回月例會交流

當天可以明顯地觀察到學習者強烈的動機和想要溝通的意願

当日、交流の意欲の強さがはっきりと感じた

学習者

意欲増

「用日語溝通」→O

「日本語での交流」→O

高中第二外語教學實踐

高校における実践

課程實踐學校的概況-高中

高一的選修科目

一年生の選択科目

一週2節課,實際上課時數計36小時

週に2時間、一学期36時間授業

課程進行、考試內容由老師自訂

授業の方法、試験の内容などは教師が決定

班上大部分學習者是為學習過日語

ほとんどの学習者が初心者

Level-l

テーマ

自己和同班同學

クラスメートとの自己紹介

ゴール

一學期結束後,可以使用學習過的語句介紹自己相關的事物。

1学期の授業が終わりには、既習の言葉で

自分が好きな物事を紹介することができる。

オブジェクティブ

1)能用簡單的日語介紹台灣美食給姊妹校的學生

台湾のおいしいグルメを交流姉妹校の学生に簡単な

日本語で話すことができる。

2)能詢問對方中午吃什麼?

受高中生喜愛的家鄉菜是什麼?

相手の昼食や高校生に人気ある郷土料理を聞くことが

できる。

アウトカム

能使用自我介紹相關的語句介紹自己的血型、星座、興趣

自己紹介に必要な語彙、血液型や星座、好きなものを簡単な文型で説明することができる。

語彙・文法練習

テーマ:好きな食べ物

イラストや写真を見せながら語彙を提示する

文型「~が好きです。」導入

ラーメンが好きです。

✖
刺し身がきらいです。


会話練習

例1

A:陳さん、ラーメンが好きですか。

B:はい、好きです。林さんは?

A:うーん、

私はカレーライスが好きです。

例2

A:すみません。ちょっといいですか。

B:はい、何ですか。

A:好きな食べ物は何ですか。

B:そうですね。ケーキが好きです。

A:そうですか。わたしもケーキが好きです。

與姊妹校交流的感想回顧

1.開口說日文了嗎?

初めから日本語を話ましたか?

2.是否比較敢說日文?

勇気をもって日本語を話ましたか?

3.此活動是否有趣,對你有幫助嗎?

この活動は面白かったですか。役に立ちましたか?

充實有收穫

與姊妹校交流的感想

消除與外國人接觸的不安

多樣化的溝通方法

肯定交流的重要性

跨越語言的共通話題

同學間的感情更好

課程実践的感想和観察

●學習目標具體明確

以「能~」來表達教學活動達成的目標,可以具體設計課程和評量。

「~ができる」の形で、教育目標が明確。

評分量尺(rubrics)評量的評量方式,評量內容具體明確。

ル―ブリック評価の内容が具体的で明確。

課程実践的感想和観察

●學習單元簡單明確

一個單元字彙10個以內,不強調文法解說。

1ユニットの語彙10個以内。特に文法を説明しない。

學習者容易熟悉,比較有成就感。

生徒達は勉強しやすく達成感も得やすい。

結語 終わりに

學習興趣的培養

学習者の興味に沿った学習内容

學習動機的激發-之精神 学習者の動機高まり

應能提供學習者更實用、共多元的學習 学習者に

実用的な学習内容

台湾日本語教育學会J-GAP TAIWAN第36回例会

==題目:「Can-do形式の目標を掲げた活動の実践報告-成果と課題-」 時間:2015年11月7日(土)13:30~17:00 場所:国立交通大學語言教學中心(光復校区綜合一館509)5樓 新竹市大學路1001號 請參考:http://www.ltc.tw/pages/event/map/mapNCTU.htm 講員:上條純恵(交通大學語言教學中心講師) 工藤節子(東海大學日本語言文化学系助理教授) 司会:工藤節子(東海大學日本語言文化学系助理教授) 主辦:台灣日本語教育學會 J-GAP TAIWAN・國立交通大學語言教學中心 参加者:19名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生) 協辦:(日本)国際交流基金 內容簡介: J-GAP TAIWANが作成した活動集、或いはCan-doの活動実践で、うまくいった事例、いかなかった事例を紹介し、その要因について振り返ります。なぜ成功、或いは失敗ととらえるのか、その要因は何なのか、ということを参加者と共に考え、Can-doを実践していく上での課題をシェアします. <日程表> 実践報告: (1)張瑜珊(大葉大學應用日語學系助理教授) 「ビジネス会話授業のもう一つのCan-doの試み―持続可能性日本語教育の導入」 (2)小池一平(東海大學日本語言文化学系大学院生) 「2つの授業実践から考える「社会的文脈」と 「対話」の重要性ー職業高校日本語学科におけるcan−do導入の例ー」 (3)上條純恵(交通大學語言教學中心講師) 「桃太郎の行動について、賛成、反対が言える」の授業を振り返って13:30~14:00 言語活動のcan-doを意識した教室活動の課題 14:00~14:45 実践報告1 14:45~15:00 休憩 15:00~15:45 実践報告2 15:45~16:30 実践報告3 16:30~17:00 言語活動のcan-doの成果と課題 || 時間
内容

13:30-
発表者 紹介・挨拶
0.先生の紹介
1.本日の流れ
Can-Do形式の目標と評価を取り入れること
その課題
・説明責任
・カリキュラムの透明化
・アーティキュレーション
・学習履歴
・学生への意識付け
・教師観の共有
・総括的評価
・形成的評価
・達成感
実際の課題
・評価項目と評価方法
・教材
・シラバス(文型シラバスの配列→活動シラバス、それに伴う構造シラバスの再配列)
・シラバス(談話研究がおいついていない)
・パフォーマンスを導く要素の解明(文化理解、思考、他のスキルとの関係等)
・授業の進め方 学生の意識
・Can-doの目標は教師が設定
・実用性とは
話題提供(授業実践)→ 成果と課題の共有
授業紹介→上手くいったのか、失敗したのか→どうしてそう感じるのか→教師はどんなことに疑問を抱いたのか→Can-doの成果と課題

13:45-
上條純恵先生 交通大学の授業
・日本語を使って、日本人に挨拶ができる
・日本語を使って、日本の昔話を分かりやすく使えることができる(グループで)
・グループで桃太郎は「鬼退治」に行くべきだったのか?について討論し、賛成・反対の理由をまとめることができる(中文)
・いろいろな立場から物を見ることができる
・ディベートとは?
活動をする目的
学生の実態
考えていること、頭の中に描いていることが日本語で表現できない。
自分とは関係がないことは、関心が持てない。
Can-doの目標
日本語を使って、日本の昔話を分かりやすく伝えることができる(グループで)
活動 桃太郎の動画(3分)を見た後で桃太郎のはなしを再現することができる。
手順;①語彙導入②動画を見る③グループで確認作業④⑤
達成できたか
「桃太郎の話を再現することができる」
予備知識と合わせるとできていたのではないか。
上條先生としてはあまりできていなかった。
J-GAP Taiwan第36回月例會 参加者:19名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)
課題;どうやって評価するのか。
キーワードを使うように指示した。
・知らない人に伝わるように説明するようにさせた。
・評価基準を作った。
Qどうして桃太郎の話を再現させるようにしたのか。
A理解できることを自分の言葉で表現できることはいいことではないか。
案;いろいろなバージョンがあるから、それぞれのグループが知っている話を語らせてはどうだったのか。
Q学生のレベルは。
A自由に集まるクラスなので、グループ活動を多くして問題はグループで補い合うようにしている。
案;話すことが得意でない学生は中国語でもなかなかうまくないのではないのだろうか。得意な学生は上手く話すことができるのではないだろうか。
案;物語が何を伝えたいのかを考えさせる活動でもよいのではないか。
案;単語が合っているので、どんな文であっても話がそれらしく分かってしまう。
案;うまい語り方を競わせるのもよいのではないか。
案;評価させた時にどうしてその点になったのかを考えさせるべきだったのではないか。
上條先生 物語を再現させることはどういうことなのか評価基準をしっかりさせるべきだったのではないか。
活動2
桃太郎は鬼ヶ島へいくべきだったのかどうか。
案:○○の立場から見た場合、悪いとはどうなのかということを考えさせるとよかったのではないだろうか。
上條先生;物事を決めるとき無意識的に決定していることを意識化して決定させていこう。
案;鬼の事を考えようということを考えさせてはどうだろうか。
物語中に不思議に思われたことなどを言わせてみてもよかったのではないだろうか。
どこまで何をさせたいのか何を評価したいのかをはっきりさせた方がいいのではないか。

15:30-
小池先生 職業訓練高校の授業実践
文法の授業の教科書と会話の授業の教科書はどちらも文法シラバスの教科書である。
授業実践例
自己紹介、物の紹介
最初は先生から一人の学生に聞いて、キャッチボールのようなやり取りをする。
一人の学生発表したあと、次の生徒に指名してさっきの生徒が何を紹介したのかを聞く。
発表した内容を先生がエッセイ集(A4一枚)にまとめて印刷して配布する。
延長線として物の紹介とかも練習の課題になる。「どこの」「値段」「外見」など。
一人が発表したあと、ほかの学生徒に質問をさせる。
→大学生だったらポスター発表させて、学生同士に討論させる。
自己紹介のコンテンツとしては、「台湾からきました」じゃなくもっと詳しい情報、例えば「南投からきました」。学生同士の練習だけじゃくて、先生からもっと質問した方がいい。「南投のどこから」「趣味はなにか、いつやるか」とか。
問題と考察
・活動に飽きてしまう。
→・練習の爲の活動となってしまって面白くない。
・活動自体が実生活とつながらない。
・内容が薄い。
・指示されて動くだけで、自分から積極的に参加しようとしない。
→・初めに与えられた指示だけに従って、自ら質問したりしない。生徒は受け身の状態である。
・発表を拒む学生もいる。
→・例えば「家族紹介」では、家庭に事情のある生徒は、話したくない。
Qなぜ活動なのか
日本語の練習のために活動をするのか。
→それは、授業の場をどう捉えるかという問題。
知識の伝達や、練習の場である。
Q目標は到達できているのか。
練習して覚えたことを発表した。
→タスクとしては「できた」かもしれないが、それは本当に「できる」ようになったと言えないのではないか。
教師の考える実用性と学生が考える実用性の違い。
現在までの結果
・文脈に根差したやり取りをするので、その場で日本語での交流の場となる。
Q目標は達成できているのか。
Q;先生がまとめて配布するのではなくて学生側の活動ができるのではないか。
A;学生が達成観を得られた。
字を打つ練習も含めて。
発表して終わりという形じゃなく、成果物(エッセイ)がもらえて内的動機づけを高めようとすること。
台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN 第35回例会==
「高中職的外語能力等第認定與多元評量」
日時:2015年10月14日(水)下午1:00-5:00
主題:「高中職的外語能力等第認定與多元評量」
場所:台南家商 外語群科中心
講師:陳淑娟先生(東呉大學)
参加者:20名(宋書瑀、葉健成等高職應用日語科主任、教師等)
內容記錄:
面對少子化的衝擊,語言教學精緻化的需求漸漸浮出檯面,與高職教師們分享講求銜接性學習時,外語能力等第化的重要性,同時提出評量標準,與多樣性評量的實施方法,分成三組設計依照等第目標的教學內容,分享評價法。
在前半段談高中第二外語課綱的的等第、學習目標、與評量規劃,從「為什麼要評量?」「何時評量?」「如何評量?」開始,檢討現行評量制度、評量工具的優劣;解說「評量基本概念」,目標設計,依目標進行的到達度評量的意義。
在後半段檢討《日語A2B1級的教材教法》在高職展開的可行性,介紹J-GAP TAIWAN團隊的編輯成果,同時嚐試寫某一單元的Rubricq評量表,並且發表,交換意見。




台湾日本語教育學会 J-GAP TAIWAN第34回例会

如何依據107年第二外語新課綱設計「學習方案(学習シナリオ)」

日時 : 2015年9月19日(土) 13:00~17:00
会場 :(公財)交流協会台北事務所 B1 文化ホール
主催 台灣日本語教育學會 J-GAP TAIWAN
協賛 (日本)国際交流基金 ‧ (公財) 交流協會台北事務所 ‧ (台灣)科技部人文社會科學研究中心
講師 陳淑娟先生(東呉大學 日本語文學系 教授)
使用言語使用言語:中文
内容簡介
在這個講習會將介紹全球化趨勢下,預計2018年上路的「12年國民基本教育選修課程綱要草案:第二外國語文」(簡稱107第二外語領域課綱)」包含日、德、法、西,是12年國教的全新的課綱,重視語言學習的「銜接性」與「實用性」,分成4個Level(A-1,A1,A2-1,A2),每個level的學習時數為72小時,以能力指標確保學習效果,總計288小時在中等教育的國中、高中4個學年實施,此課綱以未來上了大學能銜接下一個階段性學習為考量,達成縱向的學習目標而設計。
此課綱學習內容含「語言知識」與「16個溝通主題」,語言題材落實在學生的生活上;學習表現分成「聽、說、讀、寫、綜合應用能力、學習策略、文化與習俗、邏輯思考與創作力」。此課綱如何落實在教室內實施呢?
這正是這次講習會的目的,將與上次在日月潭的研習會一樣,印發新課綱給與會的老師們,介紹設計「學習方案(学習シナリオ)」的方法,簡約成「學習目標的設定」、「學習活動設計」、「學習活動步驟」、「語彙文法」、「評量方法」,期待將課綱落實在教學現場上。竭誠歡迎高中、大學的日文教師踴躍報名參加。


日程表
12:40~13:00 報到
13:00~14:20 107課綱《十二年國民基本教育選修課程綱要草案:第二外國語文》簡介
14:20~14:40 休息
14:40~15:40 學習目標的設定、學習活動設計、步驟、語彙文法、 評量方法
15:40~16:40 設計「學習方案(学習シナリオ)」
16:40~17:00 檢討


申し込み http://goo.gl/forms/2JbiE97Gg7
締め切り 2015年09月10日 17:00
お問い合わ jgaptaiwan@gmail.com




台湾日語教育學会 J-GAP TAIWAN第33回例会
新しい指導要領に基づく中等教育の日本語教師養成リーダー研修
日時 : 2015年7月14日(火)~16日(木)
会場 : 日月潭教師會館
主催 台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN
協賛 国際交流基金
講師 當作靖彦先生〈カリフォルニア大学サンディエゴ校教授〉
司会 陳淑娟先生(東呉大學)

以下、2012年度の月例会活動記録  

【第一回会議】
2012年1月24日 14:00 ~18:30
出席者:陳淑娟、羅曉勤、工藤節子、上条純恵

協議結果:
3月4日の月例会
(1)「卒業生に対する日本語使用調査」グループ
インタービューの設問、方法
2012年12月の発表に向けて進度の計画
(2)「台湾スタンダードを考える」グループ
JF日本語教育スタンダード・ナショナルスタンダード
CEFRの勉強会

【第二回会議】
2012年3月4日(日)月例会 10:00~17:00 
会場:靜宜大学伯鐸樓421室
出席者:陳淑娟、邱若山、黃英哲、陳美玲、陳文敏、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、工藤節子、上条純恵、賴美麗、施信余、徐孟鈴、荒井智子、陳文瑤、内田さくら

会議内容:
10:00~10:30 邱若山(静宜大学)代表あいさつ
・「日本語教育グローバルネットワーク」への本学会の加入の経緯
・ 2012年8月名古屋の世界大会の「J-GAP」計画と準備状況
10:30~11:00 陳淑娟(東呉大学)
・「J-GAP 日本語教育のアーティキュレーション」に向けた活動の呼びかけ
・台湾での実施の必要性と具体的活動の計画と進度、予期の効果
・3年計画で「各レベル間の教師ネットワーク作り」 から
「シラバス、教室運営、スタンダードを含む授業研究」
・個の研究と共同研究の重なり 
11:00~12:30 工藤節子(東海大学)
・「台湾版スタンダード構築に向けての可能性と課題について」
・CEFR(JFスタンダード)とナショナルスタンダーズ
・CEFRの利点と大阪大学の応用例、茨城大学の応用例
・ナショナルスタンダーズの概念と評価基準と比較       
13:30~14:30 工藤節子 羅暁勤(銘伝大学)
・各技能の活動のレベルと評価基準の作成
・教えている内容、接触場面の行動をCAN-DOの記述にしてレベルを判断し、評価基準を作ってみる。

①「会話」:工藤節子
目標:課題やテストの指示で聞きもらしたことを教師に聞くことができる
言語活動:やり取り(話す・聞く)
トピック:学校と教育
場面:教師の研究室(ノックして入るところから)
相手:教師
レベル:B1
評価基準
1)研究室に入る際のあいさつが言える
2)用件が言える。指示を聞きもらしたことをそのまま言うか、他の方法で言うかして用件を切り出さなければならない
3)確認すべきことは期日や場所だけではなく、細かい内容に関する情報を確認したり聞いたりできる
4)用件が終わったら、適当な言葉で用件を切り上げ研究室をでる必要がある 

②「読解」:羅暁勤(銘伝大学)
目標:新聞を読んでディスカッションする
言語活動:読む(日本語)話す(中国語)
JFスタンダード参照レベル:B1論述する(学校と教育)
B2情報や要点を読み取る(社説、意見文)(自然と環境)
評価基準:1)辞書使用の自力読解 2)5W1Hがつかめる(中国語)
疑問点、感連、意見を人に伝えたりディスカッションしたりできる

16:00~17:00 グループ発表&今後の活動と進度についての討論
会話:陳姿菁(開南大学)
作文:羅曉勤(銘伝大学)
文化:許均瑞(銘伝大学)
読解:陳文瑤(大葉大学)(以上記録省略)

協議結果:
(1)【卒業生の日本語使用実態調査班】と【台湾版日本語教育スターンダード研究班】を協働作業。
(2)卒業生対象の調査を行う前に、台湾版日本語教育スターンダードの教室活動設計のための日本語の遭遇場面を学校内外にわ
たり集める。具体的な段取りとして「場面収集」についての調査、アンケートを先に実施。それに基づき教室内の活動例と基準
を考え、実践を重ねる。
(3)「場面収集」にあたり、調査対象を社会人、日本語専攻の学部生、院生、第二外国語履修生、高校生の5グループに分け、
行う。
社会人担当:陳淑娟、陳文敏、黃英哲
日本語専攻担当:荒井智子、頼美麗、許均瑞、施信余、徐孟鈴
大学院生担当:陳美玲、工藤節子、邱若山
第2外国語履修生:上条純恵、陳姿菁、陳文瑤
高校生担当:陳淑娟、工藤節子

(4)調査内容アンケート作成方法
パイロット調査(2,3人)
4技能+翻訳の5技能に関する使用場面(家庭、学校、社会生活、コミュニティすべてを含める。現在、過去も含る。)

※次回は4月8日(日曜日)10:00~17:00 東呉大学 第一教研大楼10階(R1010-2)

【第三回会議】
2012年4月8日 10:00~17:20
場所:台湾台北東呉大学
出席者:邱若山、陳淑娟、陳美玲、黄英哲、陳文敏、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、陳文瑤、工藤節子、頼美麗、施信余、上条純恵、跡部千絵美、内田さくら(秘書)

会議内容:
9:00~9:20 陳淑娟
①国際交流基金とメールのやり取り及び計画審査について
② 12月J-GAP in TAIWAN発表会の要旨を各自提出の要請
(国際交流基金に提出するため500字の要旨は4月22日までに)
③ J-GAP in TAIWANの研究方向及び研究倫理の説明(羅暁勤・工藤節子による補足説明)
方向及び目標:
日本語使用場面調査(グループの共同研究作業・発表)→教室活動デザイン及び実践(個人でも、共同でも可)
→シラバス構成(共同研究作業・発表)→JF スタンダード in Taiwanの構築(共同研究作業・発表)
④今日のスケジュール
各グループのまとめ及び発表
アンケート作成に向けて

9:20~12:00 各グループの予備調査結果のまとめ
①羅曉勤・黃英哲よりKJ法利用・分析方法の説明
②グループリーダー決め
社会人(黄英哲)、学部生(賴美麗)、第二外国語(陳姿青)、高校(工藤節子)、院生(許均瑞)
③グループ作業
場面分析に入る前に、本格的調査事項を決める:日程・時間・方法・対象者人数について、話し合う。

12:00~13:00 昼休み
13:00~15:00 5グループの予備調査結果発表と議論
①グループの調査結果発表
②アンケート作成フォームの話し合い
アンケート調査の意義の再確認
教室活動デザインの参考となるため、社会、学校、家庭生活での実際の日本語使用場面を調査する。そし
て、次の段階の本格的アンケート調査は、場面の使用状況の再確認と使用頻度を把握する。荒井智子先生の
グループのフォームをモデルに参照。
議論になった点:
調査した結果の項目と教師たちが考えた重要項目と不一致の場合、どうするか?(例えば、教師たちは手紙が大事だと考えるけど、学習者たちはよくチャットで日本語を使う)

協議結果及び課題:
(1)実際の使用場面を重んじる。次にその活動から何ができるかを考える。また、議論すれば良い。
(2)活動とJFスタンダード、CEFRなどの対応関係をどう考えればいいか。利用の仕方?検討する対象を統一するべきか?内容が  多いためグループ共通認識が必要なのでは?
(3)評価の認識(レベル設定)が台湾と日本で違う。そこが問題点。評価は実践活動の後にするのか?教授目標を先にある程度決めておかないといけないのでは?
→「~ができる」でレベル設定。
評価は、活動デザインの際に考えておく問題である。
(4)JFスタンダード、CEFRのレベル設定と台湾での日本語教育のレベル設定とのずれを明確に言えるように。
(5)12月2日の年度大会の二日目のスケジュール確認

<12月2日「J-GAPin TAIWANシンポジウム」の予定(仮)>
9:00~10:00 開幕及び當作先生のご発表
10:00~10:20 邱先生発表
10:20~10:40 休憩
10:40~11:20 場面調査のグループ発表(2組)(※15分発表5分質疑応答)
11:20~11:30 休憩
11:30~12:10 場面調査のグループ発表(2組)
12:10~13:30 昼休み
13:30~13:50 場面調査のグループ発表(1組)
13:50~14:50 教室実践の個人発表(会話)
14:50~15:10 休憩
15:10~16:10 教室実践の個人発表(読解)
16:00~17:00 教室実践の個人発表(作文)

(6)次回の活動予定(5月5,6日 一般公開)
・国際交流基金の講習会。(押尾先生)(5,6日)
・台湾側場面調査の結果(アンケート内容作成)と全員がMY CAN-DO活動・評価(「実践」の部分)(6日)
・日本と台湾との意見交換
・次回までの課題
① 12月に発表するテーマ(教室実践)と要旨(タイトル・500字・キーワード)を準備。
② 12月の場面調査のアンケートなど研究計画書をリーダーが作成
→①と②は→4/22まで陳先生へ
③アンケート項目は皆が予備調査で集めてきたものをまとめ基本のバンクを作る。陳&工藤&羅&荒井が先に話し合い決定。各グループがそのバンクから必要な項目を選択し作成する。

【第四回研修会記録】
主題:【JF日本語教育スタンダードとJ-GAP TAIWAN】
時間:2012年5月5、6日
場所:静宜大学
講師:(日本)国際交流基金 押尾和美 先生
(台湾)LTTC 語言訓練測験中心 周函均 組長
LTTC 第二外語能力測驗 藍碧珠 研究員
出席者:邱若山、陳淑娟、陳美玲、黄英哲、陳文敏、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、陳文瑤、工藤節子、施信余、上条純恵、跡部千絵美、内田さくら(秘書)。及び日本語教育学会会員35名の参加者

<一日目の日程と内容>
5日
10:00~12:00
国際交流基金 
押尾和美先生
・J-GAPとは
日本語教育グローバルネットワーク(世界の日本語教育学会9つの連携)の最初のプロジェクト
・なぜアーティキュレーションか
・横のアーティキュレーション
・縦のアーティキュレーション
・教科間のアーティキュレーション(日本語教育と他の教科、例えば日本研究関係の間のアーティキュレーション。日本語クラスと日本研究科目の内容など)教育文化、教育制度によっては、このアーティキュレーション達成が非常に重要。
・学校教育の日本語教育と社会のアーティキュレーション
・教師の能力開発と日本語教育のアーティキュレーション
第一次グループ:2010年8月
①地域のアーティキュレーション確立
-カナダ(モデル地域:トロント周辺)
-ヨーロッパ(モデル地域:英国)
-韓国(モデル地域:釜山)
-米国(モデル地域:バージニア州)
②留学生のための国の間でのアーティキュレーション確立
-香港(香港大学)
-日本(東京外国語大学)
第二次グループ:2012年1月
①地域のアーティキュレーション確立
-台湾
-オーストラリア
②留学生のための国の間でのアーティキュレーション確立
-中国(天津外国語大学)
-日本(武蔵野大学)
・アーティキュレーション確立のために
・地域の異なるレベルの教師たちが話し合いの場を持つ→各国で実施
・それぞれのレベルの教育目標、教育内容を共有する
・「同じものさし」「同じことば」で達成目標(能力目標)を提示する
→JFスタンダード、CERF、ナショナルスタンダーズなどの基準
国際交流基金「みんなのCan-doサイト」の利用
・アーティキュレーションが達成されると
→日本語教育の質が向上する
→日本語学習者の増加につながる
→日本語教育の発展につながる
→より効率的な教育計画などの策定が可能になる
→日本語学習者が幸せになる
・J-GAP 9つ地域で行われている実際の紹介(記録略)

陳淑娟先生
<台湾の日本語教育の現状の問題点>
・中等教育と高等教育間のアーティキュレーションが欠如。
・横のアーティキュレーションが欠如。
・レベル判定の基準が「みんなの日本語」の第何課か、日本語能力検定試験の何級かが共通した基準。
・J-GAP台湾で何を求めるか。
→台湾実社会で使用される日本語の場面の現状を把握
→評価基準を共有するための教師間のネットワーク作り:大学教師、高校教師、語学学校の連携。Can-doを目標とする授業デザイン。レベル共有を考える。
→スタンダードの台湾版を作り、ポートフォリオ実現可能性。
13:00~17:00
グループワーク
<自分の大学について、次の点を改めて振り返ってみましょう>
①大学卒業時、どんなレベルになっているか?
②科目間の連携は、どんなことについて,どのように行っているか。
③成績はどのような手段でつけているか。評価はどのような基準に則ってつけているか。
④アドボカシー
グループ発表:
①「大学卒業時、どんなレベルになっているか?」
A教師:N1かN2合格
台湾で日本語を生かして仕事ができる。日本商社の秘書、ガイド、翻訳など。
B教師:学科の目標。各科目の目標がある。→抽象的なもの。(台湾の社会に役立つ人材を育てたい。上級レベルの人材を育てたい)
N2合格(教育部の指示により大学側が決める「卒業レベル」)
C教師:N2合格。N1受験のみ。専題研究(卒業研究、論文または作品、そし合同発表)
D教師:N2合格。N2、N1合格しても実践能力が定着してるとは限らない。
高校の日本語教育がN5合格(しかし合格者は少ない)
高職の応用日本語科がN3
大学の全体的な傾向としてN2合格レベルで統一されている。
「科目間の連携は、どんなことについて,どのように行っているか。」
②科目間の連携は、どんなことについて,どのように行っているか。
E教師:日本語学科内では、分科会を作り、情報交換を行っている。→なかなかうまくいかない。それぞれの教師の主張があり、交流がうまくいかない。専任の先生それぞれの自主権があり、縦・横のアーティキュレーションが難しい。しかし、第2外国語の選択授業では非常勤の先生だから、縦・横のアーティキュレーションは成功している。
F教師:縦の連携がある。1~4年生で統一したテストがある。
G教師:一応、つながりがある。分科会もある。→やはり難しい。
第2外国語の連携はうまくいっている。→共通の統一試験。
H教師:学期の始まりに教学検討会を開き、科目ごとに教材などを話し合う。(科目別分科会)
→時間の制限があり、実際話し合いが限られている。
③成績はどのような手段でつけているか。評価はどのような基準に則ってつけているか
I:評価は実技、筆記もちろんある。試験統一されていないため、基準が個々の教師にゆだねられている。核心能力。
J:個々の教師。出席率。第2外国語の場合は、進度が一番遅い先生にすべて合わせる。大学4年生の場合は卒業論文など。
K:各教師それぞれ。互いに干渉しない。出席率、平常点。
L:学習項目は理解されているか、タスクは達成されているかなどによって評価。落とすための評価。
④「アドボカシー」
A校の場合
・オープンキャンパス
・職業高校への訪問
・日本村の設置(日本語が使える環境を作る)、日本文化教室
・交換留学
・チューター制度(日本人留学生のお世話)
・卒業公演(演劇)
・日本人を積極的に招待し、交流活動
・企業見学

