logo.jpg
































※ このページは新しいものが一番上にくるようになっています。










~ 第30回J-GAP韓国月例会 ~




日 時: 2014年10月19日(日)15:00~18:00

場 所: 釜山外国語大学校

参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



1.「釜慶大学の現状と課題~学生への意識調査~」【釜慶大学校:石塚健先生】

2.「日本国内の日本語学校の報告~アーティキュレーションに着目して~」【釜慶大学校:藤美帆先生】

3.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック11:人との関係】 ☞ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1.「釜慶大学の現状と課題~学生への意識調査~」【釜慶大学校:石塚健先生】

● 学生数14名以下の場合は絶対評価/14名以上は相対評価
☞ 成績を重視する韓国人の学生 → クラスの規模はクラスの雰囲気やモチベーションに直接つながる


2.「日本国内の日本語学校の報告~アーティキュレーションに着目して~」【釜慶大学校:藤美帆先生】
● 曜日ごとに分業制
☞ 教師一人一人の責任がとても重要

3.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック11:人との関係】 
☞ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV





~ 第29回J-GAP韓国月例会 ~




日 時: 2014年9月21日(日)15:00~18:00

場 所: 釜山外国語大学校

参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



1.「課題遂行能力の面から見た日本語能力試験~N5を中心に~」【国際交流基金:森田衛先生】

2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック04:生活と人生】 ☞ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







~ 第28回J-GAP韓国月例会 ~




日 時: 2014年8月31日(日)15:00~18:00

場 所: 釜山外国語大学校

参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



1.「ICJLE2014シドニー大会の報告~全体の様子およびJ-GAPのパネルについて~」【釜山外国語大学校:ジョンギヨン先生】
2.「2014年大韓民国中等教育日本語教師研修においての報告~中等日本語教師研修のあり方について~」【イェムン女子大学:チャサンウ先生】

3.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック07:健康】 ☞ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







~ 第27回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2014年6月29日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.「2009年改訂教育課程とJFスタンダード基盤のA1レベルの自己評価表の開発と適用過程」【釜山外国語大学校:ジョンヒヨン先生】
2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック05:仕事と職業】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1.「2009年改訂教育課程とJFスタンダード基盤のA1レベルの自己評価表の開発と適用過程」【釜山外国語大学校:ジョンヒヨン先生】
 ・ 高校生用のポートフォリオの開発の可能性について

2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック05:仕事と職業】
  ・ JFスタンダードのトピック「買い物」を参考に韓国人学習者のためのCan-doを小グループにわかれて作成。
  ・ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV




~ 第26回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2014年5月20日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.大学の日本語教育の現状と展望【釜山大学校:ジョ・ガンヒ先生】
2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック08:買い物】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1.大学の日本語教育の現状と展望【釜山大学校:ジョ・ガンヒ先生】

・釜山大学の日本語学部の現況と課題について。

2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック08:買い物】
・ JFスタンダードのトピック「買い物」を参考に韓国人学習者のためのCan-doを小グループにわかれて作成。
・ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV




【2014/4/25 UP】

~ 第25回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2014年4月20日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員+韓国で日本語を教えている先生方

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.大学の日本語教育の現状と展望【釜慶大学校:손동주先生】
2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック01:自分と家族】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1.大学の日本語教育の現状と展望【釜慶大学校:손동주先生】
・釜慶大学の日本語学部の概要、教科課程、日本語の授業の現況、日本語能力試験、展望と課題について。

2.韓国人学習者のためのCan-do作り【JFスタンダード トピック01:自分と家族】
・ JFスタンダードのトピック「自分と家族」を参考に韓国人学習者のためのCan-doを小グループにわかれて作成。
・ J-GAP韓国Facebookページにて公開(http://goo.gl/JoCdV




