MAATJ (Mid-Atlantic Association of Teachers of Japanese)




Updated Oct.4, 2016 (文責: Minori Marken)


J-GAP からJ-CANへ / Transition from J-GAP to J-CAN


J-CANJapanese Core Practices Articulation/Advocacy Network)は今年 (2016年) に入ってAATJAmerican Association of Teachers of Japanese)のイニシアチブで始められたものである。J-GAPが世界的な規模の日本語教育グローバルネットワーク支援事業における各地域ごとのアーティキュレーション活動であったのに対し、J-CANはアメリカ国内の外国語教育の環境に対応したアーティキュレーション活動を目指している。すなわち、ACTFLにおける共通言語であるコア・プラクティスを皆が学ぶことで、アメリカ国内の教師間のアーティキュレーションがより円滑に進むことを期待して提唱されたものである。

MAATJAATJのイニシアチブに賛同して、J-CANを念頭においた活動を進めていく予定である。今まで継続されてきたMAATJ内でのJ-GAPアーティキュレーショングループの活動もJ-CANの目的に合ったものであり、J-CAN活動における先駆者として今後益々その取り組みが期待されている。

(J-CAN, or Japanese Core Practices Articulation/Advocacy Network, is a project proposed by the AATJ at the beginning of this year. While MAATJ J-GAP is a local articulation project which is part of the world wide Japanese language education network project, J-CAN is a project focusing on articulation which fits the foreign language education environment in the U.S. It is aproject that aims at better articulation among teachers of Japanese in this country by understanding the concept of the Core Practices.

Following the AATJ’s new proposal, MAATJ is making plans to get members involved in the J-CAN project. The ongoing articulation projects as part of J-GAP count as J-CAN projects, and we look forward to their continuing success as good models of the articulation projects.)



7月8日から10日にかけて4教師会合同のJ-CANワークショップがバージニア州のオールドドミニオン大学を会場に行われた。MAATJからはランバーソン(高校)、ヴォーン(高校)、辻岡(大学)、マーケン(大学)の4名が参加して、これから取り組んでしくアーティキュレーション活動のアクションプラン作りをした。 

今後のアーティキュレーション活動は下の二つのサイトで報告していく。

地域の教師会 J-CANプロジェクト


MAATJ ウェブサイト



Updated Dec. 20, 2015 (文責: Minori Marken)

11月から新しいアーティキュレーションプロジェクトが始まりました。


プロジェクト名/グループ名:

   「会話力」

プロジェクトの目的:

   会話力とは何か、初級と中・上級において会話力をつけ伸ばしていくためには授業でどのようなことが必要なのか考えていく

参加者:

   マーケン (Old Dominion University)、辻岡 (George Washington University)、内沢 (Thomas Dale High School)、
   フーゲンブーム  (University of Maryland Baltimore County)

活動場所と時期・頻度:

   月1回、1時間ほどの話し合い

活動形態:

   WebExを使いオンラインで

活動内容:

   A) 実際に録音された学生の会話を分析し会話力とは何かを考える、
   B) 初級では会話力を身につけるために授業内で必要な活動とは何か、
   C) 中・上級では身につけた会話力を伸ばしていくための授業内活動を考える

今後の予定:

   今後も月一回の話し合いを続け、会話力とは何かを考えるとともに、それぞれの授業でどのような活動をしているのか共有することによ
   り会話力についての知識を広げ、実際にそれらの活動を授業に取り入れていく
(文責:フーゲンブーム)
Conversation Skill Group.jpg


秋の活動報告から


Norfolk-Virginia Beach地区勉強会では、コミュニケーション能力を高めるために「生徒は簡潔で明瞭な会話例を十分に習得しなければならない」という考えから、自分の生徒に見せたい会話ビデオを自分たちで作り始めました。9月のFLAVAでの発表後新たに二人の教員が加わり、現在9人で2回目のシナリオ作りに取り組んでいます。各教員がこだわりをもって考えた会話のシナリオをもとに、来月2月のミーティングでは「どうしてこのような表現をここに入れたんですか?」という質問をお互いにしながらコミュニケーション力を向上させるポイントを検討する予定です。

<10月のミーティング後の感想>
  • J-Gap を通して私自身の向上と共に他の先生方の助けもできたら良いなと思っています。(YD 新メンバー)
  • 目標を決めて生徒に実際に何を実践してもらい習得してもらうかを決めることが本当に大切なのだということを改めて感じました。これからそのことをもっと考えながら授業をしていきたいと思います。(TS 新メンバー)
  • 自分で自分が欲しいものについてよく考えてみる作 業が大切なんだと気づかせてもらえたのが、一番の収穫でした。(MT)
  • このビデオ制作は、作成物が即授業で使用できるということ以上に、その過程を話し合っていくことを大切にしているという点で、とても刺激になっています。(KG)
VB-2.jpg
VB-3.jpg