押尾先生
JF日本語教育スタンダード(JFS)の紹介
・日本語の教え方、学び方、学習成果の評価の仕方を考えるためのツール
・JFSという「共通のことば」「共通のものさし」を使うことによって、日本語で何がどれだけできるかという熟達度がわかる。
・コースデザイン、教材開発、試験作成などにも活用できる。
・ヨーロッパのCERFの考え方(ヨーロッパの言語教育の基盤)を基礎にしている。
<言語によるコミュニケーションのとらえ方-JFスタンダードの木->
コミュニケーション言語活動
言語能力を基盤として木の枝のように広がり、多様性があるもの
・受容的活動-読む、聞く
・産出活動-一人で長く話す・書く
・相互行為活動(やりとり)-会話や手紙のやりとりなど
・テクストに関する言語活動(テクスト)-メモとりやノートとり、要約など
・コミュニケーション方略-表現方法を考える、モニターする、推測する、発言権をとるなどコミュニケーション言語能力
・言語構造的能力
「Can-do」の種類
・活動Can-do
実社会で行う言語活動を例示した「Can-do」
・方略Can-do
言語活動を効果的に行うために言語能力をどのように活用したらよいか方略を例示した「Can-do」

グループワーク
<実際に「JFスタンダードの木」を使う>
Q1:台湾で日本語を学ぶ大学生/大学院生/社会人/オタクは「JFスタンダードの木」のどの活動を行っているか。(教室内外含む)
Q2:ここにない活動もあるか
Q3:授業では、どこを行っているか
●大学生の場合
Q1:ほとんど全部。
Q2:フェイスブック、ネットショップ
Q3:28番(インタビューする)
●大学院生の場合
Q1:ほとんど全部
Q2:検索能力
●社会人の場合
Q1:やりとり中心
Q2:報告書、FAX(翻訳)
●オタクの場合
Q1:受容中心(5番や8番など)
Q2:フェイスブック、twiterなど
<JFスタンダードの木に表示されていないこと>
実際のコミュニケーションでは、私たちは、言語に関する知識や能力以外に異文化理解能力や学習能力、様々な知識や経験を活かしている。
→課題遂行能力は、多面的・総合的な能力
<CERF「全体的な尺度」について>
C2:母語話者にも引けを取らない。
C1:ほとんど苦労しないで流暢に自然に自分を表現できる。
個人の関心の範囲を超えてより広い複雑な話題まで扱える
B2:母語話者と普通の会話ができる他者の意見も尊重しながら、自分の主
張が効果的に伝えられる(自分の意見を補強、維持するために重要な説明、論拠が言える)
B1:日常生活での問題に柔軟に対応できる(旅行中起こりそうな状況に対応できる、身近な話題なら準備なしで会話できる)、自己表現ができる(会話を維持し、言いたいことがわかってもらえる)
A2:日常生活の社会的機能(挨拶、約束を交わすなど)、外出や旅行(店や郵便局などで用を足せる)
A1:受身の個人、簡単な方法で会話、話題は自分自身について、理解中心。
→CEFRの最終目標は母語話者くらいではない。発音にはそこまでこだわらない。
<一日目終了>


懇親会:新天地(台中港梧棲にある海鮮料理)

<二日目の日程と内容>
10:00~11:00
LTTC 語言訓練測験中心 周函均 組長
・LTTC(語言訓練測驗中心)、台湾外国語試験現状紹介
日本語能力試験の紹介
台湾の2011年第2回受験者について
日本留学試験の紹介
日本ガイド試験
外国語能力試験(FLPT)の紹介
英語、日本語(CEFR,A2以上)、フランス語、ドイツ語、スペイン語の試験
11:00~12:00
LTTC 第二外語能力測驗 藍碧珠 研究員
・第二外語能力試験の紹介(研究開発報告)
高校第二外国語授業に活かすため
試験の参考にしている基本語彙
SFLPT試験内容(A1,A2の聽力閱讀)
日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語
13:00~17:00

J-GAP台湾 研究活動報告(日本語使用場面調査について)
①高校生を対象にした部分
〈予備調査〉
北部 普通高校(3名)、職業高校(3名)、不明(1名)
中部 普通高校(123名)
〈調査結果〉
a娯楽関係(アニメ、漫画、CD等々)
bインターネット関係(オンラインゲーム、ネットショッピング等々)
c環境(コマーシャル、コンビニで売られているもの、親戚その他)
→文化理解が主流
〈今後の調査計画〉
・アンケート対象:普通高校(北部、中部)500名(学年、男女、学習時間)。
・時期:今学期中
・現職の先生方との協働
・予備調査以上の調査
・接触の言語(日本語、中国語)
・理解と産出の区別
②大学生(日本語学科)を対象とした部分
〈予備調査〉
分類項目
1、趣味・娯楽:漫画・アニメ・音楽・映画
2、学校・学習・知識:新聞・作文・講義・依頼する・討論
3、人・社交・ネットワーク:メール・観光案内・話す
4、生活・実用・環境:説明書を読む・ラベルを読む・メニュー
5、日本旅行・短期滞在:ホテル予約・道を聞く・挨拶
6、仕事・アルバイト:履歴書・指示を聞く・報告・注文を受ける
7、インターネット:ゲーム・FB・ネットサーフィン
8、自己表現
〈今後の調査計画〉
北部(淡江)(東呉)・中部(大葉)・南部(文藻)
調査対象 各学年150人 合計600人。
〈大学生特有の項目〉
・項目は多種多様(趣味、アルバイト、交流・・・)で、
「受容」「産出」「やりとり」の言語活動が多い。
・日常的な学生生活(行事・学習・・・)で、「理解」「産出」場面が多い。
ex.本を読む、先生に質問する、日本語の競技に出る
・仲介の立場のものが多い。
ex.頼まれて訳す、生活情報を教える、
〈大学生の特徴〉
・日本語能力による差(学年差)がある項目とない項目
ある→新聞を読む、レポートを書く、通訳、観光案内、日記、創作活動
ない→音楽を聞く、デパート店内放送、ゲーム、ネットショッピング
・大学差(留学経験者や姉妹校交流の多少などの影響)
skypeで日本人と話す、日本人とFB、生活情報を教える、日本研修旅行
・地域差(日本語環境の多少?)
アルバイト、観光地にある碑文や看板などを読む、
・学習動機との関連性があるか?⇒アンケートで調査するか?
③大学生(日本語を第2外国語として選択した学生)を対象にした部分
〈予備調査の結果〉
・調査学校:
学部:台湾大学、交通大学、大葉大学
大学院:彰化師範大学       
・調査対象:第二外国語(日本語)の学習者
・調査方法:アンケート(五技能別の使用場面/自由記述)
・調査時間:2012年3-4月ごろ
・調査人数:87人
・特徴:初級レベル(0からスタート)
・大まかな傾向:
ネット/日本旅行・滞在/生活・実用・環境
サブカルチャー
聞く・読むのような「受容」の技能が多く使われている
・特有の項目:
ボーカロイドの説明本
人をののしる
研究資料の読み取り
人・社交・ネットワーク(ホームステー先の家族とメールでのやり取り、年賀状、2ch・ニコニコ動画への書き込みなど)
〈今後の調査計画〉
・学校:高等教育機関でのJFL
学部:台湾大学、交通大学、静宜大学、大葉大学、逢甲大学
大学院:彰化師範大学
・人数:約1,000人
・内容:日本語の使用場面(専攻別)
・方法:アンケート調査
・見通し:調査結果を分類した上で、今後の教室活動のデザイン、評価方法の参考資料として提供する予定
・結果報告: 12月に報告
④大学院生を対象とした部分
〈予備調査結果〉
・専門日本語の必要性
・学校での接触が多い
・日常生活における日本語の接触場面は他の日本語学習者とあまり代わらない。
・インプットと比べると、アウトプットはそれほど多くもない
〈今後の調査計画〉
・人数の確保(国内16の大学院の学生を対象とすることが目標)
・応用日本語学科や日本語学科など学科名で分ける必要があるか。
⑤社会人を対象とした部分
〈予備調査〉
調査対象:3年以上の勤務経験者20名(観光業界、製造業、販売業、貿易商社、教師)
調査方法:対面インタビュー、チャット、電話インタビュー
結果:会議報告、出張、技術現場の説明、社員研修、環境・設備の紹介、商品・会社紹介、人的交流、観光案内、伝言、人間関係の維持、文書処理、プライベートにおける日本語使用
特有項目:台湾に関する話題
〈今後の調査計画〉
データーバンクの作成、年末まで日本語使用頻度の調査、使用頻度の調査に基づき、教室活動のデザイン・実践
14:30~17:00
押尾先生
・みんなの「Can-do」サイトの紹介
サイトの中のCan-doは大きく2種類
CEFRCan-do(493のCan-do)
・活動Can-do
・テクスト
・方略
・能力
JFCan-do(342のCan-do)
・活動Can-do→A1、A2、B1、B2を提供
B1の例
【産出】経験や物語を語る。
CEFR:本や映画の筋を順序だてて話し、それに対する自分の考えを述べることができる。
JF:朝のジョギングなど、自分の健康法について、始めた理由などを簡単に挙げながら、友人に話すことができる。
CEFRとJFの特徴
CEFR:やや抽象的で様々な話題や場面に適用できるもの
JF:話題や場面を特定したもので、具体的なパフォーマンスの記述に近いもの
MyCan-doの紹介
・JFCan-doの一部を書き変える。
・CERFCan-doかJFCan-doを基に作文する。
・条件・話題場面・対象・行動をCan-doに盛り込む。
「Can-do」サイトの利用法紹介

[グループワーク]
MyCan-doを作る。
今の担当授業の教室活動をグループで作る
発表
<二日目終了>
【第五回会議】
2012年6月2日(土)月例会 10:00~16:00
会場:東呉大学(R1012)
出席者:陳淑娟、陳美玲、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、工藤節子、頼美麗、施信余、馮寶珠(輔仁大學)内田桜(秘書)
会議内容:①5つのグループのアンケート調査票内容の確認
② 7月の公開研修会の実施準備
<協議結果>
①アンケートについて
1.必須項目:
性別、年齢(大学生、社会人のみ)、学年、学校名(社会人の場合は最終学歴 国内/国外、第二外国語の場合は何学科か理工商法社)、卒業後何年か。
2.設問内容、設問の並べ方と項目数と選択肢について決める。
3.形式検討後、各組でアンケート作成。紙バージョンに基づき、馮先生にネットバージョンを作成してもらう。
4.高校グループのアンケートは今月初めには期末になるところが多いので、まず完成させ配る。

②7月の公開研修会の申し込の実施準備申し込開始
以下決定版
2012年7月6日、7日全国日語教師研修会

【第六回会議ワークショップ】
全国日本語教師研修会
時間:7月6日、7日 午前9:00~17:00
会場:台北市士林区臨渓路70号 
東呉大学第一教師研究大楼10階 1006教室
参加者:J-GAP Taiwan研究グループメインバーを含む会42名
大学院生    10名
高校の教師    2名
日本語学校    4名
大学教師(常勤) 21名
大学教師(非常勤)5名

タイトル:「Can-doを重視した発話能力を伸ばす教材作成法・指導法」
講師:嶋田和子 先生
内容:講師からのメッセージ:
教育現場では、Can-doを重視した指導の重要性が叫ばれ、そのための教材開発と具体的な指導法が求められています。それはCan-doを重視することで、学習者の発話能力を伸ばし、いきいきとした授業展開ができるからなのである。ワークショップでは、Can-doを重視した教科書『できる日本語』のコンセプトを説明し、具体的な事例を挙げながら、一緒に教育実践について考えていきます。実は、教材の作成と選択は教師次第です。仲間との「対話」を通して、教育実践を振り返り、明日のより良い授業展開をめざします。
「教師が変われば、学習者も変わる!」をモットーに、教師力アップを目指します。この研修では、OPI(Oral Proficiency Interview:口頭能力インタビュー試験)をも紹介しながら、学習者の評価の仕方や、質問力などについても学びます。

1コマ目 日頃の授業の振り返り:
・日本語能力試験の点数は高いのに、話せない学習者が多くて・・・
・授業で話そうとしない学習者にどう対応したらいいのだろう?・・・
・Can-doの大切さは分かったけれど、それを教育実践にどういかしていけばいいのだろう?・・・
の疑問に対して、ワークを行い、同僚性、協働性の欠如への気つき。

2コマ目 Can-doをよく理解するために、OPIを教材作成・指導に活かすー:
・OPI理論の大枠を学び、実際のインタービューを皆で評価してみた。
・「初級」「中級」「上級」「超級」の運用能力レベルの判定基準―総合的タスクと機能、場面/話題、正確さ、テキスト型のそれぞれのレベルで、安定した基準を確認する。
・それぞれのレベルの話者の特徴を聞き、階層的配列を確認する。
・OPI実施テープを聴き、「導入部」「レベルチェック→突き上げ(反復過程)」「ロールプレイ」「終結部」という4つの段階を踏むことの確認。

3コマ目 Can-doを重視した教材開発の意義:
・「文型ありき」から「行動目標ありき」へ
・実際の場面で、1.あそこに佐藤さんがいます。
2.机の上に写真があります。
3.家族はニューヨークにいます。
4.東京ディズニーランドは千葉県にあります。
のような文型を使うのは、どんな状況の時かを確かめあう。
→ 必然性のない文型の羅列に気づく。
・実際の場面で「比較」を使うのは、どんな状況の時か、話し合う。
→ 行動目標があるための教材づくりの大切さ

4コマ目 Can-doを重視した『できる日本語』を使って(1)―レベルを超えたスパイラルの展開:
・『できる日本語』タイトル&行動目標:初級、初中級、中級の1課テーマは同じ「出会い」に基づいて展開する。初は「はじめまして」で、初中は「新しい一歩」で、中は「新たな出会い」からなる。つまり、レベルを超えたスパイラル展開で設計された。
・ワーク:レベル内のスパイラル展開例
・ワーク:レベルを超えたスパイラル展開にチャレンジ
・ワーク:話題のスパイラル展開にチャレンジ
・『できる日本語』の特徴
教育理念:伝え合う力/語り合う日本語/自己表現のための日本語を養うことが重要である。
特徴①:各課に行動目標が能力記述文(Can-do-statement)で明記されている。
②各課にスモールトピックごとに「Can-do-statement」で明記されている。
③タスク先行型スタイル:何かの目標を達成するための日本語力を養う。
④場面・トピックシラバスと文法シラバスとの融合を図る。
⑤「固まりで話すこと」を初級スタート時から大切にされている

5コマ目 Can-doを重視した『できる日本語』を使って(2)―語彙力・文法力の新たな指導法:
・語彙知識は個人的なもので、「わたしのことばノート」「わたしの文法ノート」を使おう
・学習者ペアーワークで語彙をグルーピング。なぜそう分けるか話してみよう。たとえば、複数の絵カードを見て「旅行で大切なものグループ」「電車の中で迷惑なものグループ」「危ないものグループ」を考える。複数の形容詞を見て「プラスになるグループ」「マイナスになるグループ」を分けさせ、なぜ、そう分けるか話してみよう。
・漢字語彙の学び方、増やし方。
・動作の絵を見て、動詞を書こう。
・町の地図を見て街角にあるものを一緒にに覚えよう。

6コマ目 中級・上級レベルにおける指導の留意点―「対話力」アップを目指して:
・対話の定義(嶋田)=異なる価値観の人とのやり取りの中で「意味の共有」を図る。総合理解が大きな特徴。聞き手と話手双方に対して、他者理解と同時に自己理解を図り、新たな価値観の創造を目指す。
・日本語教育で「対話力」をどこまで意識して、その涵養に目を向けているか。
・異なる価値観を持つ学習者同士の自律的な学びを大切にし、伝え合う/語り合う日本語/響き合う日本語/自己表現の日本語/考える日本語を忘れないようにすべきである。
・対話力の基礎となるものとして、相手の話を聴くちから、質問する力、コメントする力、簡潔・明解に表現する力、論拠を挙げて分かりやすく話す力などさまざまな力が挙げられる。つまり、「対話力」を身につけるには、「何が、どのようにできるか」というプロフィシェンシーを重視すした教育が重要である。

7コマ目 教師に求められる授業力:発話能力を伸ばす授業ができる教師をめざして:【24の自己チェックポイント】
学習目標の:①プロフィシェンシーを重視した学習項目を設定しているか
設定 ②学習目標を明確に打ち出し指示しているか
③学習目標を学習者に分かりやすく示し、的確に伝えているか

学習目標の:④学習目標に合ったシラバス・カリキュラムで実践しているか
実現 ⑤学習者の個性・能力差などに配慮した教育を実践しているか
⑥プロフィシェンシーを重視した授業展開になっているか
実践と評価:⑦学習者に合った適切な評価を行っているか
⑧フィードバックが効果的に行われているか
⑨学習・教授・評価が関連性を持っているか
教材の選択:⑩適切に教材を選択し、使用しているか
と開発   ⑪必要に応じて教材開発を行っているか
⑫学習目標に合った教材を作成しているか
教師の発話:⑬教師の発話を抑え、学習者が話せる状況を作っているか
⑭質問の型・内容を意識し、有意味な質問をしているか
⑮タスク性を十分に考えているか
学習者との:⑯学習者主体の授業をしているか
関わり ⑰学習者に対して臨機応変に柔軟な対応をしているか
⑱授業において学習者が十分に伝え合い、自己表現できているか
他の教師と:⑲教師間での協働性・同僚性を重視しているかの関わり ⑳ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を十分に行っているか
21「学び合う」という関係が築かれているか
自己開発 :22教育実践や自己を振り返る時間を積極的に取っているか
23日本語教育について学び続けているか
24日本語教育以外にも目を向けているか  

【なぜOPIで授業力アップに役立つか】
①評価する力―学習者の力を総合的に評価する
②縦軸で考える力―全体の中でどの位置にあるのか分かる
③「突き上げる力」=「i+1」でギアチェンジすることができる
④質問力―学習者の発話を引き出す質問ができる
⑤傾聴と共感力―カウンセリング・マインドが身に付く
⑥自己教育力―内省によって実践力が養われる

8コマ目 まとめ&質疑応答
【質問】
・OPIによる縦断研究を行いたいが、ご存知の文献を教えてください。
・語彙力をCan-doの概念でどう位置づけられますか。
・教科書にアクセントはどうして付けないのですか。
・台湾では直接ではなく、間接法で教えるのが普通で、『できる日本語』を間接法で扱うとしたら、注意点はあるのでしょうか。
・「野球のルール、サッカーのルール」を質問する例で、日本語力の問題か、知識の問題か、どう判断したらいいか。
【感想】
・共通に基準を判断する学び合う会でよかった。
・基準を判断する際、「上から見ること」のコツが分かった。
・アクション・リサーチで質問力アップの研究ができると考えた。
・教師の「待つ」姿勢外貨に大切か分かった。
・できる子に挫折を味わわせながら、力を伸ばす聞き方の実例、その力も教師に求められる。
・学生の成長記録として音声を残し、その都度本人にも聞かせ、成長を実感してもらいたい。
・台湾の教育機関でCan-doをすすめていくには困難が多いと感じた。まずは自分自身から変わっていくことが大事だと思います。
・ずっと『みんなの日本語』システムを受けて、教えてきました。2年で4冊勉強してきた子が、日本人に出会うと全然話せない、自己紹介さえもできないと良く学習者に言われました。今回の研修で私はちょっと変わりました。今後、学習者もきっと変わると信じています。
・今回の参加者は大学の先生、高校の先生、院生、補習班の先生など様々な職場の先生が一緒にワークに参加できてよかったです。こんな機会今後も望まれます。輪をもっと広げたら、いいなあと思います。


【第七回】
場所:台湾台北東呉大学
講師:沈淑芬(銘轉大學)、馮寶珠(輔仁大學)
出席者:陳淑娟、陳美玲、黄英哲、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、陳文瑤、工藤節子、頼美麗、施信余、上条純恵、陳美玲、内田さくら (秘書)
活動内容
10:00~ 各グループ結果発表&問題点の検討

①高校グループ

②第二外国語

③日本語学科

④社会人

⑤大学院生

・アンケート形式について(日本に行ったことないのに、間違って回答してしまった)
・アンケートの質問の内容が他のグループと少し違うとき分析のとき問題があるのでは。
・台湾籍ではない学生の回答の扱いについて
・すでに集めたデータは、卒業から5年以内の学生のみ。
→大学卒業してすぐに仕事で使う日本語がわかるので、問題ないのでは。むしろ30代以上の人たちでは、大学の日本語教育で受けたとは限らないので。まずは、若い人たちでデータを集めて傾向を見てから、30代以上の人たちに聞いてみたらいいのでは。
・頻度を項目に入れたほうがいいのでは。等々。

統計について

①各グループで統計の書式をそろえる必要がない。
②統計のソフトは揃える必要がある。

13:20~統計についての勉強会(沈淑芬先生)

今後の予定 2013年3月口頭発表


【第八回会議】

2012年10月14日(日)
会場:東呉大学
出席者:陳淑娟、陳美玲、工藤節子、頼美麗、施信余、馮寶珠、鈺涵、内田さくら (秘書)

10:00~12:00
陳先生
Can-doに基づく授業のデザイン-逆向き設計の具体的方法と実例-
Step1:「全体的な尺度」を参考に最終的な到達目標を決める。
Step2:授業で扱うコミュニケーション言語活動を検討する。具体的なパフォーマンス課題にする。(P課題)
Step3:P課題に含まれるA2レベルの特徴(方略・言語構造能力・語用能力など)を考える。評価ではこれらを評価対象にする。
Step4:授業期間に収まるように配分する。
Step5:P課題1回分の授業の流れを考える。
5つのステップを踏んで授業を設計することで、到達目標・評価・授業の間に一貫性を持たせることができる。
Outcomes-based Instruction
・学習者中心の言語教育
・授業の結果の最終成果を具体的に示す
・学習者がどのレベルの能力を持っているかを示す
・最終成果を示すために何を習得しなければならないか分かるようにする。
・最終成果を示すためにどのような概念、テーマ(トピック)、課題を理解していないといけないかが分かるようにする
Outcomes
Objectivesを達成するための具体的なクラス活動
・Objectivesを達成したどうかを調べるための具体的な評価活動。測定可能でなければならない。
Can-doの特色:目標の具体化
①クラス全体のGoals(目標)の決定
②Objectives(言語活動項目or「カテゴリー」を考える。
③Outcomes(P課題パフォーマンスor「活動Can-do=条件+会話・場面+対象+行動」を考える。
13:30~15:00
各先生方のCan-doを使った授業デザイン考案を報告。
上条先生:第二外国語のクラスでの授業案
→評価をどうするかが問題。また今の現状として、教科書があった方が教師&学生が安心する。
工藤先生:2年生の会話授業
「経験を話す活動(A2~B1レベル)の評価基準の確立に向けて」
→学生たちの達成の度合を見ながら、基準をどう整備していくかを考える必要がある。
陳美玲先生:1年生の聴解授業の実践案
身の回りのことが聞き取れる。5つのタスク:相手のこと、簡単な料理の注文、買い物、予約、休日の予定
→台湾ではあまり使われない内容かもしれない。日本語検定の内容を対象としてもいいのでは。それか、実際学生たちが使うツール(ニコニコ動画)も使っても参考にしてみるとか。
ストラテジーについて、CEFRの内容を参考にして、聴解のストラテジーを教えてもいいのでは。
頼先生:1年生の日本語会話授業
→初級の場合は、ある文型を使って「~ができる」という目標設定が良いのでは。
施先生:日本語会話(一)
課題:学校で教材、進度を指定されている。
目標:学科の目標と同時に日常生活で使う日本語をCan-doを使って教える。応用会話の部分で、話すときのストラテジーなどを教えたい。

今後の予定

来年の4月よりCan-doを用いた実践の報告会を開催し、多くの日本語教師たちにCan-doの存在を知ってもらい、実践してもらう。

内容:聴解・読解・会話・作文・第二外国語・高校でのCan-doを用いた実践を報告。
日時:2013年4月(7.8月以外)から12月まで毎月第2週の土曜日(予定)

※次回の会議では、発表の順番を決定する

【第九回の活動記録】
2012年11月4日(日)
会場:東呉大学
講師:陳淑娟先生
タイトル:「如何利用Can-do設計日語課程」(中国語)
参加者:40名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生、学部生、高校教育実習生)
時間
内容
10:00~
グループワーク
1、担当するクラスの学生が1年後、どのくらいのレベルに達しているか
2、その学生たちが卒業時、どのくらいのレベルに達しているか
10;30~
発表
高校、大学(観光日本語、聴解、会話などのクラス)
・大学(聴解):ニュースが聞き取れる。案内放送、電話が聞き取れる。
・大学(1年初級会話):①簡単な日常会話②日本語で討論できる。
・大学(初級会話):①形容詞、自己紹介②N1取得。会話ができる。
・大学:①あいづちができる。聞き返しができる。日本に行った時最低限の日常会話ができる。
・大学(会話1年):①簡単な会話ができる。②N2がとれる。興味のあることについて、日本語で話すことができる。
11:00~
CEFRの紹介と台湾の外国語教育のシステムとの関連
11:15~
JFスタンダートの紹介
11:45~
Can-doサイトの使い方説明
(ノートブックを使い操作させる)
12:30
昼食休憩
13:30
Can-doを使った授業設計の仕方・実践例の紹介①
実例1)JF日本語教育スタンダードに基づく日本語学科「会話(三)」の授業設計
陳淑娟作成
1.【Can-doの特色】:目標の具体化
①クラス全体のGoals(目標)の決定
②Objectives(言語活動項目or「カテゴリー」)を考える
③Outcomes(P課題パフォーマンスor「活動Can-do=条件+会話・場面+対象+行動」)を考える
押尾(2012)の提示に基づいて、具体的に以下のステップの流れでデザインする。
<ステップ1>
日本語学科の会話コース
コース人数:25人
一学期:16週
毎週:2時間
全体的な尺度:B1にする
クラス全体のGoalsは
  1. 会社で「業務」を担当する場合、商品についてプレゼンテーションによる説明ができる。
  2. 日本語のガイドとして、台湾の有名な観光スポットについて事前準備しておけば、説明・案内ができる。
  3. 日本人と会議や打ち合わせで、人の意見を聞きながら自分の考え、主張を述べることができる。
<ステップ2>具体的言語活動
【フォーマルな場面で議論する】【講演やプレゼンテーションをする】
具体的なパフォーマンス
1.セールスのための商品の説明。たとえば、化粧品
2. セールスのための商品の説明。たとえば、3Cの商品
3. セールスのための商品の説明。たとえば、健康食品
4.台湾のスポットの紹介。台北101
5. 台湾の観光地の紹介。九份
6. 台湾の観光地の紹介。宜蘭 花蓮
7.宗教と文化の紹介
8.会議場面の発言と討論
9. 会議場面の発言と討論
10. 会議場面の発言と討論
<ステップ3>
モデル会話文作成
会話文1(略)、会話文2(略)、会話文3(略)
<ステップ4>一学期16週のスケジュール表
<ステップ5>P1回分の授業の流れを考える
10:10 ウオーミングアップ(これまで台湾のどこをもっとも外国人に紹介したかったか(二つ選んでペアーで話し合い)。なぜか。何時行ったか。どうだったか。
10:30 ・外国人に人気のある観光地トップ10(クイズ)
・日本人に人気のある観光地トップ10(クイズ)
10:40 ・10箇所の観光地を選んでもらい、その特色、交通、四季、この授業で学ぶ
・2人で一つを決め、紹介内容とプレゼンテーションの準備
11:10 ・案内の会話文を勉強する。
11:30 ・友人を観光地に案内する
案内者として、留意すること(インフォーマル)。
ガイドとしてのマナー。(フォーマル)
11:40 ・ロールプレー
(実例2)福永浩二(東呉大学M2)による補習班のビジネス日本語クラスの紹介
(実例3)陳淑娟による「楽齢大学」のクラスのデザイン
14:40
休憩
15:15
Can-doを使った授業設計の仕方・実践例の紹介②
16:10
グループワーク
・今自分が受け持っている授業をCan-doを使って授業を設計する。
16:50
アンケート
17:00
閉会
DSCF8143.JPG
第9回ワークショップのポスター