【2014/04/25 UP】

~ 第3回中高大日本語教師交流会を開催しました ~

日時:2014年3月23日(日)
場所:釜山外国語大学校
参加者:中高大日本語教師

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1.開会のあいさつ
2.発表
  ・ 高校の日本語教育の現状
  ・ 中学の日本語教育の現状
  ・ 大学の日本語教育現場の一例
3.中高大日本語教師交流会
4.閉会のあいさつ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3回交流会.jpg



【2014/4/25 UP】

~ 第24回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2014年3月23日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.2013年度のJ-GAP韓国の活動について
2.2014年度のJ-GAP韓国委員会の目標と方針

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.2013年度のJ-GAP韓国の活動について----------------------------

■  2013年度の目標
① 釜山における段階の異なる教育現場で作られているMY Can-Doを収集、蓄積しながら、JFスタンダードのCan-Doと照合し、韓国を舞台とした接触場面のCan-Doリストを整理。
② 段階の異なる教育機関間のアーティキュレーションを円滑に行うためのポートフォリオの作成。
③ 各国の日本語教育スタンダードや教育課程、韓国における日本語教育関機関の理念や方針等を収集し、韓国で日本語教育を行う意義の再考。

■ 2013年度を終えてどうだったか?
① ⇒ 既存のCEFRやJFにはない韓国をインターアクションの場としたCan-doの作成、韓国人学習者が言語活動の場で使いそうなCan-doを 月例会で作成し、2013年3月よりFacebookページにて一般公開している。

② ⇒ この1年を通して、モデル校教員がそれぞれの現場のニーズを生かしたポートフォリオを作成し、月例会でシェアし、中等~高等連携のための統一ポートフォリオの可能性を考えた。

③ ⇒ 予算と時間の関係上、J-GAP韓国の事業としては行わず、基金のHP等にある既存のものなどを参考にすることとした。


2.2014年度のJ-GAP韓国の活動についてて------------------------------
1.png
事業1) 国内外日本語教育関連学会でのJFスタンダード普及を目的とした講演・企画発表
⇒ 年に5度、学会等の企画発表枠(パネル型)にてJ-GAP韓国の活動を報告し、また、Can-Doをベースとした実践例の報告を継続的に行うことにより、韓国の日本語教育関連学会ではまだ少ない実践研究の発表環境を整えることが期待できる。

事業2) J-GAP韓国月例会にて講演及びミニワークショップ
・ JF日本語教育スタンダード「Can-Do」を用いた授業、カリキュラムの実践報告ワークショップ
・ 韓国をインターアクションの場とした場合の Can-Do作成ワークショップ
⇒ 今年度より、月例会とワークショップをオープンにし、より多くの日本語教師にJFスタンダードやCan-doを認識し、さらには収集された情報を積極的に学会やSNSを利用し、提供、発信することで、韓国を舞台としたMY Can-Doが蓄積され、教育機関によるCan-Doベースのカリキュラムの構築等が期待される。Facebookページでは有料の広告を利用し、普及させていく予定。

事業3) JF日本語教育スタンダードの普及とアーティキュレーションを目指した中高大学日本語教師の交流会の開催
⇒ 教育課程に則り、修能(韓国版センター試験)に向けて、日本語学習が行われている中等教育では「試験」のための学習に偏りがちであるが、段階の異なる中高大の日本語教師が交流し、中等教育、高等教育に携わっている日本語教師がお互いの現場を知ることで、協力体制が築かれ、JF日本語教育スタンダードをもとに、韓国における日本語教育のアーティキュレーションの必要性を共有することができる。

事業4) JFスタンダード、アーティキュレーションに関する研修会及び招待講演の企画
⇒ JFスタンダードやアーティキュレーションの専門家を招待し、研修会や講演を企画することで、より多くの日本語教員にJFスタンダードの普及が見込める。

・ すべての事業において、国内外日本語教育関連学会の学術大会、学会誌に成果及び効果の報告を行う。
・ Web上(http://j-gap.wikispaces.com/)で成果及び効果を随時公開。
・ SNS(http://goo.gl/GskLZL)にて情報を公開







