Name of the Project 事業名称:
日本語教育グローバル・アーティキュレーション・プロジェクト(J-GAP):香港の大学と日本の大学との間の交換留学生のアーティキュレーション
Japanese Language Education Global Articulation: Articulation of Exchange Students between the Universities in Hong Kong and Japan

Project Duration事業実施期間: 
2011年5月1日~2012年3月31日 1 May 2011 ~ 31 March 2012


Objectives
(a) 目的
本プロジェクトは、香港の大学と日本の大学の日本語教育のアーティキュレーションを達成するための支援システムを開発し、それをもとに、海外の大学から日本の大学へのアーティキュレーション確立を支援することを目的とする。

(b) 目標
1 アーティキュレーション確立のための戦略立案
この目的達成のために、これまで外国語教育で行われてきたアーティキュレーション達成のための様々なプロジェクトの経験を集め、それを利用して、アーティキュレーション達成のための効果的な戦略を立てる。

2 アーティキュレーション確立のための能力記述、JFスタンダードの活用の可能性検証
本プロジェクトでは国際交流基金のJFスタンダーズを日本語学習の目標基準、能力指標として使用し、香港の大学から日本の大学に留学する交換留学生のアーティキュレーション達成にどのように使えば効果的な運用ができるかを検証する。

3 「みんなのCan-Doサイト」の活用
香港の大学と日本の大学の教師にこの共通の基準、指標を使って、自分のクラス、プログラムのゴールを記述できるシステムを提供する。国際交流基金日本語国際センターが現在開発中の「みんなのCan-Doサイト」をアーティキュレーション確立のために使えるようにする。

4 香港と日本での活動
このようなアーティキュレーション確立するために、香港でモデルの大学を選び、その大学と日本の大学の日本語教育関係者の間でアーティキュレーション確立のための様々な活動を行う。モデル大学の教師を集め、どのようにアーティキュレーションを確立していくかノウハウを話し合い、目標達成を支援する。また、 同じシステムを使って日本国外における日本語教育と海外留学生を受け入れる日本の大学の間のアーティキュレーションの達成のモデルも開発する。

Project schedule   事業実施日程:
日付 Date
活動内容  Activities
場所 Site
2011年6月11日(土)
午前10時~午後1時
「日本語Can-Do Statementsの活用と応用」ワークショップ
講師:伊東祐郎教授
(東京外国語大学 留学生日本語教育
センター)
青年會專業書院1樓105室
2011年6月11日(土)
午後3時~午後5時
伊東祐郎教授と香港大学の日本語教育関係者との会議・意見交換
香港大学日本研究会
会議室
2011年6月13日(月)
午前10時~正午
伊東祐郎教授と東京外国語大学から香港大学に帰国した留学生と来学期日本に留学予定の学生との懇談会 
香港大学日本研究会
会議室
2011年8月20日
午後1時50分~
午後3時20分
2011年世界日本語教育研究大会でシンポジウム発表
テーマ:「中等・高等教育における日本語教育:「J-GAP プロジェクト」
発表者:
伊東祐郎教授(東京外国語大学)
萬美保先生(香港大学)
天津外国語大学  
ホール
*2012年1月27日(土)
午前10時30分~正午
プロジェクトの香港側関係者の渡日東京外国大学全学日本語プログラムの紹介
日本の大学の留学生担当の教員と意見交換
東京外国大学
留学生日本語教育センター
午後1時~午後2時30分
香港大学生へのインタビュー