台湾日語教育会2012年度大会の二日目
【第10回特別ワークショップ】
主題:日本語能力を如何に評価するか
講師:當作靖彦(University of California, Sandiego)
日期:2012年12月2日(日) 8:30~17:00
場所:静宜大学
賛助:日本国際交流基金会
目的:ルーブリック作成を通して、評価基準を共有する
参加者:50人(大学の教師が主で、高校の教師も参加)

9001040 評価の基本概念
・評価の重要性…
①目標をはっきりと設定した教育→より高い目標を立て、それを達成→質の高い教育
②教育目標を達成したかどうかを確認する必要性→測定できる結果→説明責任
③目標を達成することを助ける必要性

・なぜテストをするのか
教育機関によってさまざまな理由がある。一番大切なことは、テストのポジティブな部分を見て、学生が勉強しやすくなるためのもの、そしてモチベーションを保つのを助けるためのものであるべき

・言語教育における評価
① 具体的ゴールがあるならば、ゴールを達成したかどうかを評価すべき
②ゴールと評価はミラーイメージにあるもの
③教育はゴールを達成するようにデザイン、実施される
④評価は教育の内容を反映したもの

学習目標=評価項目
・評価のリテラシー
評価の最大目標は、学生が学習目標を達成したかどうかの「証拠」を集めること。
教師は自分の得たい証拠を集められるようにテストをデザインし、実施する。
そのためには…教師が評価をテストの基本概念を理解していることが重要。

・テストに対する考え方
[ペアワーク]1~11の項目に賛成か、反対か、またそれはなぜかをペアで話し合う。
<全体で意見をシェア>
1「テストの一番の目的は成績をつけることである」…反対-
2「テストでよい成績が取れることを目的に教えるべきではない」…中立-
3「生徒はテストがあるから勉強する」…反対-
意見:「多くの学生がそうかもしれないが、そうでもない学生もいるので、そのような学生がいることも無視できない」
4「テストをする時間は学習する貴重な時間を奪う」…反対-
當作先生:「表面的にはテストに見えないけれど、授業内で行っている内容を評価の対象に入れればテストをする時間が省くことができる」
5「口頭試験は時間がかかるから避けるべきである」…反対-
意見:「会話のクラスなら、口頭試験をすべき」
當作先生:「ゴールと評価が一致すべきなのだから、会話のクラスでは口頭試験をしなければならない。人数が多くても、TAの協力で不可能だとは言えないないはず」
6「テストにはクラスで教えたことしか出してはいけない」
當作先生:「教えたこと=テストに出ること」というより、「テストに出ること(学習目標)=教えたこと」になるべき。そのために、学生には教師が何を評価するのかをオープンにし、それに向かって学生が努力する体制を作る」
7「多項選択肢式テストはよいテストではないから、避けるべきである」…反対-
意見:「何のテストかによって異なる」
當作先生:「多項選択式のテストも必要な場合がある。しかし、いい多項選択式の試験を作るのは難しい」
8「テストでは、生徒は辞書やノートの使用を許可されるべきではない」…反対-
意見:「テストの種類による」
9「一番いいテストとは結果がベル・カーブで出てくるものである」…反対-
當作先生:「一般的にいいテストの結果はベルカーブになるといわれているが、数学などのテストでは受験者数が多ければ多いほどベルカーブになるが、語学のような知識を測るテストではベルカーブにならない」
10「生徒全員が満点を取るテストはいいテストではない」…反対-
當作先生:「機関によっては相対評価にしなければならないという規則があるが、そうでないなら皆がいい結果が出せることはいいことである」
11「習得が起こるまでは、テストをしてはいけない」…反対-
當作先生:「テストがゴールではない。テストが悪くても、それは中間地点なのだから大丈夫。これから伸びていくことを学生に伝えよう」

・カリキュラムと評価
① カリキュラムに基づいた評価ー小テスト、クイズ、中間・期末試験
② オン・デマンドの評価-日本語能力検定試験 など

・成績決定の方法
① 団基準準拠評価:ノーミング・グループ(プレテストの受験者の結果)か先に決めた基準によって決定する。例:中間・期末試験、TOEFL
②目標基準準拠評価:あらかじめ決められた目標、基準に基づいて成績を決める方法
例:日本語能力試験

・何を評価するか
<能力の高さ>
① きまった時間でどのくらい能力向上があったかを測る。語彙・文法テスト、中間・期末テスト→到達度テスト
②現在どのくらい能力があるのかを測る。アメリカ政府外国語試験、日本語能力試験→熟達度テスト
② 内容はカリキュラムの中で扱ったもののみ、テストの方法は熟達度テストで行う。オーラル試験で用いられる。→プロチーブメントテスト
<能力の内容>
② 知識の質・量を測定する。語彙・文法テスト→知識テスト
②言語を運用する能力を測定する。アメリカ政府外国語高等能力試験、ロールプレイを使ったテスト→運用能力テスト
<図る能力の数>
① 一つの言語要素のみを測定する。多項選択式テスト→単純項目テスト
② 一つ以上の言語要素、言語レベルを測定する。口頭試験、作文、自由解答、ロールプレイを用いたテスト→全体的能力評価
<測るスキルの数>
①テストに答えるのに一つのスキルを必要とする。→単一スキル評価
②テストに答えるのに複数のスキルを必要とする。→複合スキル評価
例:「ホームステイ先でお母さんにかかってきた電話を取り(聞く)、伝言をメモし(書く)、お母さんにそのメモを見ながら(読む)説明しなさい(話す)。」

何を測るのかに忠実に則したテストを用いなければならない。そのため、聞き取りの試験なのにもかかわらず、問題を日本語で書いてしまったのでは、本当に聞き取りの力を測れたのか分からないし、学生に対しても公平でない。
<測定対象を直接測定しているか>
② 一定の対象となる能力を直接測定する。書く能力を作文で測るなど。→直接的評価
③ 一定の対象となる能力の根底にある能力を測定する。書く力があるかを図るための文法テスト。→間接的評価
<採点の客観性>
①客観的評価:採点において主観があまり入らない、信頼性の高い評価。
例)多項選択式テスト、○×テスト
②主観的評価:採点の際に採点者の主観的判断が入る。
例)口頭試験、ルーブリック、作文
どのようなテストでも客観的評価がいいというわけではないため、測りたい能力によって使い分けることが大切。

11:0012:30 評価の根本的概念
・評価の仕方
① 要素分解(分析)評点:要素分解評価ルーブリック
③ 全体的評点表:アメリカ政府外国語能力試験
④ 数値評価:100点満点のテスト
④加重化:評価の際に重要な要素に重みを加えること。先生の教え方によって異なる、強調したいところをより評価できる。

<個人を評価するかどうか>
①個人評価:学習者個人個人を評価する
②集団評価:学習者のグループ全体を評価する
<誰が評価するか>
①自己評価
②学習者同士の評価:例)10点を4人で分けて学生同士で評価しあう。しかし、客観的な評価をさせにくい。
④ 教師による評価
⑤ 外部評価:クラスに関係しなかった外部の人による評価

・練習効果とは…何度も同じ形式のテストをやっていると慣れていい点数が取れるようになること。テストによって学習効果は異なるが、慣れることで実際の能力以上の結果が出て、実際の能力を測れなくなることがある。

・波及効果とは…よいテストはよい教育者、学習者を作り、学習効果をあげるという仮説。

・評価のパラダイム・シフト:伝統的評価から代替的評価へ。
「成績をつける、振り分ける」から「学習を助ける、能力を引き出す」ための評価へ
①目的により、伝統的評価と代替的評価を使い分ける必要がある。
② 2つのタイプの評価をうまく組み合わせて、適切な評価をし、学習効果をあげる必要がある。

[グループワーク]口頭試験のサンプルを聞いて、4種類のループリックを用いて評価をしてみよう。
結果…同じサンプルでも、評価者によって結果が異なった。また、評価用紙によっても何を重視した評価なのかが違うため、出てくる結果も異なることがわかった。

13:3015:00 ルーブリックの作り方
・台湾人学習者の作文2篇を使い、ペアーで、またグループで、評価表の作成を体験する。まず、一つ目の作文を読んで、ルーブリックの基準を考える。それを使い2つ目の作文を評価する。具体的流れは以下。

①ゴール(学習目標)を設定する。
②ゴールに必要な応力と知識を特定化する。
③その能力と知識を評価するのに一番いい方法を決定する。
前の時間に使った4種類のルーブリックを参考にして、ペアでルーブリックを作成。
*ルーブリックは学生の母語で書き、学期の一番最初に学生に渡す。定期的にそのルーブリックを用いて評価することで、評価が記録となり、成長を見ることができる。ポートフォリオのような役割にもなる。

[ペアでルーブリックを作成しよう]
①作文能力を測るためのルーブリックを作る。
②基準、レベル、標準記述を決める。最低でも3つの評価段階を作ること。
レベルを言葉で表す(よくできました、がんばろう、など)か、数字で表す(5、4、など)かを決める。言葉で表す際はネガティブな表現を使わないようにする。
③ に重要視している部分には加重化を用いて評価するとよい。

*ルーブリックを使い、学生に公表することで学生がテストを怖がらなくなる。さらに、その目標に向けてがんばれるようになる。

15:2017:00 ルーブリックの作り方
[隣のグループとルーブリック表を交換し、評価しあおう]
作成後、隣のグループとルーブリックを交換し合い、評価しあう。その際、褒めるだけでなく批判的な目でも評価し、改善点も指摘する。

[作成後の全体の意見や感想の発表]
・自分たちは評価内容を細かく書きすぎていて、隣のグループのようにシンプルに書いたほうがわかりやすいと思った。
・大まか過ぎたので、もっと詳細部を書いたほうがよかった。
・評価内容に入れ忘れている技能があった。
・評価内容を書くのは難しかった。

當作先生:
・ルーブリックは何度も書いているうちに、作成も簡単にできるようになる。
・評価内容は学生に公表するため、何を評価するのかをわかりやすく、明確に書かなければならない。
*教師がテストに対する態度を変えれば、授業が変わり、学生も変わっていく。

【ポートフォリオ】について
・学生の作文、日記、プロジェクト、写真、ワークの結果、ルーブリック、内省、自己評価などを保存し、教師は成績をつける際に参考にし、学生は自分の成長を目で見て確認することができる。

陳淑娟:台湾の大学では「学習成果」が教育の効果として反映するものとされ、それを評価の大切さが叫ばれている。また、ポートフォーリオは将来就職するためのツールとして「学習護照」と言って、最近、実施する大学が増えている。しかし、なぜ、こうしなければならないか、すじの通る首尾一貫の論理性、有用性を教師に理解させる機会がないため、半端の知識しか持たず、疲れ果てで途中で終わることが多い。今日の話を伺い、目からうろこでした。大いに勉強させていただいた當作先生の面白いワークに感謝します。

第11回会議】
2013年1月5日(土)10:00~16:00
場所:東呉大学
出席者:陳淑娟,陳美玲,羅曉勤,許均瑞,黃鈺涵,施信余,馮寶珠,陳姿菁,上条純恵,黃英哲,荒井智子,陳文瑤,陳文敏,工藤節子,賴美麗,長谷川理恵,加藤稔人,内山喜代成,田中綾子,宋書瑀,賈志琳,楊雅鈴

活動内容:
時間
流れ
10:00
10:45
13:30
13:30
16:00
新しく入った先生方の紹介。
陳先生
J-GAPの説明と今までの活動の振り返り、今後の予定など
2013年度の活動について
各大学の中等教育とのアーティキュレーションの状況
高校の第2外国語と
会議終了
台湾における日本語使用場面調査グループごとに討論
終了

<協議結果>
2013年活動内容(仮)


会場
時間
形態
協助単位
講師
3月
東海大学
3日10:00~17:00
ワークショップ
東海
文野峯子先生
東呉大学
23日14:30~?
台湾人日本語使用場面調査発表会
東呉

4月
交流協会台北事務所
日にち未定。
10:00~17:00



5月
東海大学
月末
学会orワークショップ(?)
東海
工藤先生
6月
東呉大学
24~29日
ワークショップ
東呉
當作靖彦先生
9月
未定




10月
稻江OR
東海




11月
文藻大学



美麗先生
12月
東呉大学
年度大会の翌日
ワークショップ


1月
大葉大学
18日
ワークショップ

黃英哲先生,荒井先生,文瑤先生
3月
交通大学
22日か29日
ワークショップ



・3月に予稿集を作成。(本文8ページ(要旨500字含む)。中国語。)締め切り3月15日

・3月23日(20分発表10分質疑応答)
午後から
14:00~①高校②第2外国語③日本語学科④日本語学科⑤大学院⑥社会人

・4月27日について
場所:交流協会台北事務所(予定)
タイトル:高校日本語教師と大学日本語教師との対談 司会:黃英哲先生
活動内容
10:00~10:30 J-GAP紹介(陳淑娟先生)
10:30~11:30大学からみた高校とのアーティキュレーション(羅先生)
12:00 意見交換
13:00 高校からみた大学とのアーティキュレーション(宋先生、他3名高校の教師)
14:40意見交換
15:00 休息
15:30 座談會

・6月當作老師 量的統計方法
・12月教育実践の発表

・高校の先生へ参加を促しについて
高校の先生に対してどうやって参加を促すといいのか?
高校の教師間でのグループがあると、情報が伝えやすいのでは?
→台北の高中職だとライバル意識が高い。ワークショップなどはあまり行かない傾向がある。
宋先生:高中職なら全国の学校の窓口 (2月8日)


【第12回】
J-GAPメンバーが、Can-do中心の教育活動を実施し、その後の研究活動に役立てるため、質的研究方法のワークショップでインタビュー方法を学ぶ必要があり、東海大学と共催で一日研修会を行いました。
2013年3月3日(日曜日) 9時30分~5時
場所 東海大学 (教室HT302遠距多功能教室會議室)
講師 文野峯子先生(人間環境大学)
参加者数 名45名
テーマ 「研究方法としてのインタビューを考える-二種類のデータ収集から見えてくるもの-」

10:00-10:30 PAC分析WS part1
実際にPAC分析を体験。
「あなたにとって日本語教師の成長に必要なモノ・コトとは?」個人で分析。
10:30-10:50 休憩
10:50-11:30 PAC分析WS part2
デンドログラムのデータをもとにし、インタビュー。
11:30-12:00 PAC分析から見えること
12:00-13:00 昼
13:00-13:30 ペアで半構造化インタビュー 体験。

1.教師の仕事をして何年?
2.どういうところで教えてきたか?
3.どうして教師になったか。きっかけは?
4.教師としての生活に満足か。どうしてか?
5.今日のインタビューの目的は、教師の成長に必要なモノ、コトをお聞きすることです が、○○さんのこれまでの経験を通して自分の成長に繋がったなと思うようなことはありますか。数の制限がありません。可能な限りお話いただいてかまいまん。
6.教師が成長する上で必要な<モノ><コト>は 何だと思いますか。

13:30-14:00 半構造化インタビューから見えること
14:00-15:00 2つのインタビュー特徴と研究課題
PAC分析と半構造化インタビューを体験し、気づいたこと・思ったことをグループで話し合う。
15:00-15:30 休憩
15:30-16:30 成果をポスター発表
16:30-17:00 振り返り


【第13J-GAP Taiwan 活動記録】台湾日語教育学会春季大会

時間:2013年3月23日(土)10:00~16:00場所:東呉大学 第一教研究大楼 3階大教室
参加者:85人(大学の日本語教師、院生、中等教育の日本語教師)
J-GAPメインバー出席者:陳淑娟,羅曉勤,許均瑞,黃鈺涵,施信余,馮寶珠,上条純恵,黃英哲,荒井智子,陳文敏,工藤節子,賴美麗,宋書瑀,賈志琳,内田さくら

台湾日語教育学会 日語教学研究発表会発表

趣旨:2012年計画したJ-GAPTaiwan 研究チームの課題の1つである「台湾における日本語学習者の日本語使用場面調査」の結果を公開した。「高校生グループ」「日本語専攻の大学生グループ」「第二外国語の大学生グループ」「大学院生グループ」「卒業生のグループ」の5グループに分けて行わった結果を台湾日本語教育学会の春季大会「日語教学実践発表会」で口頭発表を行った。

結果を台湾全土の日本語教師のシラバス・デザイン、クラス経営に役立てるために、発表の使用言語を中国語にした。タイトルと登壇発表者は以下の通り。

1.「大学院生グループ」
タイトル:「高階日語學習者如何運用日語為工具-以日語接觸場面為中心-」
大学院生を対象とした日本語使用調査の結果発表
発表者:許均瑞・黃鈺涵

2.「高校生グループ」
タイトル:「高中生日語文使用狀況之調研究」
高校と高職生を対象とした日本語使用調査の結果発表
発表者:陳淑娟・馮寶珠・工藤節子・宋書瑀・賈志琳

3. 「日本語専攻の大学生グループ」
タイトル:「台灣日語使用者的使用場面之探討-以主修日語之大學生為對象-」
大学日本語学科の学生を対象とした日本語使用調査の結果発表
発表者:荒井智子・賴美麗・施信余

4. 「第二外国語の大学生グループ」
タイトル:「台灣日語學習者之日語使用調-第二外語的現況-」
第二外国語として日本語を学ぶ学生を対象とした日本語使用調査の結果発表
発表者:陳姿菁・陳文瑤・上條純惠

5. 「卒業生のグループ」
タイトル:「台湾実業界の日本語使用場面に関する基礎調査」
日本語学科卒業生を対象とした日本語使用調査の結果発表
発表者:黃英哲・陳美玲・羅曉勤・陳文敏

(2) 会議

議題:427日(土曜日)の例会のスケジュール

会議結果:

4月27日(土)のタイトルは「大学の日本語教師と中等教育の日本語教師の対話」で、座談会形式で進行する。アーティキュレーションを図るためにこれまでの「高校で日本語単位予備修得」システムに参加した大学側の学科主任と高校側の教師にスピーチを依頼する。より多くの高校の先生が参加するように宣伝し、呼びかける。

場所:交流協会台北事務所2階日本語センター

タイトル:高校日本語教師と大学日本語教師との対話

司会:黄英哲先生

13:00-13:30J-GAP紹介(陳淑娟先生)

13:30-14:00 大学からみた高校とのアーティキュレーションの現状と問題点(羅曉勤先生)

14:00-14:30  意見交換 (黄英哲先生)

14:30-15:00 高校からみた大学とのアーティキュレーションの現状と問題点(宋書瑀先生、,賈志琳先生他)

15:00-15:30  意見交換(黄英哲先生)

15:30-15:50 休憩

15:50-16:50 先修班(AP班)実施の現状と問題点-

大学側(淡江大学日本語学科主任彭春陽先生と孫寅華先生)

高校側(惠文高中、台中女中日本語教師 李金娟先生

16:50-17:00 今後の展望とJ-GAPができること(陳淑娟先生)

427日(土曜日)の例会
タイトル:高校の日本語教師と大学の日本語教師のフォーラム
趣旨:高校から見た大学とのアーティキュレーション及び大学から見た高校とのアーティキ
ュレーションを主題とする対話、「単位専修班」の実施を含む意見交換

4月27日(土)のタイトルは「大学の日本語教師と中等教育の日本語教師の対話」で、座談会形式で進行する。アーティキュ
レーションを図るためにこれまでの「高校で日本語単位予備修得」システムに参加した大学側の学科主任と高校側の教
師にスピーチを依頼する。意見交換会である。


【活動記録】
J-GAP  Taiwan第14回月例会
「高校日本語教師と大学日本語教師のフォーラム」

時間:2013年4月27日午後1時~午後5時
場所:交流協会台北事務所2階日本語センター
司会:黃英哲(台中科技大学)【以下敬称略】
講師:陳淑娟(東)、羅曉勤(銘傳)、彭春陽(淡江)、孫寅華(淡江)、宋書瑀
(稻江護家)、賈志琳(豐原高中)李金娟(惠文高中、台中女中)
J-GAP出席者:陳淑娟 羅曉勤 黃英哲 許均瑞 陳美玲 長谷川理恵 
賈志琳 黃鈺涵 馮寶珠 陳姿菁 施信余 陳文瑤 荒井智子 宋書瑀上條純恵 内田さくら
参加者:50名(大学と高校半々)


時間
内容
13:00~13:35
J-GAPの紹介(陳淑娟
・J-GAPの紹介
・日本語学習者大国といわれる台湾にいる日本語教師たちが学習者のために何を準備したか、何を準備して来なかったか。
・高校の先生と大学の先生が一対一で「アーティキュレーション」について意見交換
13:35~14:00
大学からみた高校とのアーティキュレーションの現状と問題点(羅曉勤)
・インタビュー調査を通して得られた中等・高等教育機関間での垂直的接続関係に関する問題点。
・問題①レベル分けが行政面で困難②日本語既習者が無視されがち③同一機関内での授業の縦と横の連携が困難
・今後の発展
① 中等・高等両教育機関のアーティキュレーションの強化・具体策が必要。
② 高等教育機関で実施可能な策
・授業前の能力の事前評価
・各科目の学習効果の基準とその設定
・教師間の対話時間を設ける。
14:00~14:30
意見交換会(司会黄英哲)
・各大学が推薦入学時に日本語能力試験の級数を取得した学生に対し特典があるとすると、高校(職)側は日本語能力試験でレベル・アップする方針と目標とするのが当然である。
・よく高校も大学も同じ教科書を使っているけれど、年齢と環境が違うとなると、学べるものも異なる。
・高校で既習した者が大学1年、2年の時勉強意欲を失い、3年、4年になり勉強しだした人が多い。
14:30~15:00
高校からみた大学とのアーティキュレーションの現状と問題点
・稲江護家高職応用日本語学科の事例紹介(宋書瑀)
・豊原高校第二外国語における日本語教育での事例紹介(賈志琳)
15:00~15:30
休憩
15:30~16:00
意見交換会(司会黄英哲)
16:00
先修班(AP班)実施の現状と問題点
【大学側】
淡江大学の事例紹介(孫寅華・彭春陽)
・実施概要
・AP班(注:大学の先生が高校で第二外国語を教え、履修した生徒が大学に合格すると4単位が免除される制度。その高校でのクラスがAP班である)で使用する自作教材の紹介
・通常土曜日の午前4時間授業を行う。教師各自評価を行う。
・SFLPT-Basic(外語能力試験)のA1,A2試験を受けるように薦める。
・今秋からフィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア―など東南アジア言語を導入するため、学習者数の最も多い日本語コースへの補助がカットされる。これで、大きな影響が出ると予測される。
・AP班の問題点:高校では「総合的」日本語であるが、大学側では4技能別の授業もあり、第二外国語の授業もある。免除される科目が各大学側の認定がまちまち。
・受け側の大学で、1年で止めるのもある。
・『みんなの日本語』を使っているが、教材開発が最も大切。
【高校側】
台中女子高校と恵文高校の事例紹介(李金娟先生)
・台中のAP班の紹介と問題点
・学生へのインタビュー結果の紹介
・大学へ進学するルートが多元化されているため、高校側はその準備に備えてAP班を開く方針はあるが、制度は安定しているとは言えない。
・土曜日の授業で、交通の便より学生が集まらない問題がある。
17:00~
17:30
今後の展望とJ-GAPができること(陳淑娟)
【振り返り、参加者からの意見】
・大変有意義な活動で、勉強になった。
・Can-doの全体図と具体的実践方法をもっと知りたい。
・違う学校、段階の先生たちと対話でき嬉しい。しかし時間が短いのが難点。
・「有名な先生の授業ビデオ」があれば、参考させてもらえる。
・大学の兼任教師が高校にも勤めているのが多い。「アーティキュレーション」を考える際、アイディアが豊富。
・高校教師間の横の連携を主題とする座談会も開いてほしい。
・こういった活動は1回で終わらないで、「縦」「横」とも大切だから今後も是非続けてほしい。
・今後は連続フォーラムとして行なってほしい。小さな主題にしぼり、例えば「行政面の連携」「課程の連携」「教材の連携」「評価の連携」のように進めたらもっと効果がでると。
・大学が少子化で経営困難になっている。学習意欲の低い学生のクラス経営に対してどうすればいいか途方に暮れる。
・こういった対話は今日が出発点であり、終点ではないように続けてほしい。台北だけではなく、中、南、東部(離島も)も開かれるとありがたい。今後、同区域間の交流、学校対学校の交流。J-GAPは各地の先生で「勉強会」を開くのが可能でしょうか。
・「高校と大学」だけではなく、「五年制専科学校」も少なくないので是非入れてほしい。
・今日の話で高校の先生の教材の運用から示唆を得られた。
・台湾では連携できる教材があれば「アーティキュレーション」の問題も一部解決できる。
・今日時間が足りないのが惜しい。
2013年5月25日【活動記録】J-GAP TAIWAN第15回月例会記録 in東海大學
主題:「<繋がりをつくる言語教育>」

日 期:2013年5月25日(星期六)10:00~16:00(09:30起報到)
場 所:東海大學日文系遠距多功能教室暨會議室(HT302)
主辦單位:東海大學日本語言文化學系
10:00~10:25講演 陳淑娟(東吳大學教授)

題目:日本語の教授内容と実際運用のギャップ―J-GAP TAIWAN のワーキンググループ 陳淑娟が台湾の中等教育における学習要領の「日本語」と「欧州言語」の比較表から「文型シラバス」と「Can-doシラバス」の相違が浮彫りしていると指摘し、日本語教育内容を改善する契機が来ていると述べ、現在J-GAP TAIWANのワーキンググループを紹介し、教師が自分の授業管理からスタートされ,一機構へ影響し、また一区域へと広がるようにと呼びかけた。
13:45~14:00 発表 加藤稔人(中華大學助理教授)
題目:コース間の連携とコース内の連携―実用的で効率的な日本語コースの台湾での普及を目指して―
加藤先生が、中華大学で実施している実践例を述べられた。まず台湾の日本語教育の問題点を上げ、それぞれの原因を探る。教師の役割は学習者のニーズ、目的に合った到達目標を設定から、如何に最短コースで誘導してやること、如何に効率よく達成するかとか、実際場面に即した会話練習の重要性など主張した。コーディネーターを務められ、コース間とコース内での到達目標を共有するように努力されその実際を述べられた。最後に台湾で日本語をコミュニケーションの道具として教える時代が到来したが、パラダイムシフトは何時になるかと期待を表し課題を皆に投げた。
14:00~14:15発表 工藤節子(東海大学助理教授)
題目:縦の連携に向けた目標と評価のデザインー2年生の話す活動(A2~B1)


工藤先生が今回東海大学で「<繋がり>をつくる言語教育」のシンポジウムを機関内で企画し、開催を実現させる方である。大学内でCEFR やJF日本語教育スタンダードの枠組みを参照し、実情に合わせカリキュラムを整備していくように工夫を凝らしている。大学4年間の到達目標をB2-1と設定し、この発表では2年生のコーディネーターであるため、2年生の話す・聞く活動に焦点を当て、目標と評価のデザインについて述べられた。目標をA2~B1-1にし、各単元の達成目標、教材の目標を「~ができる」と具体化し一々記述さている。2年生レベルで必要となる言語活動をデザインされ、活動例を動画で示された。シラバス3種類にし、それぞれ評価表はルーブリック式のものを学生に提示した。しかし、実際に機関の目標は知識や技能を複合的に捉えるものがあり、CEFR やJF日本語教育スタンダードの枠組みでは参照できない部分がある。独自にレベルを想定し、目標化していく必要がある。また縦の担当者で、調整しなければならない問題が残ると述べられた。(文責:陳淑娟)



J-GAPTAIWAN 16回月例会
主題: <日語教師如何連貫「指導→學習→評量(語言認證)」>



時間:【ワークショップの部】2013年6 月25~27日10:00~17:00
【講演の部】2013年6月28日14:00~16:00
場所:東吳大學(25~27日)東海大学(28日)
司会:陳美玲先生(1日目)陳姿菁(2日目)黃鈺涵(3日目)
講師:當作靖彦先生(カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授)
出席者:陳淑娟、馮寶珠、内山喜代成、陳姿菁、長谷川理恵、黃鈺涵、郭毓芳、加藤稔人、賴美麗、上條純恵、施信余、陳美玲、工藤節子、荒井智子、陳文敏、陳文瑤、内田さくら
参加者数:60名

625日(火)
テーマ:カリキュラムのバックワードデザインと効果的なシラバスのデザイン
(1)イントロダクション
〈言語教育の現状〉
「教科書をきちんと教えているのに、学生が実際場面で日本語を使えない。」
「同じ教科書で同じだけ教えているのに、あの先生の学生のほうができる。」などなど。

〈目標を立てることの重要性〉
・目標を立てる。
・目標を明らかにする。→学生に目標を伝える先生は良い。
・目標を達成するようにする。
→目標が「教科書を終わらせる」ではなく、別の目標を立てることで、それなりの教室活動を組むようになる。
・目標を達成したかどうかを調べる。
・目標達成の過程を内省する。

3日間を通しての課題〉
・なぜ教えるのか、なぜ教えているのか。
・台湾の学生に日本語を教える理由とは?
・台湾でなぜ日本語を教えるのか。

(2)〈外国語教育アプローチの変遷〉
・外国語学習のアプローチの歴史
・言語教育のアプローチ(言語理論、言語習得論、学習理論、教育理論、時代が要求する言語教育)
・オーディオ・リンガル・アプローチ
・コミュニカティブ・アプローチ
〈ポストコミュニカティブアプローチ〉
・言語の目的は情報伝達・情報交換にとどまらない
・言語の究極的目的は社会活動
・人間は社会的動物で、社会性を持つ
・コミュニケーションにより、「つながり」をもち、コミュニティーを作り、維持する。
・言語使用して社会貢献する。
→言語教育もつながりが大切

(3)〈真のコミュニケーションとは〉
コミュニケーションの3つのモード
(a)Interpersonal communication(対人的コミュニケーション)
・話す・聞く(会話、面接、ボイスチャット)
・読む・書く(手紙のやりとり、筆談、テキストチャット)
(b)Interpretive Communication(解釈的コミュニケーション)
・聞く(ラジオ、講義、駅の構内放送)
・読む(本、広告、書類)
→学生が個々に違うように解釈しても良いのではないか(アメリカのナショナルスタンダード)
(c)Presentational communication(提示的コミュニケーション)
・話す(ビジネス・プレゼンテーション、講義、昔話を聞かせる)
・書く(レポートを書く、ポスターを作って貼る、広告を書く)

〈真のコミュニケーションとは〉
・状況(いつ、どこで)
・理由(なぜ)
・内容(何を)
・方法(どのように)
・期待される結果(コミュニケーションの結果、何が起きるのか)
・参加者(顕在的、潜在的)

→コミュニケーションを行うために考えることが重要
→教科書に書いてあることで終わってしまってはいけない。

・言語教育の究極的目的はコミュニケーション能力(つながる能力)の獲得
・文法・語彙の獲得が究極的目的ではない
・文法・語彙教育も必要であるが、それ以上の教育が必要
・真のコミュニケーション(つながり)を通してのみ、真のコミュニケーション(つながり)の能力が獲得される。


(4)カリキュラム作成-目標設定からクラス活動まで-
・自分が学んでいいと思ったものを自分の学生にも応用してしまう傾向があるのでは?