2月に予定されていたJ-GAP韓国の月例会はモデル校となっている釜山外国語大学校での惨事を受け、3月に延期することとなりました。被害に遭われ今も困難に直面している方々へ心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々へ深く哀悼の意を表します。







【2014/1/07 UP】

~ 第23回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年12月2日(日)10:00~15:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」
2.ミニワークショップ
3.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」 ★
発表1:平中ゆかり「高校・大学連携日本文化体験」
発表2:鄭ヒヨン「J-GAPとJFスタンダード再考」
発表3:石塚健「作文授業でのルーブリック導入」

★ ミニワークショップ ★
5月に韓国人学習者対象のMY Can-doを作成するため、韓国人学習者が日本語で話したそうなことや、韓国人学習者の日本語を使った接触場面について、JFスタンダードの15トピックごとにアイディアを出しあったので、それをもとに、12月は「自由時間と娯楽」というトピックのA1~B2のMY Can-do作りを行った。2013年度末にFacebookに公開予定

※ 国際交流基金ソウル日本文化センターからオブザーバーとして毎月参加されていた岡田由美子先生が12月で任期を終え、日本に帰国されることとなりました。





【2014/1/07 UP】

~ JF日本語教育スタンダードワークショップを開催しました ~


日 時: 2013年11月3日(日)10:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
講 師: 押尾和美先生
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「J-GAP韓国研修会」
1.MY Can-doを作るときのポイント
2.JFS関連の質問への回答
3.JFS準拠口頭試験の概要
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






【2014/01/07 UP】

~ 第2回中高大日本語教師交流会を開催しました ~

日時:9月29日(日)
場所:釜山外国語大学校
参加者:中高大日本語教師

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1.開会のあいさつ
2.グループ別自己紹介+アイスブレーキング 「個人としてのお互いを知り合おう!」 
3.グループ別話し合い(1) 「あなたはどんなクラス、どんな授業を持っていますか?」 
     休憩
4.グループ別話し合い(2)「お互いのビリーフ(信念、信条)の違いを知ろう!」
5.閉会のあいさつ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1-IMG_6779.JPG




【2014/1/07 UP】

~ 第22回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年9月29日(日)10:00~13:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」
2.ミニワークショップ
3.JFスタンダードについての国際交流基金への質問

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」 ★
発表1:検校裕朗「ソウル日本文化センター日本語講座のポートフォリオ」
発表2:文相根「スマートフォンを使った授業」

★ ミニワークショップ ★
5月に韓国人学習者対象のMY Can-doを作成するため、韓国人学習者が日本語で話したそうなことや、韓国人学習者の日本語を使った接触場面について、JFスタンダードの15トピックごとにアイディアを出しあったので、それをもとに、9月は「旅行と交通」というトピックのA1~B2のMY Can-do作りを行った。2013年度末にFacebookに公開予定

★ JFスタンダードについての質問 ★


① 現場(教室)におけるCan-doQ:Can-doシラバスで授業を行うというのはどういうことなのか?
Q:学院(塾)、中学校、高校、大学と教育機関の特徴に合わせてCan-doをこのように使えばよいと具体的なアドバイスがほしい。

② 評価とCan-do
Q:授業等でCan-doを目標とする際、Can-doは授業を終えた時点でCan-doが達成されていれば、「できた」と判断してよいのか。
Q:A-B-C-D-Fと最終的に相対評価で学生を評価しなければならない大学のカリキュラムなどではどのようにCan-doを扱うのが理想的か?

③ Can-do全般Q:現在、JFSにはコミュニケーション言語活動のCan-doしかないが、コミュニケーション言語能力のCan-doは作らないのか?
Q:学院(塾)、中学校、高校、大学と教育機関の特徴に合わせてCan-doをこのように使えばよいと具体的なアドバイスがほしい。
Q:文型シラバス内の応用練習(タスク)でも場面を明確にするためにCan-doを提示するが、その場合もCan-doのカリキュラム、Can-doで授業をしていると言えるのか?