Updated Oct. 23, 2015 (文責: Minori Marken)

------------------ FLAVA 2015 -------------------


2015年9月24日から26日までバージニア州のウィリアムズバーグでFLAVA(Foreign Language Association of Virginia)の年次会が開かれ、J-GAP関係の二つの発表セッションと一つのワークショップが行われました。どのセッションにも約25人の聴衆があつまり、質問だけでなく意見や提案も出され実のある発表となりました。


#41 Fostering Students’ Conversational Ability (9月25日 11:00-11:45am)
#61 Enhancing Instruction through Collaborative Curriculum Alignment between Schools  (9月25日 3:00-3:45pm)
#161 What is Conversational Ability? Useful Classroom Activity to Foster Conversation (9月26日 2:00-3:30pm)

rsz_img_5464.jpg
(Session #41)
rsz_img_5495.jpg
(Session #61)
rsz_img_5538.jpg
(Session #161)



(1) Fostering Students’ Conversational Ability
Mayumi Hino, Ocean Lakes High School
Hiromi Lamberson, Green Run High School
Minori Marken, Old Dominion University
Sachiko Sakamaki, Landstown High School

一つ目の発表はノーフォーク・バージニアビーチ勉強会のプロジェクトで、細く長く徐々に広がってきたアーティキュレーションプロジェクトです。ライティングをテーマに2年半前に二人で始めたプロジェクトが徐々にその地区の教員を巻き込む形で広がり、参加者の希望に合わせて今年から会話力をテーマに活動しています。現在は不定期参加者も含め約7人の教員がプロジェクトに関わっています。継続の秘訣は「忍耐強さ・臨機応変・無理をしない・感謝の気持ちをもつ」ことのようです。プロジェクトを通して、オーラルコミュニケーション力育成に必要な教材を自ら作りたいという意欲がわき、メンバーはビデオ作成に取りかかりました。メンバーとの対話の中で気づいた「コミュニケーションの基本は相手に反応すること」を前面に押し出すというこだわりをもって、初級者用の短いものを作成しました。さらに、プロジェクトでの対話・協働作業を通して、それまでは無理だと思っていたことを授業に導入し、指導の仕方が変化したことも報告されました。例としては、あいづちや繰り返しによる相手の発話確認を自己紹介の最初から導入するようになったことが高校教員からあげられました。当日の発表ではこの夏作った10のビデオのうち2つが紹介されました。会場からは活用方法の提案やよりオーセンティックなものにするためのアドバイスも出され、発表者にとっても有益な意見交換がなりました。

rsz_img_5470.jpg




(2)Enhancing Instruction through Collaborative Curriculum Alignment between Schools

Tomoko Hoogenboom, University of Maryland Baltimore County
I-Jiun Liu, Albert Einstein HS
Minori Marken, Old Dominion University
Yukiyo Moorman, Walt Whitman High School
Ayako Shiga, Boonsboro High School, Washington County MD

二つ目の発表ではメリーランド州の二つのプロジェクトが紹介されました。
Montgomery County Public Schoolsグループはカウンティ内共通の学年末試験(日本語レベル1)を3人の教員がCan-do Statementsを作りながら初めて作成しました。それまでは各自が異なるカリキュラムで授業を行っていましたが、今回のプロジェクトを通してレベル1終了時点でどんな言語活動が最低限できるようになる必要があり、また、どんな活動が実際可能なのか話し合い、すり合わせ、まとめていきました。
その協働作業を通してこのグループでも自分がそれまで無理だと決め付けてやろうとしなかったことや、新しい授業活動を取り入れることが可能になったと報告されました。例えば、前年度までは漢字は生徒に負担だという思い込みから一年目では5つしか導入していなかった教員が、今年度55まで増やしてみても問題なかったと言っています。

次に発表した高校教員と大学教員によるVertical Articulationグループはプロジェクトを始めるまでは高校でどんなことをやっているのか、また大学では日本語既習者の学生に何を期待しているのかお互いにまったくわからない状態でした。そこで、生徒が高校から大学へ継続して日本語を学習しやすい環境づくりを目指してプロジェクトが始まりました。高校生の大学の日本語授業見学等を通してその第一歩が踏み出され、大学進学率の低い高校から大学に進み日本語学習を継続する生徒が出た例が紹介されました。これからはカリキュラムの面で高校から大学への日本語教育における移行がスムーズに進むように、お互いのレッスンテストやアセスメントの方針をシェアしながら話し合いを深めていく予定です。当日会場に来ることができなかったメンバーが学校の職員室からオンラインで発表し、質疑応答を行い、会場はその新しい試みに盛り上がりました。これはお金をかけずにテクノロジーを駆使してプロジェクトを継続していくいい見本となったようです。

rsz_img_5488.jpg
(Vertical Articulation Group)

rsz_img_5491.jpg
(Online Presentation)
rsz_img_5485.jpg
(MCPS Group)