1年間のカリキュラム作成〉
何が必要か
-何時間のカリキュラムか?
-どのような学習者を対象としているか
-クラスのサイズは?
-教材は何か?

〈従来のカリキュラム・デザインの一例〉
・教科書がある
・教科書に何章があるかを調べる。
・章の数を時間数で割る
・教科書の内容をもとにレッスン・プランを作る
・レッスン・プランをもとに教える
・教えた内容をもとにテストを作る
・テストを実施
〈問題点〉
・予定通りに教科書を終えたからいい教育か?
・このカリキュラムを終えて、学習ができるようになったこと、理解したことは何か?
・テストで何を評価しているのか?
・教科書の内容を理解し、できるようになったことがいい教育か?
→学生によって教科書を変えるべきでは。

〈カリキュラムのデザイン〉
・ゴール、目標を立てる(Can-do Statemento
・ゴール・目標を達成したことを示す証拠とは何かを考える
・その証拠を集めるための評価を考える
・その評価でいい成績をとるために学習すべきことを考える
・学習項目を教える(ゴール、目標を最も効率的に達成できる方法で)
・最初に用意してあった評価を行い、ゴール、目標を達成したかを評価する。

→教える前にテストを作る。目標を作った時点で、どのようなテストを作ればいいかわかるため。また学生に試験、目標を提示する。一番良い教科書とは、教科書の料理をあまりしなくてもいいもの。それか自分たちで教科書を作る。

〈カリキュラムのバックワード・デザイン〉
・バックワードとは(後ろ向き、最後から)
・学習(教育)を能力(~ができる)をもとに設定することから始める。
・学習(教育)目標を立てたら、学習する(教育する)内容を決め、学習(教育)を実行する前に、評価を作ってしまう。
・教えた後に、評価を作る方法と逆の方法
・最後の結果を見据え、先に最後の結果を考え、カリキュラムを作る。

〈バックワード・デザイン〉
・達成しなければならない目標をはっきりさせることにより(結果に焦点を当てたアプローチ)により、何をどう教えなければならないかがはっきり見える
・教える内容があるから教える、とにかく何かしておこうというアプローチを防ぐことができる。
・教育項目だけをカバーしておけば、何としても教科書に出てくる項目を全部カバーしなければという教え方を防げる。
・教師も学生もテストのために教え、学習する傾向がある。
・いいテストがあって、そのために教え、学習するのであれば、いい教え方になり、いい学習の方法になる(テストの波及効果)
・コミュニケーションができることをテストするならば、当然コミュニケーションができるように教えるし、学習する。

〈ゴールの立て方〉
・能力のゴールでなければならない
-~ができる
-現実の生活に基づいたゴール
-文法、語彙をもとにしてゴールを立ててはいけない
-「have to~が使えるようになる」はゴールではない→「義務を表現できる」
-「義務を表現できる」ようになるためには、’have to~’を教えなければならないというのが正しい順序
・ゴールを立てるときの注意
-「教育=習得」ではない。
-「記憶すること=言語学習」ではない
-「知識=能力」ではない。
-「教えたこと=使えるようにならなければならない」ではない。
→教えたことは覚えればよい。書けなくても読めればいい。など学生の負担を考える。
・外国語教育のゴールの実現
-外国語を使ってコミュニケーションができるようになること
-文法・語彙などを使って実際のコミュニケーションさせなければならない
-文法、語彙の学習をいかにコミュニケーションにつなげていくか

・テクストブック・アダプテーション
-教科書をそのまま使って目標を達成できることはまずない。
-教科書の内容を変える必要がある。
-自分で補助教材、補足教材を作らなければならないほうが多い
-あまりにも教科書の内容を変えなければならないときには、教科書を使わないのも一つの選択。

〈カリキュラムのバックワード・デザインの流れ〉

カリキュラム開発の第一歩
-カリキュラムのゴールを決めること
-カリキュラムを終えたときに、学習者は何ができるようになるかを決めること
-それを達成するようにカリキュラムを作る必要
-教科書から出発しない
-教科書がカリキュラムを決定、支配するのではない。

〈ゴールの立て方〉
・コミュニケーションゴール
Can-doによるゴール設定
・カリキュラム(一年の終わり)に生徒が達成すべき目標をCan-do statementにより設定しておく
・コミュニケーションできることが究極的目標である

〈テーマの設定〉
・自分の学習者にとって、自分が想定している範囲、身近な事柄、よく耳にしたり目にしたりするとはどういうことか
・学習者のニーズを考える
・自分、家族、学校、近所、食べ物、買物、交通、趣味、余暇、仕事

〈次のステップ〉
・テストを作る。
→テストの目的は証拠を集めるもの。

〈評価〉
・ロールプレイ
・ルーブリック
・評価基準
-言語機能、タスクを達成できるか
-文法が正確に使えるか
-語彙が豊富か正しく使えるか

〈カリキュラムからレッスンへ〉
・テストで生徒がいい成績をおさめるためには、何をどのように教えなければならないか。
・学習項目の決定
語彙、文化、機能

〈レッスン・プラン〉
・どのように学習項目を並べ、どのように教えるか
・大人が第二言語を習得するプロセス、その最適条件を考える(インプット→印テイク→プロセスィング→アウトプット)

(5)〈言語能力をどのように獲得するのか?〉
→これを踏まえて、レッスンプランを立てる。
日本語母語話者と中国語母語話者では、漢字・平仮名・カタカナを使い分けるところから、脳の構造が全く違う。
学生の動機付けを高めることが必要。学生がこの先生のためにいい点をとりたいと思わせるのも大切。

〈第二言語習得のプロセス〉
第一段階の条件
・できるだけ多い目標言語のインプット
・インプットに対する興味
・インプットを取り入れようとする高い動機付け
・意味の理解
・意味が理解できるインプット、理解されるインプット
・自然な言葉のインプット
→教科書にしか出てこないような日本語では絶対に覚えられない。
→言語教育の基本は形式と意味を結びつける。聞くことが大切。
・インプットがコンテクストの中で与えられる。
・インプットが現在知っていることよりも少し難しいレベルのインプットである
・言語の学習では読むこと、話すこと大事。
・統覚(apperception)=インプットが過去の経験、過去に学んだものと関係あることが知覚されること。新しく知覚されたことと過去に知覚、蓄積されたことの差が小さければ小さいほど学習が進む

第二段階の条件
・自分の知らない情報が入ってきたことを知覚すること
・その知覚したことが学習に必要であることを認識すること
・その認識したことに注意を与えること
・注意を与えたことをプロセスし、知識の一部にしようとすること
・意味への注意
・コンテクストがあること、何らかの有意義な目的を持った情報であること
・自分の生活、現実生活に関連あること
・単なる記憶ではなく、入ってきた情報に反応すること
・経験させる
・認知能力、クリティカルな思考能力を使うこと(評価する、統合する、仮説を立てる、順番をつける、など)

第三、四段階の条件
・プロセスされた情報を使ってみる(経験してみる)=理解よりも経験が行動に大きな影響を与える
・理解だけでなく、経験することにより知識の定着が進む
・言語はそれ自体の学習を目標としているときよりも、それを使って何かを達成することと目標としているときのほうが学習が進む
・コミュニケーション能力の開発ではインターアクションを行うことが大切である
・自分の目的を達成するために、創造的に言語を使い経験することが大切である
・人に教えられるよりも、自分で発見したほうが習得が進む
・過去の知識と結びつけたほうが新しい知識の習得は進む
・実際に存在するコンテクストに結び付けて経験したほうが習得が進む
・新しい学習は一度の経験では定着しない
・同じことを違うコンテクストで繰り返し経験してみる必要がある
・自分に関連付けて経験したほうが習得が進む
・不完全な情報でも、どのようにその場を乗り切れるかのストラテジーを体得すると、習得自体が進む
・何度も経験をつむと、経験自体を自分でコントロールできるようになる
・自分でコントロールできることは自信が付き、さらによくできる
・コントロールできること、自信が付いたことは意識化しやすくなる

(6)語彙・文法の効果的な教え方〈55アプローチ〉

語彙の習得活動(店の名前)ついて具体的な授業を紹介
ステップ1
・プレゼンテーション、絵や写真を使って店の名前を提示

ステップ2(インプット活動)
・提示されたばかりの語彙を聞いて、意味と結びつけ、形式と意味の関係を確実にする活動
・形式と意味の関係が確実にならないうちに、語彙をプロダクティブに使わせると、丸暗記を強いる可能性がある
・学習者が自分で語彙を産出したくなったら、徐々に産出させる
例:「このスカート、ドライ・クリーニングお願いします」からどこの店にいるかを選択させる。

ステップ3(言葉で遊ぶ)
・徐々に形式=意味の関係を強めてきたら、いろいろな方法を使って、その関係を確認するとともに、強めるための活動
・この時点では、まだ学生は自分で語彙を産出する必要はないが、産出できるようになったら、そのようにアクティビティーを作ってもよい。
例:店の名前を食べるものを売る店とそうでない店に分けたりする。
店の名前と売っている商品を結びつける。

ステップ4(アウトプット活動)
・学習した語彙をコンテクストの中で実際に使わせる活動
・語彙の習得度合いなどにより、いろいろなレベル(語彙レベル、単文レベル、複文レベル、段落レベル、ディスコースレベル)の活動ができる。
例:「りんご、みかん、バナナ、トースター、パイナップル」から仲間はずれはどれかを考える。またその後、これらがどこで売っているかを答えさせる。

ステップ5(文法の導入)
・文法のステップ1の役割を果たす。
・学習した語彙グループをコンテクストとして利用し、文法を導入する。

ステップ6(拡張活動)
・オプショナル
・学習した語彙グループをより広いコンテクスト(現実場面)で自由に使う活動
・学習者がこのレベルの活動をする能力に達した時に行う。
・語彙のアウトプット活動の後や、文法のコミュニカティブ活動、シチュエーショナル活動が終わってから行ってもよい。
例:ショッピング・リストを書く、いろいろな店の大売り出しの広告を作る

文法(表現)(許可を得る)習得活動について具体的な授業紹介
ステップ1(文法の導入)
・語彙グループのコンテクストを利用して、文法を導入する活動
・できるだけ明示的、かつ限られたコンテクストで新しい文法(表現)を導入することにより、文法(表現)の形式と意味の関係をはっきり理解させることが重要
・既習の語彙、文法を使い、新しいものは導入する文法(表現)項目だけにする。
例:プレゼンテーション。ダイアログの提示

ステップ2(インプット活動)
・提示されたばかりの文法(表現)項目の形式=意味の関係を確認、その関係を強化するために、その項目を産出することなく、聞きながら、あるいは読みながら行う活動
例:「テレビを見てもいい。」や「入ってもよろしいですか」などの例文をあげ、「庭、台所、玄関」などの選択肢を提示させ、最初の質問文がどのような場所で聞かれるかを選択肢より選ばせる。

ステップ3(コンテクスト内のメカニカル活動)
・アウトプット活動(1)
・学習対象の文法(表現)項目を実際に自分で産出する活動の第一段階
・文法(表現)を非常にコントロールされた限られた、予測が簡単にできるコンテストを使って産出する
・文法項目を自分で正確に操作させてみる
・教師中心教師に与えられた形式を扱う、学習者に自由は与えられていない、間違った場合にはすぐにわかるので、すぐに訂正ができる
・新しい文法(表現)項目を生産するための習慣を形成することを直感的な目的とする。
例:「眠たいときは」や「おなかがすいた時は」などの文を与え、その後半部分を「てもいい」を用いて答えさせる。

ステップ4(ミーニングフル活動)
・アウトプット活動(2)
・学習対象の文法(表現)項目を非常に限られたコンテクストで、学習者個人の意味を表現させるようにする活動
・文法(表現)項目を自分で操作させることにより、形式=意味の関係を確立、確認させる。
・まだ教師中心の活動ではあるが、文法(表現)項目の知識を限られたコンテクストに応用して、個人の意味を表す。コンテクストで新しい項目を使うことに焦点
・意味理解が必要であるし、正確に表現する必要もある。間違いはすぐわかる場合が多い。コンテクストの中で訂正する。
例:許可を得る文への並べ替えだが、まず最初に「新しい日本語の先生が来て、先生に対して許可を得る」という場面設定がされている。

ステップ5(コミュニカティブ活動)
・アウトプット活動(3)
・学習対象の文法(表現)項目を使い、個人の意味を創造的に表現する活動
・学習者は自分の意志に従い、意味を創出する必要があるし、簡単な意思決定、問題解決をする必要がある
・教師によるコントロールが減り、学習者自身のコントロールが増える。学習者の答えはある程度予測がつく
・あるコンテクスト内で、新出の文法(表現)項目と既習項目を組み合わせて表現する
・新しい情報の伝達が基本であるので、意味の理解は必須である。
例:ペアワーク「二人のうち、一人は日本でホストファミリーを探しています。もう一人はアメリカから来た学生をホストしたいと考えています。ホストファミリーを探している学生は、ホストファミリーでどのようなことが許されているかを尋ねなさい。面接の後、その家に滞在したいかどうか決めなさい。」

ステップ6(シチュエーショナル活動)
・アウトプット活動(4)(オプショナル)
・現実のコンテストで個人の意味を創出することが主目的の活動
・広いコンテストでの自発的、自然発生的表現活動
・学習対象の文法(表現)項目だけでなく、既習語彙、文法項目を自由に使う。現実世界は必須。
・意味理解は必須。
・教師のコントロールはなく、学習者中心
・学習者の適応性と柔軟性を必要とする
・方略的能力も必要とする
・訂正はコンテクストに適切かどうかを判断して、活動後に行われる
例:ペアワーク「一人が町のとてもいい場所にいいアパートを見つけました。何としてもそこに住みたいです。もう一人はそのアパートの持ち主です。ある日、アパートに住みたいという人が来て、アパートで許されていることを聞きました。アパートの持ち主も、その人にいろいろ質問をして、いい住人になるかどうかを調べなさい。」

さらに
・最初に決めた学習項目を教え、練習する。
・当然、途中でテスト(語彙テスト、文法テストなど形成的評価)を行う
・評価は、最初に用意してあったロールプレイをテストとして使い、生徒に示してあったルーブリックで採点(総括的評価)をする

〈ポイント〉
・言語教育では、メカニカル・アクティビティでは終わってはいけない。コミュニカティブまでやらなくてはならない。
・アクティビティが作れる先生が良い。
・教えすぎない。アウトプットを急ぎすぎない。
・うまい教え方とは、先生が見えないところで操作していて、学生が自分で学んだと実感できるもの。

55アプローチの理論的基盤〉
・第二言語習得のプロセスに基づく
VigotzkyZPDZone of Proximal Development最近接発達領域)に基づく
・教育者の役割が学習者にZDP領域の中で経験を与え、それにより自分自身で学習できるように勇気づけ、上達させることである
・学習者=自立的学習、自分の学習に責任を持つ

〈まとめ〉
①コミュニケーション能力をつける外国語教育
・最終的なゴールは教育の母国語話者と問題なくコミュニケーション(社会活動)ができること
・自分が教えているうちにそれは達成されることはないにしても、それを長期的ゴールとして、自分のカリキュラムのゴールを立て、それを達成するように教え、最終的ゴールに一歩一歩近づくよう助ける。
②コミュニケーション能力をつけるためのカリキュラム
・現実生活の機能的なタスク中心、学習者に関係した経験、実生活の状況
・実際にしようされる自然な言語、コンテクストが実際と同じ、社会言語的要素を尊重
・一連の流れを持ったコミュニケーション
・学習者の個人的な考えを尊重、学習者が直接関与、自由な表現を許す
・個人の考え、感情の表現を許す
・学習者中心、教師の関与を最小限にする、批判を避ける
・間違いの訂正は理解度を基準とする、フィードバックはタスクの目的を考慮し、学生のレベルに合わせて行う


〈質疑応答〉
Q:一連のステップはどのくらいの時間で行えばよいのか。クラスのサイズが大きい場合。
A:教師にとっての経験による?学生によってペーシングの仕方、語彙、文法によってステップの時間のかけ方は違う。教室文化。クラスのリーダーを見ておく、クラスのリーダとできない子と組ませ、グループで作業する。必ずしも先生が主体にならなくてもいい。しかし、最後に教師によるフォローアップが必要。経験を通して学んでいくのが一番良いのでは。活動から活動への移行が大事。活動と活動とのつながりがないと大事。

Q:「てもいいですか。」という練習する場合、学生が別の表現で言ってきた場合、どのように評価するのか。
A:評価がどのように行われるのかを事前に学生に提示しておくべき。
例:必ず「~てもいい」が入らなければならない。
日本語では4つのスキルを考えて、カリキュラムを作成したほうが良い。
聞くというスキルでも、3つのコミュニケーションと関連させることができる。
いいテストはいい学生を作る。
〈その他先生からのコメント〉
・シラバスのプロセス自体はどの教科も一緒
・ロールプレイにも様々なレベルがある。
・日本語の授業でもソーシャるメディアを使ってもよいのでは。


J-GAPTaiwan 16回月例会 4日目(628日) 講演の部@東海大学

テーマ:日本語教育における「つながり」を考える

1.外国語教育の変遷

(1) 外国語学習アプローチの変遷

(2) 言語教育アプローチ

過去5060年のアプローチ

・オーディオリンガルアプローチ

・コミュニカティブ・アプローチ

・ソーシャル・ネットワーキング・アプローチ(SNA

社会言語学的理論

-言語を使っての社会活動

(3)外国語教育アプローチの変遷

・どんな文法を教えるべきか(行動主義)→文脈における情報獲得・伝達(認知主義)→学習コミュニティを作る。(社会)構成主義。→つながりを作る中で、言語を獲得していく。
・学習の効率化モデル→習得の効率化モデル(短い時間でどれだけ、外国語をおしえられるか。)→参加促進・関係構築モデル(言語を使ってつながりを作る)

〈ソーシャル・ネットワーキング・アプローチ〉
目的:言語使って広い意味での社会活動、社会生活(言語生活)をする能力の獲得。

(4)21世紀の言語教育の理念

目標:自己の発見・他者の発見・つながりの実現

外国語を使うことで他者がわかる、自分がわかり、つながりが生まれる。

外国語教育の目標領域3x33

3×3とは

・言語領域:語彙・文法習得、言語知識運用、言語でつながる

・文化領域:文化知識習得、文化知識運用、多用な文化の人とつながる

・グローバル社会領域:社会の特徴、協働、情報活動、高度知識、グローバル社会に貢献

3とは

・関心・意欲・態度/学習スタイル

・既習内容・経験/他教科の内容

・教室外の人、モノ、情報

<文化領域>

・外国語を使ってのコミュニケーションは異文化コミュニケーション。

・自分の文化と他者の文化の理解が必要

・××文化というものは存在するのか。共通の日本文化は存在しないのでは?

・存在しないとすれば、何を教えるべきなのか?→文化のリテラシー:文化を自分で分析して、判断できる力。

・「なぜ」の重要性、自己発見の喜び。:どうすれば他人の文化がわかるのか?学生が自分で文化を理解する方法。

・第三の場所:異文化を理解するための場所。外国人を日本を理解するもの?



<グローバル社会領域>

・言語を使って社会活動を行うために必要な知識・能力・資質

・今の社会を生き抜く力(社会力)

・今の社会を教材として使う(グローバル社会)



<外国語教育の対象領域の拡大>

・「相手に名前を言う」だけでなくそれによって、相手とのつながりが生まれる。このような考えで、外国語教育を進めるべきである。

AL-わかる

CL-わかる+できる

・わかる→できる→つながるの順が必ずしも一番効果的な教え方ではない。

AL:水泳の泳ぎ方の本を読ませる

CL:畳の上で、泳ぎ方を練習(ある意味ロールプレイ)

ソーシャル:泳げないのに、水の中にぶんなげられる。

・学習者に体験させる必要があるのでは?教師は教えすぎる必要がない。



<21世紀の社会>

・新しいグローバル経済の中で競争できる市民を作り出す教育の必要性

21世紀の仕事、生活の中で成功できるのに必要なスキル、能力、知識を学生は身につけるべき

・世界状況を見て、動きを理解する能力が課題

①情報・メディア・テクノロジーのスキル

②人生・仕事のスキル:柔軟性、環境適応能力、自主性、自己管理能力、社会的スキル、異文化コミュニケーションスキル

③学習スキル・創造力:現実の場面で学習するスキル、想像力・イノベーションの力、高度の思考能力、問題解決能力、コミュニケーションスキル、協働能力

→他人と一緒に仕事をする能力が必要

→日本語教師は、社会の様々な変化に対応できるような日本語能力を習得させる必要がある。



(5)教育実践

マスタープランからレッスンプランへ

ソーシャルネットワーキングアプローチをどのように授業実践するか?

<21世紀の教育モデル>

・学習者中心、学習者主体、自律的学習者

・能動的学習、参加型学習、自律的学習

・高度思考力、創造力、柔軟性、協働力、問題解決能力、使い、さらに発展させる教育

・多角的リテラシーを養う

・区別化教育

・世界が抱える複雑な問題に対し、それを解決する能力を養う

・教科の垣根を取り外す

<教室活動>

・教師の役割は教室内に言語習得の最適条件を作り出すこと

・言語を使った社会活動の能力は社会活動を通して一番効果的に身に付く

・教室も社会活動の場である

プロジェクト型学習:

・現実社会・現実生活の問題を探求、解決するダイナミックな学習アプローチ

・学習者主体、能動的関与によるより深い知識の理解

・協働能力を発展させる
・自己に自身を持ち、強い自主性を持った学習者を作る

<新しい言語教育における教師の役割>
・学習のファシリテータ-
・つながりを作るのをサポート
・学習者のモデル

〈教師のつながり〉
・日本語教育をシステムとして考える
・同じ理念、目標のもとに活動
J-GAP台湾の意義

質疑応答

Q:勤務先の大学では、當作先生と同じような方針で進めているけど、外部の大学からだけでなく、学生からも反発がある。このような場合、どのようにしたらいいのか?
A:学生は今までの学習してきた方法が身についているから、慣れるのも大変。だから時間をかけて、教えればよい。または卒業生などに協力してもらえばよいのでは。それもある意味つながりでは?

Q:今は情報があふれている。あふれる情報が授業/学習のむしろ逆効果になったりしないのでは?
A:教室にありふれた情報が持ち込まれるのは、つまり現実社会と同じでは?現実社会で生きる能力があるのでは?