→ 語いや文型は Can-doの背景にある。語いや文型の知識があればこそCan-doが遂行できる。 そこに至るまではいろいろなやり方があり、教師それぞれのティーチング・メソッドを否定してはいけない。

④ ポートフォリオ
Q:ポートフォリオなど、オンラインで整理・共有したりする方法について。『Studynote』のような「学習記録アプリ」などを作る計画は?

※ この日の月例会には當作靖彦先生、伊東佑朗先生、林敏夫先生、李徳奉先生も参加されました。




【2014/1/07 UP】

~韓国日本語教育学会のパネルセッションに参加しました~


日 時: 2013年9月28日(土)
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: 検校裕朗、水沼一法、鄭芝恩、黄美慶、車尚禹、鄭ヒヨン、文相根、鈴木裕子、小野里恵、永嶋洋一、奈須吉彦


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「高校・大学のアーティキュレーションとCan-do」

テーマA:「JFスタンダード/CEFR導入による授業の変化」
      ①現場におけるCan-do
      ②Can-doと評価
テーマB:「アーティキュレーション(高校・大学の連携)とCan-doの今後の可能性」

座長:検校裕朗
司会:水沼一法
発表者テーマA:①鄭芝恩、黄美慶、車尚禹、鈴木裕子 ②永嶋洋一、鄭芝恩、黄美慶、鈴木裕子

発表者テーマB:小野里恵、文相根、鄭ヒヨン、奈須吉彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 発表の流れ ★

「JFスタンダード/CEFR導入による授業の変化」

①現場におけるCan-do
鄭芝恩「生徒中心の授業」
黄美慶「JF Can-doの長所」「状況学習にCan-doを導入」
車尚禹「授業においての翼を広げる」「自分の授業への権威づけ」
鈴木裕子「目標の具体的なイメージ」
②Can-doと評価
永嶋洋一「学生による自己評価」「学生による他の学生の評価」
鄭芝恩「自己評価」
黄美慶「クラスメートへのメンタリング」
鈴木裕子「テストの方法と基準」
1-IMG_6809-001.JPG

「アーティキュレーション(高校・大学の連携)とCan-doの今後の可能性」
小野里恵「内部改革」「学生の順応」
文サングン「釜山中等日本語教育研究会」「第1回中高大日本語教師交流会」「中学→高校アーティキュレーションの問題点」
鄭ヒヨン「アーティキュレーションのための韓国型ポートフォリオEdupot」
奈須吉彦「目標<ゴール>の透明化とCan-do」
1-IMG_6810.JPG



【2014/1/07 UP】

~ 第21回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年8月25日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」
2.ミニワークショップ
3.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」 ★
発表1:金ジョンヒ「レベル別授業の現状と今後の課題」
発表2:鄭芝恩「J-GAPを通して変わった遂行評価」

★ ミニワークショップ ★
5月に韓国人学習者対象のMY Can-doを作成するため、韓国人学習者が日本語で話したそうなことや、韓国人学習者の日本語を使った接触場面について、JFスタンダードの15トピックごとにアイディアを出しあったので、それをもとに、8月は「食生活」というトピックのA1~B2のMY Can-do作りを行った。2013年度末にFacebookに公開予定




【2014/1/07 UP】

~韓国日本学会にてJ-GAP及びJFスタンダード関連の発表報告を行いました~


日 時: 2013年8月23日(金)
場 所: 嘉泉大學校

参加者: 検校裕朗、李明姫、黄美慶

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「J-GAPの活動を通した授業の変化と中等教育と高等教育の連携」
司会:検校裕朗
発表1:李明姫「J-GAP活動を通した大学基礎日本語科目の方向性と課題」
発表2:黄美慶「JFスタンダードと既存の教授法との連携」