午後3時~午後4時30分
東京外国大学全学日本語プログラム担当者と香港側の関係者との懇談

*2012年1月28日(日)
午前10時~午後1時
両大学におけるアーティキュレーション確立のための課題と今後の取り組みについての協議
東京外国大学
留学生日本語教育センター
  • 2012年1月に香港と日本のプロジェクト関係者の日本での二日間にわたる意見交換と相談の結果、2011年度のプロジェクトの成果を生かし、今後の課題としては、他大学にも一般化できるようなアーティキュレーションのシステム作りと理論の構築を目指すという方向性がまとめられた。したがって、次のような活動を企画している。
1 短期交流留学生に対するアーティキュレーションに関するアンケート調査の実施(対象:東京外国語大学、筑波大学)
2 香港大学と東京外国語大学のカリキュラム(Can-do StatementsとJF Standard)に基づいて比較・検討リストを作成
3 アーティキュレーションの先行文献を検討し、新たな可能性を探る-
4 香港日本語教育研究会主催のJF Standardの勉強会の開催
5 2012年名古屋で開催される国際日本語教育大会シンポジウムでの発表



プロジェクトの関係者
日本側:
伊東祐郎教授(東京外国語大学)
他三名の同大学の教員(東京外国語大学)
加納千恵子教授(筑波大学)
香港側:
萬美保先生(香港大学)
他一名の同大学の教員(香港大学)
マギー梁安玉(香港日本語教育研究会)
シャノン黄(香港日本語教育研究会)
香港からの留学生
---------------------------------------------------------


香港日本語教育研究会
活動:「日本語Can-Do Statementsの活用と応用」ワークショップ
講師: 伊東 祐朗 教授(東京外国語大学 留学生日本語教育センター)
日付: 2011年6月11日(土)
時間: 午前10時~午後1時
会場: 青年会專業書院1楼105室 九龍油麻地窩打老道23号(油麻地港鐵站A2碧街出口)
広報ポスター:http://www.japanese-edu.org.hk/image/cando2011poster.jpg
申込書:http://www.japanese-edu.org.hk/PDF/CanDo_ApplyForm.pdf
当会ウェブサイト:http://www.japanese-edu.org.hk/

香港日本語教育研究会について
香港日本語教育研究会は1978年に香港大学、香港中文大学、香港理工学院(現:香港理工大学)、在香港日本国総領事館日本語講座(現:香港日本文化協会日本語講座)が中心となり、香港地区における日本語教育関係者の親睦、情報交換を目的として創立され、在香港日本総領事館文化部に連絡事務所を附設していた。

事務局体制を強化させるために2005年5月に事務所を設立、2007年9月に香港政府よりNPO法人非営利団体として認められた。現在では日本語教育者のみならず、日本関係諸学の研究者にも門戸を開き、香港及びその周辺地区の日本語教育、日本研究の発展に寄与する交流の場として、様々な活動を展開している。2011年現在の会員数は約300人である。

本会の主な活動
*日本語教育・日本研究に関する研究発表や講演などを含む定期例会の開催
*学術誌『日本學刊』の刊行
*香港地区の日本語教育機関相互の情報交換と、会員相互の親睦をはかる活動
*「香港中高生日本語スピーチコンテスト」を実施(2005年より)
*「香港日本語弁論大会」の後援(1979年より)
*世界統一「日本語能力試験」を香港.マカオ現地実施団体として主幹(1984年度より)
*「国際日本語教育・日本研究シンポジウム」の開催(94年秋に第一回、95年秋に第二回、97年秋に第三回、99年秋に第四回、2000年秋に第五回、2003年秋に第六回を開催、2006年秋に第七回を開催、2008年秋に第八回を開催した。第九回の実施に向かって準備中)
*日本国外務省・国際交流基金等の日本語教育日本研究関係事業への協力(海外日本語教育機関調査・日本研究者調査等への協力等)
*「国際交流基金さくらネットワーク」メンバー(2009年度より)毎年3月に「香港日本語教育セミナー」を招聘・主催
*「日本語教師会・学会グローバル・ネットワーク」メンバー(2002年度より)

<問い合わせ先>
香港日本語教育研究会事務局
香港筲箕灣興民街68號海天廣場7字樓701-2室
(Rm 701-2, 7/F., Marina House, 68 Hing Man Street, Shau Kei Wan, HK)
電話:(852) 28669991 ファックス(852) 28661331
E-mailinfo@japanese-edu.org.hk