Q:つながりを作る、広げる活動は重要だが、組織的に戦略的に進める必要があると思う。素晴らしい方向性でもよい。簡単にできる社会とつながる方法とは
A:ソ-シャルメディアの利用。学生に動機付けを高めるのに効果があるのでは?間単に日本人と交流ができる。授業に持ち込むことは可能。「~について」日本人に聞いてみましょうなど。このような方向で教えるのは、大変だけど、見返りが大きい。今の学生はデジタル世代。



J-GAP TAIWAN第17次月例会

場所:(高雄)文藻外語大學スペイン語学科
時間:2013年9月7日(土曜日)
講師:孫素靜主任、毛蓓雯先生
出席者:陳淑娟、陳美玲、黄英哲、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、陳文瑤、工藤節子、頼美麗、施信余、馮寶珠、黄鈺涵、長谷川理恵、加藤稔人、郭毓芳、内田さくら (秘書)、外部の参加者含め30人。

《午前》講演の部
タイトル:文藻大学スペイン語学科では如何にCEFRを活用する:「A1レベルのシラバス及び教材のデザイン・評価内容」
講演者:孫素靜主任、毛蓓雯先生 (文藻スペイン語学科)

CEFRの概要:
1. CEFRの理念と特色
-- CEFR的主要內容と理念の説明(多言語によるコミュニケーション能力の養成)
--教育目標・学習目標 (実践<シラバスデザイン>、評価<教育目標を達成したか >) 「テストのための授業を行わない」教育目標にもとづいて評価を設定する

●CEFRのスペイン語レベルについて
--A1入門レベル (breakthrough):日常用語、自分が好きなことについて理解し、具体的に、基礎の語句を使って運用できる。75時間の学習時間必要 (台湾の場合は状況が違う:文藻大学スペイン語学科1年生125~200時間)、単語500個ほど。
--A2基礎レベル (waystage):身の回りのことを簡単な日本語で表現することができる:単語1500個くらい
--スペイン語能力試験 (例:スペイン語能力試験DELE—卒業要件B1合格<文藻大学の場合>):ミゲル・デ・セルバンテス學院主催,台湾で施行され10年。B1初級、B2中級、C2高級(最初は3級しかなかったが、2008年から級が増えA1、2010年5月にはA2、2010年10月にはC1が増えた。)
--DELE A1の試験について: [午前]読解 (45分間)、リスニング (20分間)、作文 (25分間)/[午後]口頭試験 (15分間)
※会話テストは資格を持った試験官で行われ、その他のテストはスペインに送り採点される。口頭試験のテスターは台湾の大学のスペイン語の先生が養成訓練1日受け、資格を取る。


●CEFRに関する様々な問題
1.言語コミュニケーション能力とは (聴解、会話、読解、作文、翻訳、文化)
2.シラバスデザインについて (基礎カリキュラム、中級カリキュラム)
3.カリキュラムの問題
(1)基礎レベルのカリキュラムの分類が伝統的である。教師たちの適度な調整が必要(教師間の協力によって解決できる)
(2)言語の単位が比較的低い、予期効果が達成されにくい
(3)基礎カリキュラムは比較的CEFRに合わせやすいが、専門科目は各担当教師で調整しなければならない (職場の要求に合わせて)
4.教材と教學媒体 (スペインで発行されている教科書を中心に)
メリット:CEFRとミゲル・デ・セルバンテス学院が中心となり編集、各レベルに求められている語彙、発音、文法、文型、社会文化に関する知識が含まれ、五技能の練習ができる。
※例:教科書《你知道嗎?》—中国の学生のためにデザインされた教科書(中国語(簡体字)による解説付き)、内容のすべてが台湾の学生に適応しているとは限らない。
デメリット:文法解説が非系統化である。国際観や社会文化の理解が強調され、教師の育成、臨機応変に教材を使用する能力が求められる。強調國際觀建立與社會文化的了解,教師培訓與彈性運用教材的能力
ポートフォリオ(Protfolio)—計画性があり、意義がる。目標達成を目指した学習になる。


●《質疑応答》
Q:B1の卒業要件は、「四技學生」それとも「五專學生」に向けてか?また読解用の教材はあるのか?
A:四技學生(合格率40%-50%)と五專學生(合格率70%)は必ず B1を合格しければならない。
文法、聴解、読解の目標は、習い始めて1年後にはA1レベルになることで、これが施行されて2年になる。文藻大学、靜宜大学、淡江大学、輔仁大学は共に、50%の学生が合格することを願っている。。
A1レベルに合わせて教科書があり、文法の授業と会話の授業で使用される。

Q:教師間のコミュニケーション、仕事の分配の状況は?
A:今までずっと文法、会話の授業は同じ教科書で一緒にやってきて、それぞれ足りない部分は補足教材を補ってきた。まず文法の授業で文型の部分をやり、会話の授業でその練習をするという形をとってきた。20数年このような組み合わせでやってきが、特に問題はない。教師間の協力があることで、順調に行われている。

Q:スペイン語能力試験について (問題数、配分、合格点など)
A:最高点100点、点数配分はそれぞれ。総合点は表記されるが、ただ合格、不合格については、聴解・会話と読解・作文で各66%以上とらないと合格できない。


Q:台湾の教師も口答試験の試験官になるには、研修を受けなければならないのか。
A:台湾のスペイン語学科の専任教師は必ず1日の研修(10月)を受けなければならない、どのレベルも受ける必要がある。

Q:教育部では、スペイン語試験の口頭試験管の資格を認定しているのか?
A:口答試験官の資格を得たのち、ミゲル・デ・セルバンテス學院から証明書が発行される。毎回、口答試験官になると証明書が発行され、一種の業績になる。私たちが口頭試験官になるのは、学生のためで、一回につき200人の学生で、1回につき15分間のため少なくとも16人の試験官が必要。

Q:口答試験は如何にして主観性を除くのか?
A:出来る限り、自分の学生の試験官にはならないようにする。試験では、試験官が2人いて、その内1人がインタビューアーで1人が採点専門となる。

Q:6レベルのすべてに教科書があるのか?
A:1年生でA1レベルで、2年生でA2レベルで、3年生でB1レベルを教える。A1、A2で一冊,B1、B2一冊,で教科書にそって教えることで目標を達成することができる。ただA1レベルに達成するには時間が短いが、A2レベルでは約2倍の時間のため、卒業要件はB1にしかできない。

Q:高雄の学生は教室以外でスペイン語を使用する機会はあるのか?
A:全く無い。交換留学生も少ないため、学校以外でスペイン語を学習する場所は少ない。

Q:目標を達成に沿った実践は、文法の授業ではどのように取り入れられているのか?
A:スペイン語一の授業は特に問題はない。まず始めの2週間は、スペイン語・スペインに慣れる期間で、基本知識を紹介する。2週間後に正式に教科書を使った授業が始まる。文型の練習もあるが、機能性(例えば、この文型はどのような場面で使用されるか)ということを強調する。その後、会話授業で一塊のことを話すようになる。重要なのは、いかにして学習動機と興味を高めるかである。
《午後》会議
13:30~17:00
議題:
①CEFRの日本語学科での実施の可能性
②「日本語使用場面」の本の出版について(ラーコ先生)
③(「教科書」と)「活動集」の出版について(工藤先生)
④12月1日のスケジュール作成(陳先生)

①CEFRの日本語学科での実施の可能性
・CEFRに合わせた教科書作りが難しいのでは。
・スペイン語界では、CEFRに沿ったスペイン語教育に統一されているが、台湾の日本語教育では、日本に合わせたものである。
・スペイン語学科の先生たちは、すでにCEFRの教育制度があるから苦労していないのがうらやましい。スペイン語教育では、まず評価があってから、シラバスができている。評価(テスト)を具体的に作ると、シラバスも変わってくるのでは?
・各レベルの教材が合ったほうが、教室活動が考えやすいのでは?
・スペイン語では、最終目標は検定。日本語では、A1とN5を分離させる必要はないのでは?日本語能力検定試験のテスト問題を分析して、活用すればいいのでは?つまり、A1も達成できるし、N5も合格できる!
・まずJ-GAPの概念を台湾中の先生たちに広めて、分かってもらうことが必要なのでは。先に教科書を作っても、CEFRの概念がわからないと意味がないのでは?
・同じ教科書では、学生があきてしまうのでは?教師の意識を改革するだけでなく、学生の意識を改革するべきでは?
・スペイン語では、評価(目標)が、しっかりと決められていて、それの基づいたタスクはたくさんある。日本語では、目標がはっきりしないで、下のタスクがたくさんある。
・CEFRはそもそも目標志向のもの。検定。日本語では、目標がないわけではなく限定しすぎでは?(例:この授業では日本語能力検定試験向き)
でも日本語界にとって、日本語能力試験を切り離すことはできないから、それを含めて目標達成を目指せばいいのでは?大きな目標があって、その目標のための言語使用場面は何があるのか?それがはっきり提示すると学習者にとってわかりやすい。大きな目標の設定は、日本側にやってほしいこと?
・スペイン語教育と日本語教育の違いは、教育制度が統一されていること。日本語教育では、会話と読解の先生では、教科書の場所を区切っているのみでは。評価がとても大切。検定試験は忘れてはいけないけど、やっている活動を評価できるような試験方法を作っていくべき。ポートフォリオがあるなら、それらを活かした教室活動を考えるべき。教師たちは、評価をもう少し考えるべき。
・授業から検定試験まで一括したカリキュラムは、台湾の日本語教育に取り入れるのは難しいのでは?私たちにできることは、目標・評価の概念を明らかにするべきでは?例えばA1レベルはどんな能力なのか?どんなことができるのか?4技能で、どんなことができるのか

もともとある学校のカリキュラムは捨てずに、CEFRの概念を取り込んでいけばいいのでは?
・スペイン語の場合は、学校外で、スペイン語を使う機会がないから、最終的な目標がテスト重視なのでは?日本語は、学校外で使えるから、絶対にCEFRを重視する必要がないのでは?

②「日本語使用場面」の本の出版について(羅先生)
・2012年度台湾日本語使用場面報告書作成
・今後出版予定『台湾日本語使用参考集』
・研究倫理のことを考えた上で、去年の調査メインバー中心に
・月に1回集合。(毎回全員ではなく代表者でOK)
・レベル別に作っていく
・JF日本語教育スタンダードに合わせた「受容」「産出」「やりとり」にあわせて作成が良い。
・レベル別の台湾版使用場面(Can-do)集を作る。その後、教室活動集を作成。
・来年の3月まで。せめてできるレベルまで。
・グループと参加したい人は来週の金曜日まで羅先生に連絡。
・使用場面(Can-do)と活動集の両方を考えたほうがいいのでは?

③(「教科書」と)「活動集」の出版について(工藤先生)
方法
→J-GAPの会議、教学発表会、その他の実践報告の場で公開したものをレベルごとに整理してリソース集をつくっていく(公開したもの→検討が加えられる)
→使用場面調査(前回)から活動を組み立てていく。
目的
①台湾に合う到達度ベースの教育
アーティキュレーション(つながり)を作っていく
教材開発
より現実的なシラバス
教師研修
②評価基準の研究:ヨーロッパでは、CEFRのレベルの研究がなされているらしい。JF日本語教育スタンダードでも評価がはっきりしない部分もある(例えば「翻訳」とか?)
どのような形?
・教科書ではない
・J-GAPのHPに活動をアップロードして利用者が閲覧できるようにする?
・レベル別につくる(レベル細分化)
・目標を示す(技能、文化→can doで示す)複数の目標を内包した活動でもよい
・国際文化フォーラムに活動集がある!
・最終的にレベル別にまとめていく
実行していくために
・発表者(書き手)を増やす→宣伝方法
・使用場面調査から活動をたちあげる→定期的なミーティング
・CEFR、JFスタンダードの参照
→レベルの記述を詳細にしていく
→足りないところを補っていく
→Can-doのリストを作ってもきりがない。科目ごとに分けるのか?しかし高校の日本語教育では、会話、文法とかではなく総合日本語という授業のため、高校の日本語教育に活かせないのでは?使用場面を提示、それはどのレベルに値するのかなどを明確にするべきでは?
・高校の先生たちの悩みは、活動集がないから何をやればいいかわからない。そのため、活動集が必要かも。
・台湾版のCan-doを作ることで、台湾の先生方で連携がとりやすいのでは?
しっかりとした枠組みで分類して台湾のCan-doを作っていくべき。去年の使用調査を分類。台湾Can-doができれば世界とのアーティキュレーション。
・活動集を作るときは、やはり日本語検定試験を忘れてはならない。しかし高校の日本語教育では、時間の関係で日本語能力検定試験までほど遠い。
・今までの高校で実践した活動を集めて、J-GAP Taiwanのホームページ上に公開する。その際、Can-doの記入をする。アップロードする場合、整理しておかなければならない。

④12月1日のスケジュール作成(陳先生)
・基調講演:横山紀子先生「『まるごと』とCan-doサイトの利用」
・実践発表
・當作先生のワークショップ:1月中旬の予定(1日

J-GAPTAIWAN19回例会

場所:交流協会台北事務所
時間20131110日(日)
講師:陳淑娟先生工藤節子先生賈志琳先生
テーマ:如何設計「能力指標」的高中二外入門日語課程
(高校第二外国語授業におけるcan-doによる授業設計の仕方について)

≪内容≫
13:00~
高校第二外国語授業へのCan-doの導入(陳先生)
なぜCan-doが必要か
・目標設定の仕方について
・高校入門期の具体例の紹介(授業目標、教室活動の設計の仕方について)
14:0014:10休憩
14101510
1)学習時間の少ない学習者に対しての「実用性」を生かしたデザイン(工藤先生)
「実用性」とは何か
Can-doで目標を記述する。その言語を使って何ができるか?具体的な行
動を示すことが大事
・例①:(日本に旅行する時)申し込みの指示が理解できて、必要事項を打ち込めればインターネットでホテルの予約ができる。
・例②劇の脚本を書いて発表する(部分的に日本語の単語を入れる)
・実体を理解するために〈社会文化理解〉をシラバスに取り入れる必要がある。
・評価について
・高校生の日本語使用実態調査の発表(2012年度台湾接触場面調査より)
2)高校の文化理解の活動例(授業実践例の紹介)(賈志琳先生)
・実践校の紹介
・文化理解を取り上げたシラバスの具体的実践例
・学習目標と評価方法について
① 日台のタブーとジェスチャーについて
→誤解や摩擦があるかもしれないから、日台のタブーとジェスチャーについての違いが理解できる。
→(評価)学習記録ノート(学習者の感想・発見・内省/教師からのコメント)
② 生徒が考える日本文化
→学習者は接触している日本文化について自ら意識して皆に紹介できる
→(評価)ポスター発表(自己評価、相互評価、教師からの採点とコメント、校内での展示)
③ 年賀状を書こう
→年賀状を書く理由を理解させた上に、実際に練習させる。そして台湾と違う日本のお正月文化が理解できる。
→(評価)作品、自己評価、相互評価、教師からの採点展示
④ 日本人の留学生とおしゃべりをしよう
→実際に日本人の留学生と話しながら学習者に自分はステレオタイプを持っていることが意識できる。
→学習記録ノート(学習者の感想・発見・内省/教師からのコメント)
・①~④テーマについて具体的な授業内容、評価方法の紹介
・教師の観察記録より気づいたこと
15:20~16:30 グループワーク「Can-doによる授業設計を考えてみよう」
・2~3人で1グループに、ポスターに授業のデザインしたものを書く。授業目標と教室活動とその関連性を図、絵で示す。

16201700 ポスター発表
各グループがそれぞれデザインしたポスタ―を壁に張っておく。互いに巡回しながら紹介しあい。質問やコメントを受けながら成果をシェアする。
1700~まとめ(陳先生)
こういったワークに参加しての感想を述べ合う。ある参加者がかつて受講料を払って「教師養成」の専門コースを受けたが、でもやはり今回のワークに「理論と実践」が含まれて、とてもよかったと述べていた。

【第20回例会 Can-do教育実践発表会】記録
日時:2013121日(日)9:3017:30
場所:東呉大学第一教研大樓
基調講演:横山紀子先生(国際交流基金)
発表者:羅曉勤(銘傳大学)、賈志琳(豐原高校) 、馮寶珠(輔仁大學)
陳美玲(東大學)、上条純恵(交通大學)、加藤稔人(中華大学)、
頼美麗(文藻外大)、雅君(靜宜大學)陳文瑤(大葉大學)・荒井智
子(銘傳大學)
総評:横山紀子先生(国際交流基金)陳淑娟(東呉大学)工藤節子(東海大学)
敬称略
参加者:65
【以下各発表の概要と質疑応答の記録】
950台湾日本語教育学会理事長 賴錦雀教授あいさつ
1000 横山紀子先生(国際交流基金)
JF日本語教育スタンダードの実践―準拠教材『まるごと 日本のことばと文化』の紹介を通してー」
(1)JF日本語教育スタンダードの紹介
(2)「まるごと」の紹介
・概要(「かつどう」編と「りかい」編)と進め方
・大事なことは、耳で聞く。
・異文化理解能力の重視
・知る→興味→行動 豊かな文化体験
・母語・母文化について振り返る機会となる
・日本人だけでなく、多様な文化背景の人々とコミュニケーションを行う
・コミュニケーションを人間関係の構築につなげる。
(3)『まるごと』を使った教師の声
・学習者が楽しんでいる。・今までよりも楽しんでいる。

1050羅曉勤先生(銘傳大学)
「日本語との接触場面から台湾のcan-doの活動を考える―中間報告-」
(1)J-GAPTAIWANの紹介
(2)台湾における日本語教育アーティキュレーションの現状
・中等・高等教育間の日本語教育には、教育の一貫性が欠如している。
・教育現場では、学習リソースの浪費や学習者の学習意欲の低減などといった問題が生じ、学習者の能力向上が妨げられている。
・解決策:共通の評価基準を設ける。→JF日本語教育スタンダード(以下、JFスタンダード)。
(3)J-GAPTaiwanの今までの調査活動
2012年度:台湾の日本語学習者・使用者を対象にこれまで日本文化や日本語をどのように体験してきたかを調査。調査対象者は、高校生、大学の日本語学科の学生、他学科で日本語を第2外国語として学ぶ学生、日本語関係の大学院生、社会人。調査方法は、インタビューによるパイロット調査で、日本語仕様場面をある程度明らかにし、その後、アンケート用紙にした。
2013年度:2012年度の日本語使用場面の調査結果をJFスタンダード及びCan-doの概念に基づき、台湾日本語教育に提案できる日本語使用場面活動集を作成する。
(4)現状及び今後の発展 
・グループ間で記述の仕方の統一。
・教室活動集の作成の検討。

1120賈志琳先生(豐原高校)
「文化理解を取り上げた高校における日本語授業の実践報告Can-do」のA1-1を例に
・2つの普通高校で、特に文化理解を取り上げて日本語授業を行い、教育の現場で第二外国語学習者が文化領域についての気づきや発見、比較、言語の文化背景などを意識させるという学習目標に達成することを目的とする。なお本発表では、日本の食文化についてというテーマを通し、学習者に50音を勉強しながら日本文化の内容を接触して理解させ、異文化に対しての好奇心をもって学習意欲を上げさせ、言語の勉強にも役に立つ実践を報告する。

1300馮寶珠先生(輔仁大學)
「初級日本語会話のCan-do Statements評価の試み」
    • 初級日本語会話の授業の中間テストにおいて、Can-do-statementsを用いた評価表によるタスク型オーラルテストを行った。その結果、評価方法や学習者本人、評価者にもわかりやすい評価シートへの改善などの課題が出た。

Qオーラルテストとはどんなもの?
A中間テストでは、6-8名で1組。今まで習った文型や語彙を取り入れて寸劇をする(今回は買い物について)
期末テストでは、1分間の自己紹介。絵や写真を見せて話す。先生が質問してそれに答える。
Q:実際評価してみてどうだったか?
「1」は少ない
Q:文型シラバスである『みんなの日本語』をCan-doで行うには、各課を場面シラバスに切り替えなければならない。そのため、今回のは会話授業にフォートトリオを入れた評価の活動ではないか。
A:そうかもしれない。

1330陳美玲先生(東大學)
「聴解におけるポートフォリオ評価の試みー自己評価を中心にー」
本実践の目的は自己評価の前段階として学習者の内省活動を観察することに重点を置くことである。今回は主に、聴解についての自己内省意識の確認、目標の設定、自分の聴解についての練習法及び困難点を明らかにすることを考察の対象とした。その結果、自己内省を通して、意識化し始めた効果が見られるものの、問題点としては多くの学生は「慣れていないため、活動の意義を十分理解しないままで書いてしまった」そして「人数が多いので、教師からは一人一人に対し詳細なフィードバックができなかった」などが挙げられた。

Q:授業の活動の中で、評価のものさしをどのように導入しているのか
A:学生のレベルの差が激しい。ポートフォリオだと従来の筆記の評価とは違う。聴解の授業は人数も多く、レベルの差が多いので、このやり方では何か違う効果が得られるのでは?

1415上条純恵先生(交通大學)
「大学の第二外国語のA1産出のクラス活動について」**
    • 大学の第二外国語のクラスで、A1の言語活動の「産出」を目標に行った授業9週分の実践報告である。産出項目の①自分の身の周りのもの(人物、動物)を描写しながら、説明できる②部屋の中を描写しながら紹介できる③自分の日常生活(一日の行動)が説明できる、という3つの目標のクラス活動を発表する。
Q:ルーブリックの評価で微妙な差のところをどう処理するか
A:たしかに悩むところである。
Q:学生に発表させるのは、どのくらい?毎回全員?
A:1回目だけ全員発表。それ以降は一部の学生のみ。行いたいけど、時間の制限があり、今後どのように活動を行っていくか検討の必要がある。

1445加藤稔人先生(中華大学)
「学習開始後3ヶ月で日本人と対談できるコースデザイン」**
    • オーストラリアを中心に行われてきた具体的なヴィジターセッションの接触場面を想定し、それを到達目標としてシラバスの中に組み込んだコースデザインについて触れる。次に台湾の中華大学でデザインし、運営してきた日本語専攻の1年生を対象とした会話コースを紹介する。

Q:それぞれの学校では、指定された教科書があるが、何か教科書はあるのか?
A:ある。会話のコースデザインに合わせて作った自作教材である。

Q:教師間の評価の統一は?
A:完璧な統一は無理。でもコーディネーターが先に評価のポイントを示すことで、なんとか差を縮められると考える。

Q:ヴィジターセッションでは、1年生の場合、会話を発展させることができないから、先輩の映像を見て、いいところと悪いところを話し合わせたほうがいいのでは?
A:23年生では、会話を発展させることをやっている。

Q:ヴィジターセッションで沈黙してしまった場合はどうするか?
A:グループに必ずできる人をおいている。または34年生の先輩にもお手手伝いを頼んでいる。

1530頼美麗先生(文藻外大)
「文型シラバスの授業をCan-do化する試みーA1レベルを中心にー」**
    • 大学1年生で文型シラバスによって構成された指定教材があるクラスにおいて、1課から順番に学習項目を提示するのではなく、Can-doの目標に沿って学習目標の提示を行った。このCan-do化した授業はどのような効果をもたらすのかを実践報告によって明らかにしようとした。その結果、学習者からは目標が明確になり学習意欲が出た、表現したいことを自ら調べようと思うようになったといった肯定的な意見が多く見られ、効果があったことがわかった。その一方で少数ではあるが、もっと文法を勉強したい、タスクを達成するより文型練習を中心とした授業が望ましいといった否定的な意見もあったが、今後は教材とCan-doの更なる擦り合わせが必要であり、適切な評価方法は何かを今後の課題として検討していきたい。
Q:目標の提示の仕方について
A:目標を提示する際は、中国語を使用し、例を出しながら説明した。

1600溫雅君先生(靜宜大學)
CEFRに基づいた日本語教育実践初級日本語会話授業を例にー」
2011年9月から現在までCEFRを参考にして初級日本語会話授業のカリキュラムを修正し、実施した実践教育の経緯と感想を報告することを目的とする。
Q:教科書は、台湾の日本語教育現場を設定するのではないため、場面がふさわしくない場合もある。その場合はどうしているのか?時間の配分は?
A:なるべく実用の場面におきかえ活動する。
Q:教育実践についての評価
A:英語訳のCEFRの評価表を中国語に翻訳されたのを使っている。

1630陳文瑤先生(大葉大學)・荒井智子先生(銘傳大學)
「大學2年と4年の日本語合同授業の実践報告縦のアーティキュレーションを考える」**
    • 20124月に大葉大学応用日本語学科の2年生と4年生によって行われた合同授業を実践報告する。学年の異なるクラスの合同授業は「縦のアーティキュレーション」という考え方から捉えることが可能であるかを試みた。そして、「縦のアーティキュレーション」は、次の学年への繋がりというだけでなく、視点を変えれば、協同作業を通した学習目標を設定することで学年の異なるクラスの合同授業を実践できるという新たな可能性があることを提案する。

Q:活動の目的や方法(~ができるのレベル設定など)がもう少し具体的にしたほうがよいのでは。
Q:縦のアーティキュレーションの定義とは?ただ単に異なるレベルの協同授業(活動)。
A:レベルで考えると下から上だが。。。
Q;なぜ24年生なのか、2年と3年、或いは3年と4年のほうが自然じゃないか。
A:3年生になるとPPTを使って発表できるという目標なので、2年生はその下準備になる。またこの2年生はもともとできるクラスで、3年生と同じくらいのレベルでもある。

【総評】
横山先生から
・感動した。
・実践内容は、どれも非常にチャレンジしていてよかった。
・高校の文化授業は、効果などが見えにくいものだけど、よくやっていた。
・聴解の一番効果が見られるもの、プロダクト。
・評価が備わないと、いけない。
・台湾Can-doができるといいと思う。
工藤先生から
・テストをどうやって行っていくかを考えていくべき。
・もっと先生同士で教育実践について意見交換するべき。
陳淑娟先生から
・昨年當作先生がルブリックの講座があったお陰で、今回評価表の詳しい内容についての議論が多かった。皆さんの新しいチャレンジで前へ大きく一歩進んだと思われる。
・日頃同じ職場でも同僚間でアーティキュレーションするのが難しい。今後J-GAPの仲間で定期的に実践発表会を行いたい。また、各大学、高校の職場に戻られ広めたら、段々輪が広がっていく。

883810_779692152045711_320027633_o.jpg
J-GAPTAIWAN第21回例会
【議事録】
日時:2014年2月8日(土)
場所:台中科技大学資訊ビル42407会場
講師:當作靖彦先生(カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授
出席者:陳淑娟、陳美玲、黄英哲、陳姿菁、羅暁勤、許均瑞、荒井智子、陳文瑤、頼美麗、馮寶珠、長谷川理恵、上條純恵、加藤稔人、陳文敏、郭毓芳、賈志琳、岡本輝、黄瓊慧、内田さくら (秘書)、外部の参加者含め45人。

主題【ソシャルネットワーキングを学ぶ】
8:509:00 【開会式】(黄英哲 主任)
900930【ワークショップの目的・背景】(以下、當作先生)
21世紀の社会〉
・グローバル化した多様かつ複雑な社会
・情報・メディアが氾濫し、テクノロジー主導の社会
・ネットワークで複雑につながった社会
〈言語学習の価値〉
・言語学習の価値とはつながりを作ることである。
〈学力観の変化〉
・21世紀を生きるために日本語を学ぶ。
〈21世紀必要な学習スキル(特に大切なもの)〉
・高度の思考能力、問題解決能力
・協働能力
21世紀の課題テーマ〉
・世界状況を見て、動きを理解する能力
・現実の場面で学習するスキル
・創造力
・高度の思考能力、問題解決能力
・コミュニケーションスキル
・協働能力
・柔軟性、環境適応能力
・自主性、自己管理能力
・社会的スキル、異文化コミュニケーションスキル
・高い生産性、自己説明責任
・リーダーシップ能力と責任感
〈新しい形態の学習と評価〉
・ディジタル・ストーリーテリング
・ディジタル・キュレーション
・ディジタル・ポートフォリオ
教師の仕事はこれからはカリキュラムを作る人になる。

9301045【ディジタル・ストーリーテリング】
〈ストーリーテリングとは〉
・物語をすること
・ストーリーテリングでは、他人と自分の経験を共有したり、自分の経験の意義を理解したり、自己表現をしたり自分と自分のまわりの世界の関係を理解したりするために、ナラティブが使われる。
〈ディジタル・ストーリーテリングとは〉
・ディジタルメディアを使い、個人、コミュニティーの話を作り、記録し、共有すること
・音声、イメージ、ビデオ、テキストなど組み合わせ物語る。
・提示的なコミュニケーション(プレゼンテーション)
→準備ができる、編集できる、改良できる、練習できる、一番いいものを選ぶことができる
・作るプロセスと作られたプロセスが重要:学生に勝手に作らせるのは禁止。必ず目標を設定する。→作ったものには必ず評価する!!ルーブリックを先に学生に示す。
Photpeachを使って、初級クラスで語彙を教えることができる
10:00フォトピーチを作ってストーリーテリングを作る。
Qどのように評価をするのか?
Awiki上にルーブリックの例がある。例えば、いい写真か?音楽の選択?イメージの選択。正確さと語彙。クレジット(使った写真がどこから来たか?ツールによっては入れられる。)などの項目で評価することができる。
Q.ポートフォリオとCEFRCAN-DOと関連させることができるのか
A.できる。ただし、学生のレベルに合わせて学生の母語で提示することも可能。
ルーブリックを作ってくれるサイトもある↓
http://rubistar.4teachers.org/
11001230 【文化のキュレーション活動】
〈言語教育における文化教育〉
〈文化の3要素〉
①文化行動(Practices)
②文化の所産(Products)
③パースペクティブ(なぜ日本人がある文化行動を示すのか。なぜ日本にある文化の産物が存在するのか)

・教師が教えるよりかは、学生が自分で理解することが必要。
(文化行動、文化の産物を自分で知る)
〈文化のコードスイッチング能力〉
・21世紀を生き抜くために重要なスキル。日本語の授業で教えるべき。
・長い獲得プロセス(気づき・興味・関心・発見→比較・対照→類似性と相違、自文化と多文化の理解→交渉・調整・紛争解決・共感→多文化的視野・文化のリテラシー)
〈文化教育のシラバス〉
・文化は自然に浸透するものではない。明示的な教育が必要
・文化行動、所産を教えているだけでは身につかない。組織的なシラバスが必要
・経験的学習と概念的学習の両方が必要
〈文化学習の方向転換の必要性〉
・文化情報はあらゆるところにある
・教師と学習者の役割の変化の必要性
・教室の外の現実社会と結び付ける必要性
:30文化のキュレーション
〈キュレーションとは〉
・博物館の学芸員がする仕事。博物館で、たくさんある品物から、ある方針のもとに、展示するものを選び、それをある原則に基づいて並べ、展覧会を作り上げること。
〈文化のキュレーション活動とは〉
・ある原則のもとに文化に関するウェブページ、画像、音声、動画などディジタル情報を集め、それに説明、順番などの付加価値を付けて並べ、一般に公開する。一般に公開したものには一般の人がコメントを加えたり、一般の人がその展示物を借りていって、自分のウェブページにしたりする。ここで重要なことは、どのような方針で情報を集めさせ、それをどのように解釈させ、どのような付加価値を付けさせるか。また初級の学生は、日本語のウェブサイトで探す必要はない。そのため、授業中に行う必要はなく、最初に評価のルーブリックを与えておけばいい。
・学生の言語でキュレーションをするとさらに深い文化理解をすることができる。
・反転授業(Flipped Classroom):クラスでは先生としかできないものをやる。文化のキュレーションは、課外活動。
〈キュレーションのプロセス〉
①目標設定
②トピック選定
③情報源アクセス
④意味を与える(付加価値)
⑤共有
:55文化のキュレーションの活動を行う。
(キュレーションのリソース「Pinterest」と「Scoop.it」を実際に使ってみる)
必ず目標をたてる。また集めてきたサイトについて必ずコメントする。
QPinterestを使ってどのように授業を行うのか?
A.会話の授業で、各課のトピックごとに、学生に調べさせる(例:家。新幹線)そうすることで、さらに深く文化を理解することができる。