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




【2014/1/07 UP】

~ 第20回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年6月16日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」
2.ミニワークショップ
3.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


★ ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」 ★
発表1:永嶋洋一「学生の学生による学生のための評価」
発表2:車尚禹「2グループ動詞におけるポートフォリオ作成と留意点」

★ ミニワークショップ ★

5月に韓国人学習者対象のMY Can-doを作成するため、韓国人学習者が日本語で話したそうなことや、韓国人学習者の日本語を使った接触場面について、JFスタンダードの15トピックごとにアイディアを出しあったので、それをもとに、6月は「住まいと住環境」というトピックのA1~B2のMY Can-do作りを行った。2013年度末にFacebookに公開予定



【2014/1/07 UP】

~在韓日本語講師研究会にてJ-GAPの現状報告を行いました~


日 時: 2013年6月8日(日)
場 所: 国際交流基金ソウル日本文化センター
参加者: 検校裕朗、松浦恵子、奈須吉彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「スムーズな学習の継続を目指して「つながる」~J-GAP韓国の取り組み~」
発表:検校裕朗、松浦恵子、奈須吉彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 発表の流れ ★
1.J-GAP発足の経緯
2.J-GAP発足後の活動内容(2011~2013)
3.ミニWS『自分の所属している教育機関について(問題解決のために何をしているか?)』
4.ミニWSの発表
5.J-GAPの活動を通してよかったところ、難しいと感じたところ
6.CEFR Can-DoとJF Can-Doの違い
7.まとめ



【2014/1/07 UP】

~ 第19回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年5月19日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」
2.ミニワークショップ
3.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ミニ発表「J-GAP、JFスタンダードを通して何が変わった?」 ★
発表1:奈須吉彦「釜山外国語大学の新カリキュラム」
発表2:松浦恵子「レベル別になって1学期目の様子」

★ ミニワークショップ ★
韓国人学習者対象のMY Can-doを作成するため、韓国人学習者が日本語で話したそうなことや、韓国人学習者の日本語を使った接触場面について、JFスタンダードの15トピックごとにアイディアを出し合った。以下をもとに、6月から韓国人学習者を対象にしたMY Can-do作りをJ-GAPに参加されている高校大学の現場教師で作成し、ある程度収集できたところで、FacebookにJ-GAPページを作り、オンラインで公開の予定。

01 自分と家族: 自分や家族に関すること(家族構成、身体的特徴など)
年配の方が子供のことについて/家族構成/職業・年齢・出身・共通点 /交流会・新学期の授業

02 住まいと住環境: 住居や居住地域に関すること(部屋、家具、周辺施設など)
住んでいる地域/韓国に来たばかりの人に韓国の住環境や家について説明する/生活者(日本語母語話者教師、留学生)に携帯の契約の違いなどを説明する/どこに住んでいるか/住居の違い(マンションと一戸建て,坪とLDK,複数階とロフト,オフィステル、ツールーム)/自分の家に招待をする

03 自由時間と娯楽 : 余暇や趣味に関すること(スポーツ、映画、音楽など)
趣味/アニメ/歌/芸能人/山登り(どの山でどんなコースがよかったか)/プロ野球について/自分の国での流行/ゲーム/K-POP/J-POP/お互いの国で大衆文化を紹介

04 生活と人生: 日常生活やライフステージに関すること(日課、入学、結婚、子育てなど)
アルバイト/サークル/宗教/若い男性が兵役について/将来の夢/先生への進路相談

05 仕事と職業: 仕事と職業に関すること(企業、職種、職務など)
就活、希望する職業/通訳/日系企業/日本と取引のある企業(貿易会社)で日本を使う/日本での職業の幅(どんな職業があるか、つけるか)/面接(練習)