(3) What is Conversational Ability? Useful Classroom Activity to Foster Conversation


<プロジェクト報告>
Mayumi Hino, Ocean Lakes High School
Tomoko Hoogenboom, University of Maryland Baltimore County
Yukiyo Moorman, Walt Whitman High School
Tomomi Sato,  University of Virginia
Hiroko Schierman, Albemarle High School
<ワークショップ>
Minori Marken, Old Dominion University

ワークショップ開始前に、まずバージニア州・メリーランド州を中心としたJ-GAP活動の仲介役をMAATJが引き継いだ経緯をMAATJJ-GAPコーディネーターのマーケンが説明し、次に現在活動を続けている5つのJ-GAPグループの各代表者から短く報告がありました。各グループとも今年前半までMAATJに活動報告をしてきた代表者とは違うメンバーが今回の報告や3ヵ月ごとのウェブサイトへのレポートをまとめるようになり、プロジェクトに対する参加者ひとりひとりのオーナーシップが感じられるようになりました。

ワークショップでは教科書の進出単語を利用した授業活動をたたき台にして会話力を高めていくための活動例が提示されました。参加者はそれをもとに視覚教材の利用法、授業活動における目的設定の意義等について活発な意見交換をし、自らの授業に活かせる活動案作りにグループで取り組みました。進出単語の絵をもとに自由な会話を毎時間取り入れていく活動に会話に対する意気込みと斬新さを感じた参加者がいた一方で、その活動の目的の曖昧性、視覚教材や言語表現の不自然さも会場から指摘されました。その結果、一つ一つの活動にはっきりとした目的を設定することが授業における効果的な言語活動につながることを発表者を含め多くの参加者が考えさせられる貴重な機会となりました。

<参加者からのコメント:来週からの授業で使えそうなこと>
  • 実生活に近い会話のスタイルで教える。
  • 状況設定を考えながらアクティビティをさせる。
  • 目的を設定し、フォーカスして単語や文型を練習させ、会話につなげる。

<ワークショップに参加しての感想>
「会話を広げる努力をさせなければいけないということがわかりよかったです。」
「日本語での会話力は英語での会話力とは違うのでしょうか?」
「視覚教材の効果的な使い方について考えさせられました。」
「(授業活動は)大きな目的だけでなく、一つ一つの作業に本当にそれ(はっきりした目的)が必要だと再認識した人が多いと思う。」
rsz_img_5536.jpgrsz_img_5581.jpgIMG_5564.JPG



今後の予定
ワークショップには現在J-GAPに関わっていない人も約10人参加しました。ワークショップ終了後に取ったアンケートでは「毎回参加できるかわからないがプロジェクトに興味がある」または「是非加わってみたい」と回答した人が10人中5人いました。MAATJではその中で同じようなテーマに興味がある人に声をかけ、新たなアーティキュレーションプロジェクトを発足させていく計画を立てています。
さらに「現在活動中のグループの話し合いを見学してみたい」という回答者も2人いましたので、希望者にはスカイプ等を利用してオンラインで話し合いを聞いてもらうことを予定しています。






1) MAATJ の紹介

MAATJ (Mid-Atlantic Association of Teachers of Japanese / アメリカ中部大西洋岸日本語教師会) はバージニア州、メリーランド州、ワシントンDCを中心とした日本語教師の集まりです。小学校から大学までの日本語教師を中心に、日本語教育を活性化しようとする人々が参加しています。


2)J-GAP活動を行うことになった経緯

バージニア州、メリーランド州を中心とした地域は、2011年にJ-GAPアメリカのモデル地区として選ばれ、多くの日本語教師がプロジェクトに関わってきました。日本語教育グローバルネットワーク支援事業/国際交流基金助成基金事業としての活動期間が終了した2015年時点でも5つのグループが自発的に活動を継続していました。地域や教師間のこの貴重な繋がりを維持し、更に発展させていくために、その活動の仲介役をJ-GAP U.S.A. チームから MAATJ が引き継ぐことになりました。


3)MAATJ を仲介役としたJ-GAP活動の方針、予定

自発的に対話と内省を繰り返しながら、カリキュラムの質の向上を目指しているグループプロジェクトを教師会として支援していきます。この地域の活動内容や成果を幅広くお知らせするために、MAATJのウェブサイト(http://maatj.weebly.com/)に3ヶ月ごとに各グループの活動報告を掲載していきます。

2015年9月25-26日には、バージニア州ウィリアムズバーグ市で開催されるForeign Language Association of Virginia (FLAVA) の年次会でJ-GAP関係の発表を3点行う予定です。