13301400 【評価のパラダイムシフト】
21世紀の言語能力評価のパラダイムシフト〉
・言語を使っていろいろなものと「つながる」能力があるか
21世紀を生き抜くための知識、能力、資質を獲得すること
90年代の言語能力評価のパラダイムシフト〉
・伝統的評価から代替的評価へ
・知識の評価から運用能力の評価へ
・教師中心の評価から学習者中心の評価へ
・成績を付ける評価から学習を助ける、能力を引き出す評価へ
・記憶中心の評価から認知力を使う評価へ
・教科書をもとにした評価から学習目標をもとにした評価へ
・応用力の低い評価から文脈に依存した現実性の高い評価へ
〈代替的評価とは〉
・実践能力評価
・ダイナミック評価
・プロジェクト・ワーク
・デモンストレーション
・ルーブリックを使った評価
・自己評価、ピア評価、グループ評価
・ポートフォリオ

14001530 【ポートフォリオ作成のためのツール】
〈ポートフォリオとは〉
・ある学習期間の学習者の努力、能力発達状況、目標達成度などを示す学習活動の状況、結果を目的持って集めたもの
・教育における評価にりようされるようになり、代替的評価の一つの方法として使われる
・形成的評価、総括的評価に使われる
・学習者の学習のストーリーを語るもの
・学習の状況・結果を集め、選択し、構成し、内省するプロセス、そしてその結果
〈ポートフォリオに入れるもの〉
・学習活動のサンプル(書いたもの、研究した結果、レポート、絵、イラスト、図、ゲーム、調査結果、写真、テスト、内省レポート、ビデオ、ウェブページ、自己評価、ピア評価、教師評価、教師コメント、観察レポート
・ポートフォリオの目的により入れるものが異なる
〈なぜポートフォリオか?〉
・学習者に学習の責任を持たせる
・学習者を学習の中心にする
・学習目標を明確にし、それを達成するように活動する
・学習目標を可視化する
・学習の結果得た知識、能力、資質を可視化する
・学習状況・結果を内省する
・伝統的なテストで捉えられないことを捉える
・多様な学習のニーズを満たすことができる
・学習、教育に関する様々な決定のためのデートを提供する
〈ポートフォリオ構築〉
・ポートフォリオの目的を明確にする
・ポートフォリオに入れるもの、それの選択の仕方、それの構成の仕方を明確にする
・ポートフォリオの作成過程、作成結果の評価の基準を明確にする(ポートフォリオの内容物の評価、内省の評価、ポートフォリオ自体の評価)
〈ポートフォリオのタイプ〉
・ショーケース型―知識、能力、資質を示す
・成長型―能力成長の過程を示す
・スキル型―スキルごとの能力を示す
・パスポート型―あるレベルを達成したことを証明する内容を集める

15451700 Eポートフォリオテンプレート作成】(「Livebinders」を実際に使ってみる)
・自分が担当している授業をもとにし、Livebindersでポートフォリオを作る。
17001730 【グループディスカッション、自己評価】
・作ったポートフォリオを他人に見せ説明し、コメントをもらう。

質疑応答**
Q.ポートフォリオは学生の立場にたって作るのか?
A.あくまでも教師の立場からでよい。

Q.集めたポートフォリオからどのように実践研究に応用するのか
A.ポートフォリオは様々なことに使え、実践研究にとても役立つ。ただし学生に許可を得る必要がある。将来日本語教師になるであろう学生に対し、ポートフォリオを授業に導入することをお勧めする。

:30【閉会式】陳淑娟先生
18:00~【懇親会】義式屋古拉爵(中友デパートA14F

20140208_094857300_iOS.jpg20140208_021930807_iOS.jpg

J-GAP TAIWAN 20144月第22回活動 

タイトル:「わかる」、「できる」、「つながる」日本語教師

講師:羅暁勤先生

時間:417日午後13301500

会場:稲江高級護理家事職業学校

参加者:日本語科の教師及び教育実習生

内容:

社会の要請から、学校現場も変わっていく必要があります。どのように変わっていくかを説明していくために、現場で、いままでの学習論の変遷をお話しました。その後、社会が求める人材を育成するために、学習目標を作り直す必要もあり、そして学習目標を変えれば、もちろん教室活動と、評価法も変わっていくという土台作りを当作先生のこの前台湾でのスピーチの内容を借りながら、話をしてみました。また、目標設定を行う際に、「わかる」、「できる」、「つながり」に基づき、考えていく必要があると述べ、その後、目標設定をCAN-DO概念に基づき、どのように設定していけばいいか、また、目標達成の有無は多元評価のひとつルーブリックと、どのようにつなげていくかを説明しました。その後、ひとつ具体的な授業例を取り上げて、意見交流を行いました。


J-GAPTAIWAN23回例会「A1を可視化する」


日時:2014524日(土)13:0017:00
場所:東海大学 HT302 遠距多功能教室會議
発表者:工藤節子(東海大学)、蘇子翔 (東海大学、台中女中 文華高中)、廖家卉 (東海大学、大学院生)、陳洸岳 (政治大学 法律系)、林珠雪 (東海大学 日本語言文化学系)
出席者:陳淑娟、黄淑燕、泉 史生、溫雅珺、賴美麗、岡本輝、荒井智子、加藤稔人、許均瑞、羅曉勤、久保田佐和子、磐村文乃、内山喜代成、内田さくらなど

13:00:東海大学 黄淑燕主任あいさつ
1315:工藤節子先生「CEFR 目標1と台湾の学習者の目標」
♦日本語が少しわかる学生の既習度は0か?
・「できる」ことの再定義(ゆっくり話せば、単語がわかる、

♦それらを考慮して学習歴をどうとらえるか、また次の受け皿はどう作っていくべきか

♦A1の目標をチェックすると「聞く」項目のCan-doが少ない。
→これらを鵜呑みにするのではなく、台湾の現状を反映して自分たちのCan-doを考えていかなければならない。
台湾における言語活動は多様化細分化→カリキュラムを細かく組み立てる→つながりが見える。

1330:「A1 レベルの活動、カリキュラムの紹介」

133014:00:蘇「形容詞で表現する高校生の世界」
〈学習目標〉日常のものごとに対して自分の感覚を表現することができる
〈対象クラス〉
進学高校での第二
外国語、一クラスに30人ぐらい。日本のアニメや漫画、ドラマなどが人気
〈レベル〉A1
〈これまで勉強したもの〉
・五十音(平仮名、片仮名)、~です。

〈下準備〉
・カード作り
・形容詞―い形容詞(かわいい、おいしい、すごい、怖い、やばい、まずい)
な形容詞(きれい、便利、すてき、じょうぶ、クール、セクシー)
表記:漢字(ふりがな)

〈教室活動〉
①グループ分け5人1組
②流れを説明
・一組にカード3枚
・単語の意味を先に教えず、推測させる
・3枚のカードで主語を表現
・その主語をほかの組に当ててもらう。


1主語のカテゴリを教える。「これはみんながよく使っているいる物です。」
2形容詞の使い方を教える「これは便利です。これは黒いです。これは高いです。」
3.他の組に当ててもらう。
4.答えを教える。
5.答えを教える
6.みんなが納得できなかったら、相応しい形容詞を教える。
7.形容詞のもう1つの使い方を教える。
例:これは便利な物です。
これは黒い物です。
この文法を使って、違うカードで同じ活動をもう1度行う。
設定:「この人は政治家です。」
→「この人は黒いです。この人は丸いです。この人は強いです。」など
説明する。
→他のグループが答えをあてる。「オバマ大統領」

Qなぜ最初に単語の意味を教えないのか。
A:高校生は、授業以外にこれらの単語にふれることがある。また漢字によって意味も類推できるため。

Qこの活動を通して、学生からの形容詞の提案はあるのか?
A:あるが、実際、学生たちにとって形容詞は難しい。

Q実際この活動は日本語で行われたのか?
A:形容詞の部分のみ日本語。それ以外は中国語が多い。

☆形容詞は、この活動を通して覚えられる。さらに違う活動にむすびつく。

14:0014:30廖家卉「日系企業で覚えたい一句―ラインを活用した学習―」
〈学習目標〉職場で、簡単な日本語を使い、上司とコミュニケーションができる
〈対象クラス〉
日系企業:会社員。10人。毎週2回午後5時~7時
〈レベル〉A1
〈リソース〉
・絵カード/自作50音カード
学習カレンダー

<方法>
①LINEでグループを作る。
②授業で単語を録音してから送る。

〈ラインを使う目的〉
①毎日録音を送って学生が勉強したいときに、LINEでいつでも聞ける。
②学生にも宿題として録音を送ってもらうので、、繰り返してもらううちに自然に覚えることができる。
③発音の正確さと流暢さをチェックできる。

Q学習カレンダーは各個人違うのか?
A全員同じ。学習者から要望があったものを提示するようにしている。

Q対象者の年齢は?
A大体20代~30代。海外研修のチャンスがある人。日本人上司がいる人。

Q LINEで対応できる人数は何人。また1人の教師が対応できる人数は?
A:最大限は99人。社会人とかは20人ぐらい。


14401510
15陳洸岳「A1から始めてB1へ辞書使用でできること
〈学習目標〉法律の文献が読めるようにする。

〈対象クラス〉
大学の第二外国語を選択する学生、法律学科50%、全校の学生50%。週に3時間。学生数は1学期目100人→2学期目60人に減少
〈レベル〉
A1からA2,そしてB1へ
〈教科書〉
『中国人のための日本語』41課(週に1課)
『みんなの日本語Ⅰ、Ⅱ』(練習教材)
自作教材(報道記事を使う】
〈進度〉
1週目:50音をローマ字で教える。
2週目:発音、50音の導入、自学サイトを紹介
3週目:PCの画面でローマ字入力、漢字変換。教科書の第1課
4週目:50音表記のテスト。教科書の第2課。辞書の使い方を教える。

〈教え方〉
1.この課の文法の説明
2.文を見せて、文型を確認
3.音読させる
4.みんなの日本で練習
5.ノートを取る時の指示(単語、教科書の文法、補充した語彙や文法)
〈試験〉
辞書を使い、読解テスト
〈この授業を終えると〉
1.文法はN3レベルに到達(単語、聴解は自己努力が必要)
2.この授業を履修していれば、大学院の「日本法文献読解」という法律専門の授業に出られる。

コメント
・まさしくCan-do、しっかりとした教育目標があり、それを目指して授業活動を行っている。大学の第2外国語の状況を把握している。第2外国語の場合は、人数は多すぎる現状があるが、陳先生の場合は、それをわかって、「日本語を読める」という目標をしっかりと達成させている。教科書を利用した授業だが、他の読む教材で、目標達成のできるよい実践例。


15:2015:50林珠雪「50音あとの情報理解」(読解)
〈学習目標〉
① 仮名も片仮名も見てすぐ読めるように
② 近な日本のものを日本語で読めることによって、入門期の満足感を与
える
③日常用語も同時に覚える、使えるように
〈対象クラス〉
大学日本語専攻の一年生クラス「総合A」の授業、読解を中心に。30
〈レベル〉A1

(1)材料の選定:使える、触れるもの
生教材の種類
① 台湾で市販されているお菓子、化粧品、インスタント食品など名称を材料に
②学生が興味を持っているもの。ネット上で探す
③実用的なもの

(2)教師と学生がお互いに協力
教師の役目:
①学生が自主的に行動できるように指示(方法)を与える
②道具の使い方を教える(辞書・ネットなど)
③学生が調べてもわからない言葉や先生が教えないとわからない文型や言葉を教える。
〈進度〉
50音から第3課まで(動詞に入る前に)
日本語学習の入り口として→50音を覚えながら、身体で感じる。触れる生教材によって、直感を育てる。
1週目:
①組み分け(グループ分け。4-5人1グループ、既習度によってグループ長の順番を決める)
②先生が生教材を提供
③読み方の指導
④辞書などの調べ方を提供
⑤既修者にグループの希望をもとに、次の週の材料を探してくるように指示(教師も材料を用意)
⑥宿題(復習:読み方の練習)

2週目
①宿題の確認(クイズなど)
授業時間が1時間のみ、家での練習が重点(学生の既習度が違うので、宿題の確認は契約学習でやるつもり)
②各グループの提供した生教材の発表(PPTで発表させる)
③各グループの提供した材料から共通の材料を選出
④宿題

〈進め方〉
①生教材を同じ種類の提示を繰り返すことで、それらの日本語に熟練させる。
②漢字を調べてもらって、読めるように指導

3週目
(『みんなの日本語』。時間と動詞)
交通関係の生教材を提示。

Q材料の内容は、日本のものよりも台湾にある日本語のもの探させるにはどうでしょうか?
A台湾のデパートで売られている日本食品のものをつかっている。
→観光局にある日本人のための観光資料を使うのもいいのでは?

15:401630【グループワーク】
課題
①今日の活動は何を目指しているのか、目標のレベルは A1 のどこに位置するか
②目標が達成できるようになるために何が必要か
② 題提供者の発表から感じたこと
各グループから
・好奇心を引くような項目が必要
・自分の教育目標をしぼることが必要。
・それぞれの実践がすばらしい。
・A1の観点からそれぞれの実践を見てみると、蘇さんの実践については、簡単なことばがわかる。廖さんの実践について、簡単な形式表現、陳さんの実践については、A1からB1へつながる大きなプロセスを提供してくれた。林さんの実践については、1週目の授業で、目標を提示しておいたほうがよかったのでは。
・蘇さんの実践について、ゲームを通して何ができるようになったのかということを学生さんに伝えているのか?
・陳さんの発表について:単語を調べる方法を教えることがよかった。
・A1というレベルは、JFスタンダードの木の根っこの部分をよりよくするためのものなので、すべてがコミュニケーションにつなげる必要はない。
・蘇さんの実践について:目標が必要。興味のあるものを紹介することができる。目に入ったものをすぐに説明できる。達成するために
・4つの実践に対して、ITリテラシー、反転授業の要素が含まれていると思われる。

17:00~工藤先生
・A1では、何をすればいいのかということが、今日の実践、討論の発表より見えてきた。他のレベルと一緒に見ることで、A1レベルのことを理解できたと思う。

17:05~陳淑娟先生「J-GAP台湾で目指すこと」
(1)中等教育と高等教育のアーティキュレーション
(2)JFS(或はCEFR)の方向性に基づいて台湾の日本語教育スタンダードを考える。
(3)日本語教師の勉強会を開くことからスタート
(4)教師の教授行動の変化で、日ごろの仕事の方法が変わる。
「教育目標」→「学習活動」→「評価」の一括した授業ができる
・教師個人の変化で教育の方式が変わる
・ボトムアップする力で、+将来トップダウンの力で日本語教育スタンダード
の構築が可能になる
20140524_052919422_iOS - 複製 - 複製 - 複製 - 複製.jpg20140524_060957329_iOS.jpg

20140524_083617495_iOS.jpg20140524_075754262_iOS.jpg

J-GAPTAIWAN第24回例会

日時:6月21日(土)「Can-do教育実践発表会」
22日(日)「古川嘉子先生『会話テストを体験しましょう!JF日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテストの紹介』
「LTTC陳蓉華研究員『初級的口能力評量』」
場所:靜宜大學伯鐸樓421教室
講演者:古川嘉子先生、陳蓉華研究員(LTTC語言訓練測驗中心)
参加者:陳淑娟, 邱若山,陳美玲, 上條純恵, 溫雅珺, 荒井智子, 久保田佐和子, 岡本輝, 賴美麗, 陳文敏, 長谷川理恵, 黃英哲, 工藤節子, 陳文瑤, 賈志琳, 施信余, 神作晋一, 加藤稔人, 黃鈺涵, 羅曉勤, 許均瑞, 郭毓芳, 泉史生, 陳姿菁, 磐村文乃, 張瑜珊, 内山喜代成, 周欣佳,田さくら

6月21日(土)8:50~17:00「Can-do教育実践発表会」
8:50
李偉煌先生
(靜宜大學日文系主任)
開会式
9:00
古川嘉子先生
司会:陳淑娟先生
【基調講演】
JF日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテストに見る会話能力」
1.開発の経緯
2.JFS準拠ロールプレイテストとは
①JFSのレベル基準を使って判定できる。
②ロールプレイを通して「口頭でのやりとり」能力を測ることができる。
③短時間(約15分)で実施できる。
④テスターは特別なトレーニングを受けずに実施できる。(ウェブで提供されたテスト用キットを利用すれば、誰でも実施できる。)
⑤ロールプレイや進め方を教育現場に合わせることができる。
3.テストの実際
①テストの進め方
②判定方法
③テスト用キット
4.まとめ―テスト開発から見た会話能力
10:00
司会:工藤節
子先生
パネル1:高校、補習班の実践
①「中等教育におけるA1入門期のCan-do実践例―教育実習の報告として」
発表者:陳淑娟,芝田沙代子、福長浩二、清原昇太、姜紹蘭
②「JF日本語教育スタンダードを利用したコース実践の検証―高校のクラブ活動における日本語授業の事例―」
発表者:内田さくら
③「日本語補習班受付に対する実践観察報告―授業のデザインから学習者の変容まで―」
発表者:内山喜代成
11:20

休憩
11:30
司会者:荒井智子先生
パネル2:大学応用日本語学科での実践
①「科技大学の既習者クラスにおける会話課程の実践―N3レベルスタートのクラスを例に―」
発表者:神作晋一(南台大学)
②「CEFRの能力記述文による『商業日文』の評価―ラビット・プロファイリングとの比較を中心として―」
発表者:都通憲三朗(東方設計学院)
12:25

昼食
13:10
司会:陳姿菁先生
パネル3:大学の第二外国語としての実践
①「A1『やりとり』のクラス活動の実践報告―大学の第二外国語を例に―」
発表者:上條純恵(交通大学語言教學中心)
②「日本語Can-doを利用した会話授業―A1とA2の中間のレベルのクラスにおける会話活動の試み―」
発表者:郭毓芳(逢甲大学)
③「Can-doを取り入れた第二外国語のクラス活動―A2レベルを中心に―」
発表者:黃鈺涵(台湾大学)
14:30
司会:羅曉勤先生
パネル4:大学日本語学科での実践
①「レポートに求められる形成的評価の評価基準―アンケート結果をまとめるレポートの事例から―」
発表者:工藤節子(東海大学)
②「パフォーマンステストに向けた初級会話授業のコースデザイン」
発表者:王怡人(東海大学)
15:25

休憩
15:40
司会:黄英哲
先生
パネル5:大学応用日本語学科での実践
①「日本語教師との接触場面を想定したコースデザイン」
発表者:加藤稔人(中華大学)
②「自律学習を促す初級会話の課外活動―共通言語接触場面における台湾人日本語学習者同士の“自由会話”」
発表者:徐孟鈴(銘傳大學)
③「日本語のコミュニケーション能力を育てる方法―学習者による教学ビデオの制作の試み―」
発表者:李桂芳(大葉大学)
17:00
古川先生
工藤先生
陳先生
総評
・今までの日本語教育は少しずつ積み上げていくことで、日本語能力を身につけていく形であったが、今の日本語教育で求められているのは、外と共通する目標設定・問題解決能力・批判的思考能力 キーコンピテンシー・21世紀型スキルを身につけることである。
・前回を超えた発表となった。しかし今回は時間が足りなかった。
・今回の発表のポイントは、学生の自己評価。評価とは学習者の仕事である。
・今回発表したものはぜひ投稿してほしい。

陳淑娟先生
閉会式


6月22日(日)8:50~17:00「古川嘉子先生『会話テストを体験しましょう!JF日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテストの紹介』「LTTC陳蓉華研究員『初級的口能力評量』」
8:50
邱若山先生(靜宜大學副教授)
開会式
9:00
古川嘉子先生
「会話テストとは?」「JF日本語教育スタンダード復習」
1.となりの人と会話テストの話をしよう。(現在行っている自分たちの会話テストを隣の人と話す)
①テーマを与えて、3人で会話をさせる。
②事前にテーマロールプレイ(誘いなど)→自然会話に近い
③会話のクラスを小クラスに分ける。小クラスで1学期で会話がうまくなったことを証明しなければならない。
→評価をどう使うか?学生に提示。または学校に提示するためのもの。
2.JF日本語教育スタンダードの紹介
(1)JF日本語教育スタンダードの理念
(2)JFスタンダードの木
①木の根:コミュニケーション言語能力(言語によるコミュニケーションを支えるもの)
②木の枝:コミュニケーション言語活動(言語能力を基盤として、木の枝のように広がり、多様性があるもの)
③JFスタンダードの木を活用すると
→学習者に必要な言語活動と、その言語活動を行うために必要な言語能力のカテゴリーはどれかを考えながら、学習目標を検討できる。根や枝のどの部分を学習する必要があるかを考えることによって、学習目的に応じた学習方針を組み立てることができる。
④6つのレベル
海外で学ぶ場合はA2まで到達すれば十分。
大学で学ぶ場合:Bレベル
アカデミック、専門性:Cレベル
ネイティブと言っても、Cレベルとは限らない。
CEFRはネイティブ並を求めているのではない。今まではネイティブを理想としていた。
(3)Can-doとは
①Can-doとは
・日本語の熟達度を「~できる」という形式で示した文。CEFRの6つのレベルで提示
・日本語の熟達度を客観的に把握できる
・学習の目標を明確にすることができる
・熟達度や目標を他の人や機関と共有できる
②CEFRCan-doとJFCan-do
CEFRCan-do:どんな言語でも使える(一般的・抽象的)。活動の特徴、レベルの特徴
JFCan-do:活動の特徴、レベルの特徴。場面や目的など具体的な活動
→CEFR、JFSの弱点:レベル判定が難しい。
10:45

休憩
11:00
古川嘉子先生
JF日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテストとは
(1)開発の背景
(2)テストの特徴
①JFSのレベル基準を使って判定できる。
②ロールプレイを通して「口頭でのやりとり」能力を測ることができる。
・テスターと受験者が1対1でロールプレイをすることで口頭の「やりとり」の能力を測る。→課題遂行能力を評価
③短時間(約15分)で実施できる。
④テスターは特別なトレーニングを受けずに実施できる。(ウェブで提供されたテスト用キットを利用すれば、誰でも実施できる。)
⑤ロールプレイや進め方を教育現場に合わせることができる。
・ロールプレイの内容、テストの進め方をカスタマイズ可能
(3)実際に音声を聞いてレベルを判定する。(A2レベル、B1レベル)
Q.テスターの身分、立場の設定はあるのか?
→待遇表現を見るためには必要だが、社会言語能力のための敬語などはこのテストでは特に測らない。このテストでは、基本的に同僚や友人など横の関係になっている。

Q.テスターが自分で評価する形だが、他の人と話をして評価を討論することはできるのか?

Q.学習者が話し方がもごもごしていたり、発音など、聞き取りにくい場合は判定基準にどう反映されるのか?
→わかりにくい場合は、確認をする。または、はっきり話すように促す、もう1つ別のタスクを行う。他の日本人もわからないだろう思われる話し方は、マイナスと評価する。

Q:B1レベルについて、○「相手からの働きかけがないと、話し続けられないことがある」と△「相手からの働きかけがあれば話し続けることができる」と同じような内容だけど表記が違う。

Q.A2の◎について、答えのところに想定外の部分があった場合、どう判定するのか?
→タスクは達成できているので、◎の判定でいい。またそれでロールプレイを終わらせばよい。

Q.B1レベルの○と△の判定について、録音を聴いているのとテスターとして聞いている場合、判定のし方が変わってしまうがどうするか?
→評価する場合、一般の日本人が聞いてわかるかどうかで判断する。(日本語では相手に伝わらない場合はダメ)
12:30

昼食
13:30
古川嘉子先生
ペアでA2レベルのテスト体験・振り返り
(4)映像を見ながら、ロールプレイテストの進め方を紹介(マニュアルPP14)
・テスターは、会話が自然にいくようにする。そのため、テスターは、わかってなくても、時々わかっていないふりをする。
・テスターの会話の引き出し方は、様々である。ただ、レベルに合わないような難しい表現は避ける。
・判定ができたら、早めに会話を終了させる。
・基本的に、あまりメモはしない。
・テストをやった感想として「楽しかった」「これがテストなの(テストという感じがしない)」「あれができなかった」などが出てくる。
・15分のロールプレイの中で、最大6つできる。

Q学習者が永遠に話し続ける場合どうするか
→テスターが会話を切らなければならない。

Q各項目、敬語とかですます体などを使っていい指示があるのだが、最近の学生はですます体と友達言葉をまぜて話している。テストの場合、このように混ぜた話し方は大丈夫なのか?
→一応、大丈夫。不自然な言い方であれば、試験後、テスターからフィードバックすればよい。

Qテスターが次の言葉が出てこない場合どうすればいいか?
→テスターも、あらゆる言葉を想定していろいろと考えておくべき。

QA2の中でもトピックによって難易度が違うのでは?
→ロールカードを見て、学習者にとって難しいと思われたら、やめてもいい。それか最初にはやらない。

QA2のロールプレイ③について、初級レベルだが、症状を説明する際、テスターはつっこんだ質問(「どのような症状ですか」「ずきずきですか。きりきりですか」)して学生が答えられなかった場合。
→基本的には、このような質問は避けるべき。学生のレベルがA2レベル以上と思われる場合はしてもいいが。基本的には、A2レベルのタスクを達成させることが重要。

ワーク:実際にペアでA2レベルのロールプレイテストを体験する。
Qキーワードだけで話が通じてしまう場合、判定はどうなるのか
→現実的ではないかもしれないが、学習者が話すようにするため、テスターは気が利かない人とかになってもいい。
15:00

休憩
15:15
古川嘉子先生
質疑応答
Qこのテストは、プレースメントテストのみ?
→アチーブメントテストでも使える。ただロールプレイの内容は変えてもらう必要がある。

Qこういうロールプレイカードは、事前にロールプレイのテーマなどを見せて、それに向けた練習などをする。
→その通り。ただしこのテストで大切なことは、タスクが達成できたかどうかである。

Q日本語能力試験の会話のテストは、JFSと関連があるのか
→能力試験では決して会話テストを無視しているわけではない。ただし間接的である。聴解の部分でもある。

QB2の「意見を言う」というのは、「話題が身近なレベル」と記述されているが、B2がかなり高くなるのでは?その場合、C1,C2はどのような問題を作ればいいのか?
→B2はその国で十分にやっていけるレベル。Cレベルは専門性がポイント。すべての技能で、Cレベルを求める必要はない。

Qロールプレイテストを作る過程で、役割分担をして行う。機能主義との兼ね合い、レベルを上げていくと、機能主義をどのように取り込んでいくのか
→もとにしているCEFRが、課題遂行能力を重視している。??
15:45
陳蓉華研究員
(LTTC語言訓練測驗中心)
LTTC『全民英検』会話テストの紹介―初級レベルを例に―」
1.口答試験のデザインと発展
1)試験をデザインする上で重要な要因
・対象者は誰か
・測定の目的は?
・評価は?
・成績の使用者は?
・測定の内容
2.評価基準の設定
3.「全民英検初級口頭能力試験」の紹介
4.測定の手順
5.実例紹介
6.質疑応答
Qテスターのトレーニングはどのくらい?
→3時間で大丈夫。
Qテスターどんな教師でも大丈夫か?
→現役の高校の教師でなら大丈夫。
Q時間内に答えられなかったら減点?
→答えてほしいポイントは大体時間内に言えるから問題ない。
Qテスターの資格は必要か
→ない。
17:00

閉会式

1468716_315315795294447_7354558973298696194_n.jpg10367680_315315761961117_1680579863611700295_n.jpg10423761_315316145294412_4659096219636207542_n.jpg

10426607_315315965294430_1032641174287364642_n.jpg10500336_315316235294403_7788744885279910909_n.jpg10500336_315316235294403_7788744885279910909_n.jpg



J-GAPTAIWAN第25回例会

習ってすぐに使えるようになる日本語コースのデザイン
~到達目標の設定と評価~
日時: 2014年9月27日(土) 13:00~17:00 (12:30~受付)
場所: (公財)交流協会台北事務所 B1 文化ホール
講師: 加藤稔人 (中華大学応用日語学系 助理教授)
賛助:国際交流基金
目的:1.実際使用場面を想定した到達目標を設定できる。
2.目標を達成したかを測るのに妥当な評価法を選べる。
3.到達目標と評価内容に合ったシラバスを作れる。
参加者:32名 加藤稔人 陳淑娟 工藤節子 賴美麗 馮寶珠 黃鈺涵 施信余 陳姿菁 孫寅華 荒井智子 陳文瑤 周欣佳 内田さくら 管美燕 李尚軒 磐村文乃 内田陽子 稲葉紫穂 王怡人 下元宏展 黄麗雲 芝田沙代子 
欣芳 陳勁翰 小池一平 廖育卿 池田晶子 楊淑惠 武田牧人 許慧如 羅暁勤 張瑜珊(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)