06 旅行と交通: 旅行と交通に関すること(旅程、公共交通機関、観光など)
日本で行きたいところ/バス、タクシー、KTX/韓国国内旅行地の紹介/観光業(ガイドなど)/免税店/化粧品店/ホテルなどで旅行者と話をする/釜山と自分の町の観光地・交通利用の説明/案内(市内観光などでの)

07 健康: 身体や健康に関すること(病気、通院、生活習慣など)
たばこ・酒/アカスリ/登山/ダイエット/漢方/韓医院/チムチルバン/病院に連れて行く

08 買い物: 買い物に関すること(店、支払いなど)
買い物する場所/化粧品/日本語に直訳できないメニューや食べ物

09 食生活: 食生活に関すること(飲食、レストラン、料理など)
おいしい店、料理ができるかどうか/おいしい韓国料理やお店の紹介(순두부되지국밥불고기など)/刺身の魚の名前/トルソッパプや焼肉の食べ方/自国の料理紹介/お店紹介(韓定食・刺身屋)

10 自然と環境: 自然や環境に関すること(天候、季節、環境問題など)
地震/津波(自然災害)
11 人との関係: 人づきあいに関すること(交際、トラブル、マナーなど)
恋人/初対面で話すこと(例:年齢)/本音と建前/礼儀作法(マナー)/日本人の家に行く

12 学校と教育: 教育機関や教育に関すること(学校、学習環境、教材など)
専攻/夜間自立学習・学院(韓国)/学校教育(クラブ・サークル・学校生活)(日本)

13 言語と文化: 言語や文化に関すること(外国語、冠婚葬祭、伝統文化、ポップカルチャー、異文化体験など)
日本的な表現(例:ちょっと考えてみます、すみません)/結婚式(2チーム)/方言/ワーホリ/交換留学/日本語の学習動機/日本に旅行に行った時の会話/留学先での日常会話/冠婚葬祭/お香典

14 社会: 社会に関すること(政治、産業、経済、国際関係など)
軍隊・北朝鮮/領土問題/選挙について/景気・物価

15 科学技術: 科学技術に関すること(最新テクノロジー、サイエンス、メディアなど)
ゲーム/スマホの新機種やアプリ/ゲームについて/携帯電話/IT技術








【2014/1/07 UP】

~韓国日語教育学会にて高校・大学教師がSNS利用の授業に関する共同発表を行いました~


日 時: 2013年4月27日(土
場 所: 漢陽サイバー大学
参加者: 鄭起永、車尚禹、鄭芝恩、小野里恵、奈須吉彦


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「世代間<高校生~大学生>のSNSの利用実態とソーシャルメディアを利用したこれからの日本語教育」
司会:鄭起永
発表:車尚禹、鄭芝恩(高校から)/小野里恵、奈須吉彦(大学から)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 発表の流れ ★
1.世代間(高校生~大学生)のSNSの利用実態
2.教育の現場でSNSを使う際のメリットは?
  ● 授業でのSNS利用
  ● 授業外でのSNS利用
3.教育の現場でSNSを使う際に注意すべき点は?
4.ソーシャルネットワーク時代の日本語教育、今後可能性について
  ● 高校の日本語教育現場の展望
  ● 大学の現場の日本語教育現場の展望
  ● 高校と大学間のSNSを利用した連携の可能性について




【2014/1/07 UP】

~ 第18回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年4月14日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.モンゴル日本語教育シンポジウムの報告
2.モデル校教員新メンバーの紹介
3.2012年度モデル校別活動成果と2013年度のゴール設定
4.2013年度J-GAP韓国の事業計画
5.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 2013年度J-GAP韓国の事業計画 ★


■ 「J-GAP韓国委員会」 -プロジェクトの指針-


① 釜山における段階の異なる教育現場で作られているMY Can-Doを収集、蓄積しながら、JFスタンダードのCan-Doと照合し、韓国を舞台とした接触場面のCan-Doリストを整理。