映像: https://youtu.be/89b140CN_U4?list=PLdx1KfjosUC6U4VQOsh-rjDwGh7jY4Q-
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=63

時間
内容
13:00-14:00
今日の目標
1.実際使用場面を想定した到達目標を設定できる。
2.目標を達成したかを測るのに妥当な評価法を選べる。
3.到達目標と評価内容に合ったシラバスを作れる。
オーストラリアの日本語学習状況
学習者が多い
コミュニケーション能力重視
1.運用能力を到達目標とした日本語コースが全国で普及 
  オーストラリアでは20年以上前から始まっていた。
2.毎回の授業のはじめと終わりにobjectivesを確認
・シドニーで使われていた教科書を見る 英語を用いてobjectivesが書かれていた。
3.実際使用活動を組み込んだコースデザイン
   学習開始9週で日本人ゲストを教室に招いて日本語によるコミュニケーション
・現在中華大学で学習開始12週のビジターセッションの様子を見る。
どうして実際に使用活動をするのか?
具体的かつ明確な到達目標を与える
1.早期に目に見える成果。
2.コミュニケーションは楽しい。
3.近い将来に日本人に対して使うことが分かっている文型や単語の練習は現実味があって効果が高い。
4.実際にいつ使うかわからない文型や単語を覚えるのは現実味に欠け効果が低い。
5.すぐに成果を出さなければ日本語を使って何もできないまま学習を終了。
日本人とまとまった会話はできないまま学習終了
6.教室でのドリルやロールプレイだけでは実際に日本人とコミュニケーションする能力は身に付かない。
実際のコミュニケーションには多くの制約
やり直し不可、共有知識の有無
実際に相手に悪い印象を与えたり、不利益を被る危険性

オーストラリアでは人的リソースの制度がある
家庭訪問では 何を質問するかだけでなく、事前にお土産を考えたり、訪問後のお礼状を書いたりなどもする。
・中華大学の街頭インタビューの様子
・ビジターセッション 練習ではない真のコミュニケーションをする。
 様々な問題に直面する → コミュニケーション上の問題に対応するためのストラテジーを練習する。
中華大学では
日語会話(一)の大目標
1.中華大学を訪問した姉妹校の教員や学生と流暢かつ適切なコミュニケーションができる。
2.中華大学の日本人教師と流暢かつ適切なコミュニケーションができる。
注意
ただ教師以外の日本人と話す機会を与えるだけではいけない
コースデザインの段階から具体的な準備が必要
知っている≠できる
社会言語 談話構成 ストラテジーを勉強することが必要

到達目標の設定
1.「~できる」という能力形式で
2.Outcomesは明確かつ具体的に
○「日本に行ってマクドナルドでハンバーガーを注文できる」
×「基本会話ができる」→基本会話は人によって違う

Q クラスの能力の差が激しい場合はどうすればいいのか (稲葉先生)
  マクドナルドで注文する N1にとっては簡単すぎる 50音がやっとの学生は難しい
A 中華大学ではクラスのレベルが同じである。
  学生によって異なる目標を立てる必要がある。それぞれの学生に応じて達成度を変える。

Q 發音に問題があるのではないのか。どんな教科書をつかっているか。学生は一クラス何人か。(黄麗雲先生)
A 教科書は自作教材 学生数は一年生30名弱 發音の場面においてはタスク達成を目標としているので發音や文法が正しいことよりも、タスクが達成できることを重視する。

Q ObjectivesやGoalsは授業前に確認できているか。学生の能力の差はどうするのか書いたものを暗記している学生についてはどう評価しているのか(陳先生)
A できるだけ確認するようにしている。書いて準備したものも、試験の先生の前で話せれば大丈夫テスト中は見ることができない。

Q ビジターセッションはテストの評価に含めるのか。グループワークの学生の貢献度については(齊藤先生)
A 中華大学ではビジターセッションは評価対象にしていない。ニューサウスウェルズ大学では評価対象としていた。教員が見て回って評価していた。ビジターセッションはあくまでも到達目標としてのものと考えている。
14:00-15:00
グループワーク
実際に担当する(可能性のある)コースの到達目標を設定する。
到達目標の設定
1.具体的な日本人を相手とした実際使用場面で「~ができる」という目標の設定
2.コース終了前または近い将来に学習者にその実際使用の機会がある。
A グループ
中目標
1.自己紹介 出身 専攻 趣味
2.相手の名前などを聞く
3.そこの国に行った際のことを聞く
Bグループ
大目標
インターネットで買い物、予約ができる
中目標
商品を交換する 質問する 予約する
C-1グループ 東海大学
大目標
先生、TAとのやりとり 学生同士(台湾人)とのやりとり
中目標
誕生日おめでとう
わからないところをきく
欠席の連絡
さそい
お勧めの店を紹介
ポートフォリオの表紙を作る。
C-2 グループ 高校生
大目標
姉妹校の学生と交流ができる。(1年に一回の交流がある)
中目標
自己紹介ができる。
キャンパス案内をする。
Dグループ
大目標
日本へ個人旅行に行く場合
中目標
困った時に問題を解決する。 忘れ物 警察
自分の知りたい情報を入手する。 ホテル 名所 土産物
交通手段をうまく利用できる。 標識 指示など
初めて会った日本人と楽しく会話できる。
Eグループ
日本語専攻1年生
大目標
母語話者に対して(姉妹校の生徒、ミニガイド)
自分のことを紹介できる。
相手のことについて
簡単な情報を聞き出すことができる。
中目標
台湾の観光地(夜市)食べ物について 簡単に説明することができる。
Fグループ
補習班 状況が様々である 。
小目標
日本人の家を訪問するときのマナーが分かる。
お土産をもらった時に感謝を表すことができる。
評価目標と内容の設定
1.授業で教えたことを試験に出すのではなく、事前に到達目標に掲げたことを試験にする
2.コース初日に試験の概要と評価表を配布して評価内容を学習者に伝える
3.到達目標が達成されたかどうかをできるだけ現実場面に近い方法で測る
運用能力の試験
信頼性よりも妥当性を重視する
15:0016:00
評価のグループワーク
それぞれ先ほど考えたコースについての評価を考える
Fグループ 
ロールプレイ
補習班では評価が避けられがち
学習者間で評価する できたらシールをもらう ルーブリックの最後の項目ではマイナスの言葉は入れない
補習班では何かができるという目標設定をするならば個人個人目標を考えていく必要があるのではないだろうか
(東海大学小池先生)自己評価を取り入れたらどうか 一冊ノートを買って毎回自己評価を記入していく方法もある。
Eグループ
教室内に夜市を設置する 教師やTAをつれていき食べ物等の説明をする
最後に教師にインタビューする
Dグループ
ロールプレイ
1.会話の円滑な導入・終了
2.目標達成
3.適正性
レポートで情報を整理してまとめる
C-2グループ
ロールプレイ
先生が日本人の高校生を演じる。
校内を案内する時の会話を評価する トイレへ行きたいと言われた時など、どうこたえるか
C-1グループ
構造シラバスとタスクシラバスを組み合わせて
1.タスクをメールで送る。
2.構造 翻訳の練習 中国語を日本語に訳させる。
3.相互評価 ポスター FB PPT
4.自己評価 日記
Bグループ
ロールプレイ
架空の買い物サイトで買い物してみる。
商品 送料についての質問をさせる。
間違えたものを送りそれに対処させる。
実際のホテルや民宿のHPをみて
教師に質問させる 空き部屋や朝食部屋の希望を伝える。
情報を読み取る練習として読んだHPの情報をFBやブログに書かせる。
Aグループ
学生と1対1で相手に自己紹介をする
学校の先生、学生によって自己紹介の仕方が異なる。
姉妹校にキャンパスを紹介する
16:001630
シラバスデザイン
習ってすぐに適したシラバス
適さないシラバス
構造シラバス
構造シラバス → 学習者がすぐに何かをできるようになるという視点はない
会話の場面は文型導入のついでの後付になっている
学習者に本当に必要でまとまった場面設定はできない
場面設定がバラバラで各会話場面の関連性がない
台湾で学ぶ学習者がいつ使える?
日本語GOGOGO
構造シラバス
やはり場面設定がバラバラである
学習者の到達目標はどこで、誰に対する、どのような会話なのか
トピックシラバス
長所
学習者に必要な場面やトピック、機能から学習すれば、習ってすぐにつかえるようになる。
短所
習っていない場面や話題、機能では対応が難しい。
実用性と効率重視のコース
1.到達目標設定
2.評価内容決定
3.シラバス作成
4.教材作成/選定/修正
学習動機や目的が異なるすべての学習者に対して万能の日本語教材はない(地域や目的によって必要なものや優先度は異なる)
市販の教科書そのままでは対応できない
国際交流基金「まるごと」
台湾でそのまま使うことはできない
わたし 私は台湾人です。私は学生です。
食べ物 台湾の食べ物がない
買い物 台湾国内で日本語で買い物する機会はあまり多くない。

シラバス
構造シラバスの教科書の完全否定ではない。
能力試験対策などには適している。
中上級を目指して集中的に受講できる場合は体系的な文法積み上げも無駄ではない。
コミュニケーション能力を効率よく向上したいなら構造シラバスの教科書は適さない。
初級で学習を終わる学習者に文型だけを中途半端に積み上げても何でもできるようにならない
授業
1.コース初日にgoalsと評価内容を学習者に配布して説明する。
2.毎回の授業のはじめにその日のobjectivesを学習者にアナウンス。
3.毎回の授業の終わりに事前に行ったobjectivesを達成したかを確認。
4.練習内容と試験との関連を頻繁に伝え、常に試験(=到達目標)を意識させた練習、活動を行う。
5.到達目標と同じ/近い場面設定で練習、活動をする。
6.会話文の朗読や学生同士のペアワークだけでは実際場面で対応できない。
最後に
1.すべての授業が実際使用活動を組み込む必要はない
2.多様な学習者のニーズに対応するため、いろいろな授業が必要なのでは
台湾国内で学ぶ学習者が効率的かつ効率的に日本語を使って何かができるようなコースデザインの普及を!
16:30-17:00
まとめ・質疑応答
Q日本語学科の学生が対象ではない会話の授業ではこれからTAを使って授業を行うようにしようと考えている。(黄先生)
QTAの予算が厳しくなっていているので、よくできる学生を活用していくのも一つの方法である。(工藤先生)
Qもしも姉妹校等がなければ人的リソースはどうするべきなのか(下元先生)
A姉妹校以外でも人的リソースを活用する方法がある地域の日本人を使ったり、知り合いの日本人を呼んだりしている。日本人観光客なども活用できる。名所名所に行ってインタビューする。
Qオーストラリアでのビジターセッションの経験は台湾ではなかなか難しいが、それを台湾で実現させている加藤先生の功績は大きい。(陳先生)
Qこれからはレベルでつながりが見えてくるA1コースの会話A2コースの会話となってこれば次のつながりになっていく(陳先生)
Aそれぞれの環境によって授業をデザインしているので他の学習者に当てはめて作っていくのはなかなか難しいオーダーメードで作られた授業。(加藤先生)


J-GAPTAIWAN第26回例会

Can-do活動集の開発及び使用~A1A2の教材・教授法を例として~
日時: 2014年10月25日(土) 13:00~17:00 (12:30~受付)
場所: (公財)交流協会台北事務所 B1 文化ホール
講師: 陳 姿菁先生(開南大学応用中国語学科日語学系・応用日語学科 副教授)
司会: 許 均瑞先生(銘傳大學応用日語学科 副教授)
主催:台湾日本語教育学会J-GAP TAIWAN
賛助: 国際交流基金
参加者:32名 陳姿菁 許均瑞 陳淑娟 黃鈺涵 上条純恵 賴美麗  施信余 磐村文乃 内田陽子 羅素娟 李桂芳 加藤稔人 郭碧蘭 周若珍 下元宏展 斎藤朗子 郭毓芳 陳玉英  内田さくら 楊淑惠 廖育卿 伊藤義人 池田晶子 芝田沙代子 清原昇太 羅暁勤 張瑜珊許惠晴 李尚軒 邱英英(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)
趣旨:
・J-Gap TAIWANの設立経緯を紹介する。
・<日語A1A2級の教材教法>の使用方法などについて紹介する。
・担当するコースを実施するモデルとして新たな教案を作成してみる。
・グループで作成した活動集を発表する。
・連続性・一貫性を持った日本語教育をするために何が必要かを一緒に考える。
参加者からの声:
・担当の陳姿菁先生に感謝。J-GAP成立した経緯、これまでの活動をよく理解できた。
・「Can-do 活動集」の出版が教師にとって大変役に立った。JFスタンダードのCan-doサイトを活用できるようになった。
・それぞれの現場の問題を聞けてよかった。問題点を共有しながらそれぞれの解決方法を考え、議論できてよかった。
・今日教えてもらった方法を生かし今後、教室でやってみたい。などなど。


映像: https://youtu.be/zoaJrAXqJFM?list=PLdx1KfjosUC6U4VQOsh-rjDwGh7jY4Q-b

J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=122

時間
内容
13:00-14:00
発表者 紹介・挨拶
・教案1A1の「これは~です」
・教案2A1の「~が好き・嫌いですの教案を作成
→話し合う
・学習者の能力は学校の成績や能力試験からは分からないのがある。
Can-do CEFR JFスタンダードの説明
日本語能力がどのように記述できるか。標準がつくれるか。
本日の趣旨
・J-Gap TAIWANの設立経緯を紹介する。
・<日語A1A2級の教材教法>の使用方法などについて紹介する。
・連続性・一貫性を持った日本語教育をするために何が必要かを一緒に考える。

Cando活動集の開発における経緯
・J-GAP成立の経緯、J-GAP Taiwanの歴史と歩み
・Can-doという概念を教室活動に活用するため活動集を考えた。
14:00-15:00
Can-do活動集の使用と作成
活動集の内容説明と使い方
活動集は実際の授業に合わせさらにアレンジして活動に応用できる。
A1の実例の紹介
これは~です。
例)くまもん、ブラックサンダー、半澤直樹などの身近な単語を使って平仮名カタカナの確認になるし、日本文化と結びつく。
~が好き・嫌いです。
例)食べ物
日本の食べ物の言い方、ビンゴを用いて活動 
中国語で問題を出して日本語の単語でマッチングさせる。
例)ドラえもん喜歡吃什麼?→どら焼き、日本語だけでなく文化も
Can-doの概念をもとにして教案を作成する
一番最初に作成した「これは~です」か「~が好きです。嫌いです。」との違いを考える。
・「これは~です」既知の物について聞くのは避けたい。分かりにくいものなどを例に取り上げて聞いて意味のある活動にしていきたい。(上条先生)
・今までは文法積み上げの方法で教えてきている。
 第13課でい・な形容詞をこの量教えるのは生徒に負担があるのではないだろうか。学科によっては短時間で教えなければならないこともある。(下元先生)→授業の実態に合わせて台湾の実際の社会で密着したものを使用するといい。
・例えば形容詞の教える順序、初期に入れてもいいじゃないか。生徒の実態に合わせて負担はそんなに多くないのではないのだろうか。
・いろいろな活動を身近な単語も導入していってはどうだろうか。
・50音も単純な繰り返しになるのではなく、身近な単語を取り入れながら形容詞や名詞の枠にとらわれずに導入していってもいいのではないだろうか。教師の役割は導入量が多すぎてはいけない。
15:2016:00
Can-doサイトを使ってのグループの教案発表
Bグループ(池田先生)
No18→「自分の家族を紹介する」にアレンジ50分×2コマ
家族の写真を持ってこさせグループでインタビューさせる。
学生のレベルに応じて単語内容を単語量を調節する。
→教科書内の紹介にとどまらず、実際の家族を用いて紹介しており、よい活動である。(陳 姿菁先生
→まず教師の家族の写真を紹介するとよいのではないだろうか。(陳淑娟先生)
Eグループ(齊藤先生)
No12「各部署や施設などを短い簡単な言葉で紹介することができる。」
50分×2コマ
小グループに分けてロールプレイをする。
場所の名前や部署などを紹介する。
→実際の使用場面は日本と仮定している。この活動は台湾人が日本に研修することを仮定しているので実際の使用場面があると考えられる。この活動を通して日本の会社文化も紹介できる(陳 姿菁先生
Cグループ(内田先生)
No.17→ 図や動作をpptで説明するとアレンジする。50分×4
台湾料理を紹介する。材料から料理を推測したりする。(第一週)
自分の家庭料理を紹介する。(第二週)
→No.19日本の料理を作らせる。形容詞なども導入できる。食文化も紹介しながら単語も紹介できる。台湾料理を紹介するならば実物をもってくるのは大変である。(陳 姿菁先生
→サークルでの授業で日本料理を扱った。料理に関する単語並びに歴史や文化も学ぶことができた。(周先生)
Dグループ(周先生)
No.325買い物50分×2
デパートで買い物ができる。
何を買いたいか討論させる。
異なるデパートのフロアーガイドを提示してインフォメーションギャップをさせる。
Q.台湾人の学生に店員の役をさせるのは意味のが分からない活動ではないだろうか。
→デパートで○○売り場は何回ですか?とはA1からA2に発展させる活動もできる。(陳 姿菁先生
→40人分のお客さんを教師一人のができない。会話の練習はお互いの練習なので、させてもいいのではないだろうか。(李先生)
→学習者はワーホリなどの機会もあるから店員の役をやる可能性もある。(陳 姿菁先生
→敬語を使うなど学習者にレベルアップになる。(陳淑娟先生)
→日本人は外国人が分からない敬語を言い直すのではないだろうか。(上条先生)
→使えなくとも聞いて分かるようにした方がいいのではないだろうか。(齊藤先生)
→ロールプレイをする場合には限定した敬語を使ってはどうだろうか。(陳 姿菁先生
→学習の目標を考えて店員をやらせるか考えるのもいいのではないだろうか(頼美麗先生)
Fグループ(頼美麗先生
No.16
買った物、商品の機能などを紹介できる。
ブログで紹介させる。
日本の物であれば文化理解となる。
日本でのアイディア商品なども紹介する。
→日本語を使って学習者が興味があるものを紹介させることはより学習者の身近なものとなる。(頼美麗先生)
Fグループ(李先生)
No.321→駅弁を買う時のやり取り45分
注文することができる。
数詞なども少し導入する。
ロールプレイ型の活動
実際のロールプレイで發音なども練習できる。
→駅弁は地域に密着したもので日本文化を紹介できる。(陳 姿菁先生
今後は評価についても考えて欲しい。
16:181700
このCan-doで何ができるのか。
教育現場での問題点
・カリキュラムは学習者のニーズにあっているか。
・教室で習ったことは社会で応用できるか。
・クラスにレベルの異なる学習者(編入生・職業高校生・短期留学から帰ってきた学習者)が混在している場合、対応できているか。
・教育間のコミュニケーションが十分か。
・同学年の横のアーティキュレーションが十分か。

→敬語が誤解を招いてしまったケースがあった。
「こちらがパスタになります。」「レシートはよろしいですか。」
敬語の現状も教えないと、学生が困ってしまうのではないだろうか(李先生)
→Q:レベルの異なる学習者が同じクラスにいる問題
 A:レベルが高い学生が低いレベルのクラスを取ることを違反にする。(下元先生)
→アーティキュレーションを作っていくには多くの問題があるのでなかなか難しい。(陳 姿菁先生
→Q:(社区大学の学生は様々なレベルである。)日本語の文型を練習させる時、黒板や教科書の字を見ながらでないと話せない。見ずに話せるようになるにはどうすればいいのか。(伊藤先生)
 A:十分なインプットがなければ十分なアウトプットができないのではないだろうか。アジア系の学生は目型が多い。(齊藤先生)
A:間違えるのが怖いじゃないか。本当は言えるのに、ついつい見てしまう。横のアーティキュレーション(先生同士の)もなかなか難しい。同じ
 時期にスタートしたクラスで字を大切にするクラスと会話を重視するクラスがある。教師は何を重要視するか違う。(周先生)


J-GAP TAIWAN 2014年特別ワークショップ
スタンダーズに基づいた日本語教育―マスタープランからレッスンプランへ
日 時: 2014年11月30日(日) 10:00~17:00 (9:30~受付)
場所: 東呉大学第一教研大樓一樓戴氏基金會議室
講 師: 當作靖彦 教授 (University of California, San Diego)
司 会: 陳淑娟先生(東呉大學)
賛助: 国際交流基金
参加者: 65 名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)**

J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=147
映像: 映像: https://www.youtube.com/watch?v=DPQfX_XLj2U
時間
内容
10:00-
発表者 紹介・挨拶
概要
・なぜスダンダーズなのか。アメリカでは19言語が共通に使う。修正が続けられる。2014年改訂版が出版。
・スタンダーズ・ムーブメントとは
・スタンダーズの内容、特徴
・スタンダーズの具体化
・スタンダーズ設定の意義・インパクト

スタンダーズができた背景
アメリカの現状から
日本語は幼稚園から大学までの(K-16)アーティキュレーションが作られた。

スタンダーズ(本)の内容
基本原理
序章
ゴール領域と標準
学習指標サンプル
学習シナリオサンプル
コミュニケーションの種類
・対人的コミュニケーション
・解釈的コミュニケーション
・提示的コミュニケーション
真のコミュニケーションについて考えるべきこと
・言語教育の究極的目的はコミュニケーション能力の獲得
・文法・語彙の獲得が最終目的ではない
・真のコミュニケーションを通してのみ、真のコミュニケーションの能力が獲得される

いろいろな活動を3つのコミュニケーションの種類のどれに振り分けられるかグループで考える

文化を教えるとは
これまでの文化の考え方
Large C Culture
Small C Culture  を教える
→ステレオタイプにつながる

ナショナルスタンダーズの文化の教え方
パースペクティブ(それを行うことはなぜ)を自分で理解できるようにしよう。

「なぜ」の視点から文化を考え、語り合う
文化は母文化に影響される

内容重視の言語教育
外国語を使って何かを伝えられるようにすることが目的である。

他の言語を学ぶことによって自分の言語を知ることができる。
他の文化を知ることによって自文化を知ることができる。
違いばかりの強調ではなく、共通点も見つけさせる。

今までのプレコミュニカティブではなく
理念のある 何をめざすのかといった
コミュニカティブが重要である。

人間性を養う外国語教育でなくてはならない。
色々な学習者のニーズを満たすスタンダーズを作らなければならない。
メソッドではない。
未来を見据えたスタンダーズを考えなければならない。
同時にアセスメントも重要になる。
14:00-
プロジェクトワーク
統合的実践活動・評価 IPA を作ろう。
例 環境を保護する
解釈的活動・評価タスク
対人的活動・評価タスク
提示的活動・評価タスク
それぞれの活動・評価がつながるように考える。
その他の例 旅行、海外旅行、文化、キャリア

IPAデザインのステップ
・達成したいゴールをスタンダーズをもとに決める。
・テーマ、内容分野を決める
・評価のターゲットを決める
・評価を決める
・どのような語彙、言語機能、文法を知っている必要があるかを考える
・クラス活動をデザインする
Q: 初級の場合提示的コミュニケーションは母語でもよいのか
A: 母語を用いても、歌を歌ったりしても絵を書いてもよい。
Q: 5つのCでは全部入れなければならないのか。
A: 無理に全部いれなくてもよい
Q: 評価するためのタスクは具体的に何があるのか
A: 解釈的評価 ○×
  提示的評価 ルーブリック、チェックリスト、
  対人的評価 
15:00-
各グループで共同作業で完成したポスターを貼り、発表が行われた。相互鑑賞、評価を行った。以下はタイトルである。
A日本人留学生の支援
B台湾の○○ 世界遺産に!
C士林夜市を案内する
D日本人に台湾の裏情報を紹介しよう
Eワーキングホリデーの職選び
F日本の歌(紅白)
G学食
H台湾に来た日本の高校生に自分たちの学校生活を紹介しよう
I台湾にある日本企業の紹介班の代表が説明し、発表を聞き合う。
ポジティブな意見とそうでない意見について班で考え合う。

まとめ
・三つのモードのコミュニケーションの重要性。コミュニケーションはオーセンティック(実際的)なものでなければならない。
・一度では実践することはなかなかむずかしい。何度も研修で考えていかなければならない。

質疑応答
Q:今日参加者が作ったナショナルスタンダーズをもとに作成した実践
計画案は見られか。
A:先生にまとめてもらい、webのホームページで検索すれば、出る
  ように。これはメソッドではない。
Q:トピックが重なってもいいのか
A:希望としては万遍なく網羅させたいが、偏りがあることは致し方ない。教育は生きる力(創造性、クリティカルシンキングの力)を付けることを目標とすることにシフトしてきている。食糧問題、環境などわれわれが直面している問題を日本語を通して考えることが求められている。我々もそういったトピックを扱い問題解決能力をつけることをめざしていく。
日本は世界で起こる様々な問題が出ている。それに取り組み解決していく国の言語を学ぶことに価値がある。日本語を学ぶことによってそれらのことが解決できる鍵となる言葉である。日本語教育はそれらのことをもっと認知させ広めていかなければならない。

Q:評価はすぐにされなければならないものなのか。5年後10年後に花が咲くものがあるのではないか。
A:アメリカではテストが増えてきている。教師がいつ評価するべきなのか、どういうテストをするべきなのか、それは教師の力量である。評価はテストばかりではない。しかし、いいテストをすれば学生はいい学習をする。

Q:真のコミュニケーション能力とは何なのか。合意形成?がされない場面でどう合意形成?するのかが真のコミュニケーション能力であるのではないか。
A:コミュニケーションの最終的目標は相手とつながるということである。技術の発達によって外国語学習が不要になると言われている。しかし、人間の精神の部分はロボットに変えられることはできない。技術では提供できない部分を教えることができなければならない。

Q:JFCan-doの15のトピックは均等的に、レベル別に取り扱うのが難しい。どう考えるべきなのか。
A:決められたトピックはない。自身の学生を見て扱うべきである。例えばテクノロジーのトピックについては以前はあまり取り扱われていなかった。しかし、近年ではよく取り扱われる問題となった。

総合的実践活動・評価活動ワークシート

Aグループ


Bグループ


Cグループ

Dグループ

Eグループ


Fグループ


Gグループ

Hグループ

Iグループ




J-GAP TAIWAN 2015 第28回例会
日 時: 2015年1月10日(日) 13:00~17:00 (12:30~受付)
主題:Can-do概念を取り入れた教室活動のデザインと教材作成 ―A1A2レベルを例に―
場所: 文藻大学 明園J202 教室
講 師: 賴美麗助理教授 ( 文藻外語大學日本語文學系)
司 会: 陳美玲先生(東呉大學)
参加者: 29 名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)
主辦:台湾日語教育学会J-GAP TAIWAN ・文藻外語大學日本語文學系
贊助:国際交流基金‧科技部人文社會科學研究中心**

映像: https://youtu.be/DR15PhKs3-s
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=167
時間
内容
13:00-
13:10-
文藻外大日文系林淑丹主任 ご挨拶
研修内容の概要
1.わかる、できる、つながるの定義
2.教材作成の際に遭遇した問題点
・Can-do概念を取り入れた教材作成
→・文型先行型からタスク先行型へ
 ・文型提出順を考え直す必要性
3.「真のコミュニケーション」を考えた授業内容、教室活動の工夫

グループディスカッション
(1)どのような授業を担当しているか。
   またその授業でどのような教材を使用しているか。
(2)その授業の目標は何か。
(3)授業を担当するにあたり、教師間で話し合いが行われているか、また、何について話合われているか。
→①担当するクラスが様々で、教材も目標も異なるが、
どの学校も教師間の話し合いはあまり行われていない。
 ②文藻外大の目標
・学科でスタンダードがあるが、文型の習得が目標になっている。
・指定教材を使用し、定められた進度の通りに終わらせることが目標になっている。
③様々な問題点
・何ができるか/どのくらいできるかが分からない。
・教師間のつながりがない。
・時間不足
・適切な教材がない。
解決案】
基礎レベルから「コミュニケーション言語活動」の「 Can do (できる)」を目指す
その利点
・言語構造能力だけではなく、コミュニケーション能力も育つのでは。
・意味を伴う言語形式をインストラクションするとより能率的に学習できるのでは。

目指すべき目標
わかる:言語知識の理解
できる:日本語を使って何かができる。
つながる:日本語で人、社会、世界とつながる。
14:00-
二、 Can-do 概念を取り入れた A1A2 レベルの教材作成
Can-doの説明

文藻の初級会話教材『考えて話そう 初級日語 會話 / Ⅱ』
の開発の経緯
背景
・一年生の会話教材に適した会話教材が見つからなかった。
・既習文型を使用した会話教材の必要性を感じた。
教材
『考えて話そう 初級日語 會話 Ⅰ/Ⅱ』
→ゴールが先にある。
 文型を使って○○ができる。

会話教材を作成する際の問題点
各課の文型と文型の関連性が見られない。
→・同じ課の文型が使える会話の状況が想定しにくい。
 ・すべての文型を網羅することができない。
状況に合わせ、なるべく自然な会話を作るには。
→未習文型を入れてしまうことがある。

文型先行型→タスク先行型
コミュニケーションの目的があり、そのコミュニケーションの場面を考えて、必要な文型を作る。

フロアーからの質問と議論 
Q「つながる」とは何か
A学科間の縦、横の繋がりや、教師間の繋がりがあるが、本日は人との交流(つながり)も考えられる。
Qインフォメーションギャップ型のタスクがパターンプラクティスの練習だとすれば真のタスク型のコミュニケーションとは何なのか。
A3つ目のテーマにて話す。
Q文型中心が悪いのか。積み上げはきちんとできる。タスク型ではパターンプラクティスが不必要なのか。
Aパターンプラクティスが悪いわけではない。順番をタスクを先に考えてそれからパターンプラクティスをする方が時間の節約になると考えられる。
意見  会話の授業ではタスク中心、学生中心に行っている。
    学生の学習意欲に関して困っている。
Q 例文を「プレゼントをあげる」という設定はなぜか。
A 交流会でプレゼントをあげる習慣があり、学生に多く使われる場面であるので。今回のA1の学生の設定にも合う。
意見  台湾の学生は文法積み上げ型で習っているので、目型の学生が多い。文型がないのは学生の方が不安。学生の要求に合わせてタスク型のと文型をどう合わせていくかを考えていかなければならないのではないか。
意見
・初級から言語の学習者は同時に使用者である。会話、文型などと別々に与えるのではなく、時間を圧縮して同時に与える。
・能力試験でレベルを図るのではなく、使うことができるかどうかでレベルを図る方法も必要だ。
・高校で学んでいても、大学に入ったら、また最初から。次第に興味が薄れていく。移動する学習者が増えるのでこの点についても考えていかなければならない。
15:00-
教材を作成
グループ作業
各グループで共同作業で教材を作ってみた。 6 グループの主題は以下の通り:
1.友達に台南の食べ物を紹介する
2.ものの売り買い
3.台湾に来た日本人留学生にアドバイスする
4.レストランでの注文
5.夜市の案内
6.日本物産展で日本人社員と話す。
それぞれのグループに対して個人が説明などを付箋で意見交換する。
16:20-
まとめと議論
真のコミュニケーションを考えた A1A2 レベルの教室活動
使用する教科書に現実では使わない会話がある時、工夫が必要。
そのポイント:
1.いつ誰が誰に何のために話すのかを考える。
2.文型を提示する際に、文脈(場面、状況)も提示する。
3.教科書の文字、語彙に縛られないこと。文脈、場面に必要な未習語彙、学習者が使いたい語彙をできるだけ取り入れる。
4.文脈、場面に必要であれが、未習の表現を提示したり、文型の提出順を変えたりしてもよい。

真のコミュニケーションを考えた活動とは
ビジターセッション
SNS等
ビジターセッションの実践例
・日本人をゲストとして呼び、学生に学校の案内をさせる。
・日本人のゲストを審査員として呼び、教室でどっちの料理ショー!
・日本人をゲストとして呼び、学習者が作った町の紹介のPPTを見てコメントを書いてもらう。

まとめ
学習意欲につながるもの
(1)正当に評価されていると感じたとき。
(2)自分のことを気遣ってくれる人がいる。
(3)楽しいと感じたとき。
(4)やっていることに意義があると感じたとき。
JFSの「相互理解のための日本語」の概念と共通するものがあるのではないだろうか。

質疑応答
Q先生に対して日本語で話をするのか。生のコミュニケーションができるのは日本語教師しかいない。非母語話者の先生でも日本語で話をするべきなのではないだろうか。
A初級ではあまりいない。2年生になれば日本語を使って話す学生も増えてくる。1年生ではFBで日本語でやりとりをする。
アドバイス
日本人の教師に必ず質問してくるように課題をだしてみては。
Qビジターセッションは読解の授業で行ったのか。読解の授業でCan-doを取り入れられたらいいのではないか。多人数であって、学生も文型を期待している授業の中でCan-doをどう取り入れていけばいいのか。
Aグループで発表させている。パワーポイントをチェックするのも一苦労である。しかし、学生が達成感を得られればそれはそれでよい。時間に余裕があれば、これからもビジターセッションを取り入れていきたい。
やるたびに工夫をしていかなければならない。
アドバイス:多人数のクラスであれば、文型教育が適しているのではないか。多人数の場合では無理矢理タスク型にする必要があるのか。クラスのサイズにあった教授法を考えていくべきではないか。

陳先生
1.日本人と話すことだけが真のコミュニケーションなのだろうか。
台湾人の先生と日本語で話すことでも真のコミュニケーションだろう。学生に目標言語の環境を与えることは教員の責任であろう。

2.大人数の学生と少人数のクラスの教育方法について
学生に何かをさせることをしていかなければ一方通行の授業になってしまう。考えさせないと学生はいつまでも待っているばかりである。教員も新しいことにチャレンジしていこうではないか。


J-GAP TAIWAN 2015 第29回例会
日時:2015124() 10:0017:00 (930~受付) 2015125() 10:0017:00 (930~受付)
主題①CEFRを応用したカリキュラム改革の可能性─大阪大学外国語学部におけるCEFRの利用例─ ②如何利用CEFR改善外語教學問題場所:東海大学 HT302 教室 静宜大学 伯鐸樓 421教室講師: 真嶋潤子教授 ( 大阪大學言語文化研究科日本語・日本文化専攻) 陳錦芬教授 (静宜大學外語學院院長) ・真嶋潤子教授
賛助:国際交流基金・科技部人文社會科學研究中心
参加者:40名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生) 35名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)

映像: https://youtu.be/UEDE12sfipY
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=192

一日目: 2015124()
時間
内容
10001200
真嶋潤子先生 紹介・挨拶一、「阪大の外国語学部におけるCEFRを応用したカリキュラムの開発」1.はじめに 背景と目的2.実施機関の現状と問題の所在
「言語教育プログラム改革」の必要性
【外部から】合併のため教育改革の要請
【内部から】以下の疑問から反省
・学生からの不満の声
・教員の専門性
・教員間のコミュニケーション不足/「たこつぼ化」
  CEFRを参照した到達度評価制度の構築

3.「言語教育プログラム改革」の方法
4.NationalStandardsとの違い
5.「改革」の結果:25語専門言語の共通基盤を作った
・「到達度評価制度」を作成する
・ 到達度目標の記述方法
・4年間一貫で考える
・学年ごとの到達度目標
・4技能別5項目の記載
・「~できる」という形の記載
・専攻語の特性を生かしたプログラム
・言語生活全般への配慮
作成した結果・25専攻語間の共通基盤
・社会的説明責任
・自律的学習者
6.今後の課題とまとめ
・到達度目標の適切さの確認と改訂
・評価システムの開発
・教材・教授法改善へ
【質疑応答】
QCEFRを用いたカリキュラム作成のリーダーがどのように決まったのか。
A2005年のシンポジウムから真嶋先生が中心となって活動し始めた。しかし、それより以前にはドイツ語の先生が中心となって始まった。ロシア語ではCEFRではないが、内容は同じだが名前が異なるものを用いている。ロシア語の先生も中心となって行った。
CEFRに基づいたカリキュラム作成を行うことで大阪大学が社会的責任を説明することができるという考え方から全教員がカリキュラム作成に賛成した。
Q:検定試験は学生の励みになる目安になるか。
A:検定のみを目標とするのではないが、検定試験を用いることで、学生の励みになる。
Q:テキスト、教材作りはどのように行われているのか。
A:阪大に出版社があり、教科書を作りやすくなっている。いろいろな言語で教科書が作られるようになってきている。
Q:カリキュラムの名称はどうなっているのか。
A:初級中級上級という名前で使われてはいない。数字になっている。以前は○○語1では目標が初級となっていたが、その初級の内容をもっと詳しく「~ができる」となった。
今年からカリキュラムマップを作る動きになっている。授業を受けてマップの中のどんな力を付けることができるのかを明記することになった。
Q:普遍性と個別化をどうとらえているのか。言語間の違いでどう普遍性の目標を提示していくのか。
A:共通性についてはAA2といったところで共通性をはかっている。6割の学生が目標を達成できるように設定している。そして、それが到達できるように指導していく。A1、A2といった中でも範囲が広いのでその中で担当言語が何を選択するのかということで個別性が図られている。基準は共通しているが、学年によって、技能によって到達度を変えている。
Q:外国語大学で外国人教授はどのようにかかわっているのか
A:その言語のネイティブの教授は任期付きの採用。しかし、言語教育の専攻の教授ばかりでない。日本語ネイティブでない教授は条件が日本語ネイティブの教授とは異なる。会議に出席しなくてよい、授業だけ行っていればよい等。しかし、以前よりは改善されている。
Q:言語学、言語教育を専攻とした教授がカリキュラム改革を多くなされていると考えるが、それ以外の専門を専攻とした教授がどうカリキュラム改革に携われるのか。
A: それぞれの教授によるところが多い。しかし、必ずしも専門が異なるからといってカリキュラム開発にかかわらないわけではない。そして、専門が異なるからといってカリキュラム開発に消極的でもない。
13:30
二、「大学の外国語学科のカリキュラムはどうあるべきか」台中科技大学 黄英哲先生「日本語学科を卒業する時、どのような能力を備えた人材に成長することを目指しているのかという議論が落ちる危険性はないか」

1.大学を卒業する時、どのような能力や可能性を備えた人間に育ってほしいと我々は考えるのか、その中で言語(日本語)はその人の何に役立つ能力で、それは何ができればいいと考えるのか。そこから出発したカリキュラムは設計されているのだろうか。
2.カリキュラムの設定は教師の専攻に沿うのか、学生たちのニーズに沿うのか、社会のニーズに沿うのか?(黄英哲先生のPPTから)
3.学習者に対する評価は暗記の出来具合に偏っていないか?(黄英哲先生のPPTから)
評価は教育方法を決めると言われているが、では、どのような評価(何をどう評価するか)すれば、教育の目標とするところを達成できるのか。
「台湾の大学における日本語学科のカリキュラムの特徴と問題点について」黄英哲先生
台中科技大学応用日本語学科(以下台科)では
商務科目が日本語の次の必修科目となっている。
大葉大学応用日本語学科(以下大葉)では教養科目が日本語の次の必修科目となっている。
台科では読む科目と商務科目が重視されている。大葉では読む科目と話す科目を重視されている。
問題点
日本語既習者の取り使い方
継続教育?
クラス分けのみ?
クラスのTAに無理矢理に回された?
単位数が免除され、その代わりにほかの授業の単位をとってくる?
台科では選択科目で英語を選択科目
大葉の選択科目では英語以外の外国語を提供しているが、しかし、開講しないなど、問題がある。
分析と問題点
・やはり読む科目が多すぎた?
・カリキュラムにそれぞれの持ち味が見られるが、それなりの訓練の成果があげられているだろうか?
・時間数が多かった科目は学生のためなのか、ちょうどその分野を専攻している教員が多かったからなのだろうか。
その他の問題点
JLPTの成績に縛られすぎた?
・縦の連携?横の連携?
・『みんなの日本語』と『新文化日本語』に縛られすぎた?
・カリキュラムの設定は教師の専攻に沿うのか、学生たちのニーズ、社会のニーズに沿うのか?
・学習者に対する評価は暗記の出来具合に偏っていないか?
「東海大学日本語言文化学系言語核心科目のデザインと実行」
東海大学 黄淑燕先生
カリキュラム改革の必要性(2000年)
・なぜ日本語を教える学ぶのか。
・大学と塾の内容の違い
・植民地時代と現在の違い
・なぜ言語を学ぶのか
日本語で「声」が出せるために。
「考える」ことが日本語で「声」を出すことにつながる。
授業の内容
一年;基礎的な日本語能力
二年;新聞雑誌など、一般的な生の文章が読めるように
それと同時に「考える」ことを導入
三年;四年生と専題研究の準備の授業が始まる
四年;テーマを見つけて書く
【質疑応答】
Q:昔は台中科技大学は商務が専門の学校であった。現在は学校が変化したのか、学生が変化したのか。
A:(英哲先生)最近の学生は商務についてあまり興味がない。応用日本語学科の学生は商務についても、日本語についても中途半端になってしまっている。卒業生の中には店を経営している者もいる。店には日本人の客も来る。それは大学で学んだ成果ではないだろうか。
A:(淑燕先生)大学の4年間ですべてを学べるわけではない。焦点をしぼって得ることができればいいのではないだろうか。
Q:(真嶋先生)台湾の高校生、大学生が何で日本語を勉強をするのか。A:学習者自身がそれぞれ目的をみつければいいのではないだろうか。
Q:阪大の日本語専攻の目標(3.4年生の最後の目標)は
A:日本語及び日本の文化、社会に関する分析力を養い、自らの問題意識を高め課題遂行の爲の方策や情報を見出すための力をつける。
日本の文化社会を理解するだけでなく自己の母文化と比較対照し、分析的に考えた上でそれを的確に相手に伝えることができる。
(淑燕先生)考えを育成すること。その過程を経験する。そこで情報収集能力なども養えればいいのではないだろうか。「誰によって」、「どうして」伝えたいかはなかなか明らかになっていない。
(真嶋先生)阪大の学生はアルバイトなどで社会とつながって日本語を使っている。社会に通用する日本語を目指している。アカデミックジャパニーズだけではない。
(陳先生)台湾では高職でN1をとって日本語学科へ入ってきてまた0から始めると、やる気を失ってしまう。日本語学科だけではなくて英語学科も同じ問題が起こっている。先生や大学によって、その対処の仕方が異なる。能力があれば、次のことを用意してあげればいい。今はまだその用意ができていない。
(工藤先生)日本語の能力があっても、「考える」という能力はまだ育っていないように感じる。
(玉置先生)
1年生の段階での生教材を用いた授業では学生が用意したものを扱うこともある。調べ学習の仕方を教える。
Q:(張先生)これまでは文法項目で考えられてきた。東海大学では1年生では日本語を集中して勉強している。2年目からは日本語で物を勉強している。では、同じものを習得しているかという感覚はあるか
A:個人が興味をあるものもってきて説明をする。そこで満足感を得ている。しかし、何も興味がない学生が困っている。既習者の問題は1年生が大きな問題になっている。契約学習をさせればいいのではないのか。と考えている。
15:401615
三、真嶋潤子先生「到達度評価について-大阪大学外国語学部ロシア語専攻の事例を中心に-ALTE(ヨーロッパ言語検定協会)の一部の人がCEFRを作った。
ESOL他の英語話者のためのテスト
ロシア語専攻では2年生が終わるまでに375時間(CEFR B1相当)が終わっていることが条件となっている。
評価方法のポイント
ロシア語専攻では仕事、学習、休暇などに使われるコミュニケーションを目標にしている。
総括的評価:ロシア語能力検定試験の導入
形成的評価:単語テスト、各課毎に文法・表現に関するまとめテスト
ロシア語検定に準拠した教科書を学年全体で採用し、リレー形式で授業を実施。
文法・語彙 週の初めの授業で導入。CLEの活用。
読解、会話、作文の活動
ダイアローグ
モノローグ
客観的評価システムを導入して
透明性のあるものになった。
教科書はあるものの、授業中では一人ではできないものTAがいないと、先生がいないとできないものが行われている。
16:15-1700
【質疑応答】Q:(陳淑娟先生)進級できないというのは能力別で考えられているのか。A:一つの技能を落としても全てやり直しになる。卒業要件としてC1が目標となっているが、それは必ずではない。卒業できない人は語学能力では少ない。

Q:進級試験はいつの時点で行うのか
A:学年末
Q:卒業論文の単位は
A:卒業論文は8単位として、別に数えられている。ゼミに所属し、その専攻の言語で書かれている。
Q:知識をどう入れているのか。
A:学生が自宅学習をしているのではないだろうか。
Q:形成的評価、総括的評価等教師の間での共通した評価の概念があるかどうか
A:それぞれの総合教科書の内容によって異なる。
Q:自己分析ができる機会が授業の中にあるか
A:学年の初めのオリエンテーションで確認させる。年度末に到達目標に対するアンケートを行う。
Q: 会話テストはどのように行われているのか。
A: 一対一で会話のテストも行われている。1年生から現地を意識してその文化を実際留学した時に使えるようにはっきりした目的をもって学習することができる。

(二日目)2015125日(日)
時間
内容
101011:30
、「台北市國小英語教學策畫與推動」陳錦芬院長演講[介紹](陳淑娟)2000年台北市策畫小學英語教學時,靜宜大學外語學院陳錦芬院長帶領前導研究,赴歐洲考察瞭解歐盟的CEFR系統的運作,進行了實驗教學與師資培訓的工作;陳院長分享經驗講述當時實施兒童英語教學時,如何克服種種制度與現況的問題,以及解決師資培訓難題,能讓台北市小學英語步上軌道,成為各縣市競相效法的對象。如何從零出發,成功的引起行政政策支持,讓師培機構與實施小學之間系統化的結合,運作,得日語教育學界參考。

[緣起](陳錦芬)
1. 2001年九年一貫課綱公布,教育部將英語教學納入國小五年及課程。
國民教育屬於地方政府權限。
2. 2000年台北市教育局開始探討國EFL教學制度,國國小教學設施和
英語師資質量的現況調

[理論基礎]:
1. 神經語言學理論:嬰兒大腦的發展與語言關係,聽辨能力的發展有利於早期語言學習,大腦的可塑性同時延續至晚期。
2. 第二語言的學習區:早期語言學習,使用原有的語言機制學習,晚期則靠大腦的替代區部學習,此理論最近被PET(正子放射斷層掃描)fMRI(功能性核磁共振造影技術)儀器證實。早期學習者的L1L2的語言中心幾乎同位置,此十分有利於早期學習L2

[推動北市國小年級英語教學]:
1.2002年成立「英語教學計畫與推動委員會」,分「行政計畫小組」「教
師訓練與教學資源小組」「課程與教學小組」3小組進行滾動式推動。
3. 教育行政政策支持(命令):國小師資遇缺補英語教師
4. 師資來源:
2001年招募TOEFL600分者,接受年職前教育和年現場實習
合格教師具英語學系學士學位者,交受24學分課程訓練
完成師範校4年國小教師培育課程,通過國小教師資格考試者

[CEFR國小師資培育]:
1. 三年大學學士教育,通過兩種外語能力檢定(含英文)
2. 整年教育學科訓練(含英語教學)及專業精神訓練
3. 每週實際教學6-8小時
4. 通過特定委員會審議:專業知識能力、教學能力、社會關係。通過者始能任教
5. 任教第年需接受head teacher評鑑,不適者必須接受更多學分訓練,仍無法通過者則不錄用。
6. 舊制國小教師也要交英文。必須修IUFM所辦的教學學分學程,或到英語系國家進行交換教學實習半年。

[國小英語教學評鑑]:
1. 每三年完成次全台北市公私立小學(151)的英語教學評鑑,每年50-60所接受評鑑
2. 瞭解教師人力充足否,有英語專科教是否,雙語情境佈置如何
3. 英語教學設備與圖書資源之運用如何
4. 預算投入的英語童書實際運用到教學否
5. 國小統一英語學習成就測驗成校如何
6. 教室教學活動設計與教學策略為何
7. 英語教師、行政人員、家長學生的反應如何

[評鑑報告]:
全市評鑑報告做為每年英語教學白皮書和政策制定之根據,例如教學軟硬體之充實、補救教學之實施

[教學容方針]:
1. 參考歐盟(CEFR)課綱參考架構之A1A2
2. Action-oriented 行動導向: can-do, task-based
3. CEFR語言架構:任務(詳盡、連貫、易懂、可執行)
4. 目標:能瞭解並使用熟悉的日常用語和詞彙,滿足具體的需求,能介紹自己及他人,並能針對個人細節作出問答。(A1)
5. 能進行簡單購物,能比手畫或肢體動作來協助語言的了解
6. 能填寫簡單的表單,寫出個人資料
7. 能寫張簡短的明信片等

[問題檢討]:
1. 學生學習成就成雙峰現象
2. 排斥分組教學
3. 上課時數不足
4. 高年級上了國中不能銜接
5. 國中小英語教學重點與教學策略不銜接

[挑戰與解決方案]:
1. 協助弱勢學生的困難:調整面對英語學習弱勢學生的教學態度、教學策略。
2. 缺少對特殊需求學童的照顧:攜手計畫,課後扶助
3. 補強注入現職教師、退休教師、經濟弱勢大專生、大專志工等教學人力

[對第二外語的建議]
1. 行政政策的支持
2. 確定合格穩定的師資
3. 擬定Can-do的課程綱要和能力指標,以做為教材教法依據
4. 修訂能力檢定的重點:重視語言實用性
5. 強調不同層級間(國中+高中、高中+大學)的學習銜接
6. 進行跨層級(國中+高中、高中+大學)的溝通、合作和共同研習
7. 提供多元的第二語言 in put(輸入)
8. 進行實習的評鑑發現困難,提供正確的教學與行政支援
13:30- 15:30
二、「日本の外国人児童の日本語教育、英語教育」真嶋潤子先生演講真嶋潤子教授為頗析日本外籍兒童的日語教學(JSL)以及母語保持;並且解JSL對話型評量DLA(Dialogic Language Assessment)方法。(省略)
1520-16:50
三、「如何利用CEF改善中等教育日語課程的問題,如何解決師資培訓、評量問題」座談會:陳淑娟、真嶋潤子、陳錦芬(陳淑娟)
台灣的12年國教下的中等教育「第二外語的課程綱要」研修會議的活動正進行之中,日語與法、德、西語導入了CEFR概念,課綱將於20155月公聽,之後進入「師資培訓」「課程試行及修訂」階段,迎面而來的是「教材問題」、「師資培訓問題」、「學習檔案評量問題」、「A1A24技能測驗」等等問題。12年國教第二外語將於107年全面實施,如何在籌劃階段獲得日本的睿智參考,也知悉台灣的英語執行過程,與困難當為借鏡,期待這次透過座談會方式,集思廣益,為台灣的下一代學子打造全新的外語學習環境,動真正的國際化。

[J-GAP TAIWAN的緣起與目標]
1. 力圖解救台灣的高中與大學之間學習銜接問題,在國際交流基金的支持,台灣日語教育學會組織裡成立了J-GAP TAIWAN
2. 2012年結合了日語教師成員,開了連續性的 C-an-do教學設計實踐的研習(開了29次例會,出版『日語A1A2的教材教法』)
3. 2014年獲邀參加12年國民教育語文領域課程綱要研修,參與第二外語課綱的制定
4. 從國中到高中的課綱若能完整建構,在行政政策的支持下穩定實施,則107年之後大學的日語課程即得準備銜接性的設計,迎接入學的大新生。

[12年國民教育語文領域(第二外語)課程綱要研修]
在教育部國教司主導,國家教育研究院統籌總綱之下進行。
講求「連貫統整」「優質銜接」「適性揚才」「多元進路」「能力培養」的教育理念
12年國教分數個階段疊層式滾動進行:「規劃」「研究課程(總綱)
「研究領綱修訂」「師資培訓(課程試行及修訂)「課程實施(
續精進調整)
在國、高中六年,二外之課程發展建議分為Level 1(相當於CEFR
A1-1)Level 2(相當於CEFRA1)Level 3(相當於CEFRA2-1)Level
4(相當於CEFRA2)的四個階段,兩學期時數72小時為一個階段,學
完每個階段必須達到各級能力指標描述的能力指標,連續性學習,循序
漸進,以達優質學習效果。

[問題與思考]
師培問題:職前培訓、在職教師訓練
確保開課時數:因為是選修、彈性課程的開課
評量問題:配套措施是LTTCA1A2測驗需要改善,包括聽讀寫四
項技能
建議(陳錦芬)
1. 爭取政策性的行政支持至為重要
2. 個時期作件事,例如目前力求課綱的完整性,可行性即可,師培
下個階段再處理
3. 課綱公佈之後向地方政府爭取支持,教育局支持學校端就會支持
建議(真嶋潤子)
1.課綱容的能力指標,著重貼近學童的生活,不定要從「自我介紹」開始
17:10閉幕式
陳淑娟



J-GAPTAIWAN Can-do実践研究国際シンポジウム
J-GAPのこれから―台湾、韓国、日本の発足・推進・今後
日 時 : 2015年3月7日 8:30-18:00
会 場 : 東吳大學第一教研大樓 1F 普仁堂 (台北市士林区臨渓路70号)
主催 東呉大学日本語文学系・台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN
協賛 国際交流基金・科技部人文社会科学研究中心

論文集:
映像: https://www.youtube.com/watch?v=gNwV4paLKPU
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=222


J-GAPTAIWAN 第31回月例會活動
Can-do教學活動及評量方式之設
日時 : 2015年4月25日 13:00-17:00
会場 :台灣大學日本語文學系(校史館)2樓會議室
主催 台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN 、台灣大學日本語文學系
協賛 国際交流基金・科技部人文社会科学研究中心
講師1 黃鈺涵(台灣大學日本語文學系副教授)
講師2 黃恆綜(台灣大學外國語文學系助理教授)
活動記録:
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=234


J-GAPTAIWAN 第32回月例會活動
JFS B1レベルの活動デザイン−「まるごと日本のことばと文化 中級1」(B1)試用版を例に−
日時 : 2015年6月7日 13:30-17:00
会場 :(公財)交流協会台北事務所 B1 文化ホール
主催 台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN
協賛 (日本)国際交流基金‧(台灣)科技部人文社會科學研究中心
講師藤長かおる 先生 (国際交流基金 日本語国際センターの専任講師)
司会工藤節子 先生 (東海大学 日本言語文化学科 助理教授)
活動記録:
J-GAP Taiwan Official Site: http://jgap.tw/?p=240


時間
J-GAP Taiwan 2015 年度の活動スケジュール表 (20150723更新)

時間
主題と会場
講師
1. 2015 年 4 月 25 日
31 回
「Can-do B1級的教室活動設計及評量方式之設計」
(台湾大学日文系校史館2F)
黃鈺涵
黃恆綜
2. 2015 年 6 月 7 日
32 回
「JFSに準拠する教材作成」
(交流協会台北事務所)
藤長かおる
3. 2015 年 7 月 14-16
33 回
「新しい指導要領に基づく中等教育の日本語教師養成リーダー研修」
(日月潭教師研修会館)
當作靖彦
4. 2015 年 9 月 19 日
34 回
「新学習指導要領に基づく学習シナリオーのデザイン」
(交流協会台北事務所)
陳淑娟
5. 2015 年 10 月 14 日
35 回
「高中職的外語等第認定與多元評量」
(高職外語群科中心 台南高級職業學校)
陳淑娟
6. 2015 年 11 月 7 日
36 回
「日語A1.A2級的教材教法」の実践報告-成果と課題-
(新竹交通大學)
上条純恵
工藤節子
7. 2015 年 12 月 26 日
37 回
「依據新課綱第二外語領域的中等教育日語教師培育研習─主題式學習設計的研究發表─」
(台北輔仁大學)
當作靖彦
楊承淑
陳淑娟
8. 2016 年 1 月 17 日
38 回
新しい指導要領に準拠する教案と実践と評価
(交流協会台北事務所)
羅曉勤
陳姿菁
9. 2016 年 3 月 5 日
39 回
韓国訪問
(釜山外国語大学)
鄭起永
奈須吉彦
陳淑娟
工藤節子
羅曉勤
10. 2016 年 3 月 12 日
40 回
J-GAPの実践発表シンポジウム
(未定)
當作靖彦
陳淑娟
計 10 回
台北4回、新竹1回、台中1回、高雄?回、台南1回、韓国1回