② 段階の異なる教育機関間のアーティキュレーションを円滑に行うためのポートフォリオの作成。

③ 各国の日本語教育スタンダードや教育課程、韓国における日本語教育関機関の理念や方針等を収集し、韓国で日本語教育を行う意義の再考。



■ 「J-GAP韓国委員会@2013」の事業計画


事業1)国内外日本語教育関連学会へのJF日本語教育スタンダードの普及活動

⇒ 年に4~5度の学会等で講演や、J-GAPの活動進捗報告を通し、JF日本語教育スタンダードが全国的に普及でき、また、Can-Doをベースとした実践例の報告を継続的に行うことにより、韓国の日本語教育関連学会ではまだ少ない実践研究の発表環境を整えることが期待できる。


事業2)モデル校参加の月例会にてミニワークショップの開催

・ JF日本語教育スタンダード「Can-Do」を用いた授業、カリキュラムの実践報告ワークショップ

・ 韓国をインターアクションの場とした場合の「MY Can-Do」の作成ワークショップ

⇒ 情報がある程度集まった時点で積極的に学会やSNSを利用し、提供、発信することで、韓国を舞台としたMY Can-Doが蓄積され、教育機関によるCan-Doベースのカリキュラムの構築等が期待される(2013~2014年度にかけて)。



事業3)JF日本語教育スタンダードの普及とアーティキュレーションを目指した中高大学日本語教師の交流会の開催

⇒ 教育課程に則り、修能(韓国版センター試験)に向けて、日本語学習が行われている中等教育では「試験」のための学習に偏りがちであるが、段階の異なる中高大の日本語教師が交流し、中等教育、高等教育に携わっている日本語教師がお互いの現場を知ることで、協力体制が築かれ、JF日本語教育スタンダードをもとに、韓国における日本語教育のアーティキュレーションの必要性を共有することができる。



事業4)各国スタンダードの韓国語翻訳(未定)

⇒ アメリカナショナルスタンダーズをはじめ、各国のスタンダードや教育課程を韓国語に翻訳し、中等・高等教育機関に提供することで、JF日本語教育スタンダードの理解をはじめ、世界の日本語教育の流れを共有することができる。





【2014/1/07 UP】

~ モンゴル日本語教育シンポジウムに参加 ~

日 時: 2013年3月1日(金)~3月2日(土)15:00~18:00
場 所: モンゴル
参加者: 鄭起永(J-GAP韓国委員長)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「韓国の日本語教育とスタンダード構築への展望」
発表:鄭起永

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




【2014/1/07 UP】

~ 第17回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2013年2月24日(日)14:00~16:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.中高大日本語教師交流会について
2.2012年度の決算報告と2013年度の予算計画について
4.新学期に向けての抱負
5.お知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 中高大日本語教師交流会の企画について ★
<広報活動>韓日研(韓国日本語教育研究会)会長の文先生と総務の黄先生を中心に全国の中学校、高校の日本語教師に広報。
<参加人数>平日であれば、出張扱いになり、多くの参加が期待できるが、週末となると難しい。
<企画案>
・JFスタンダードを利用した授業例の発表
・お互いの現場を知るためのグループ歓談

★ 新学期に向けて ~教育機関レベルごとの現状&意見~ ★
<中学校のモデル校教員より>
・講師は2年間働ける契約となっている。授業は週8時間から17時間程度。放課後授業が主

<高校のモデル校教員より>
・中国語を選択する学生が激減。広報不足なのか漢字が難しいからなのか?日本語は3割程度。
・日本語とドイツ語が行われている高校の例として、3年生になると文系はあるが理系は日本語の授業がなくなる。日本語の学生は特に減っていない。現在は必修なのでドイツ語より学びやすい日本語を選ぶ学生が多いのかもしれない。

<専門大学(短大)のモデル校教員より>
・日本語の人気が減っている。2013年度の学生集めで困っている。日本語教育界全体で何かしないとJ-GAPの意味もなくなると思うほど深刻な状況。短大は定員割れが相次いでいる模様。今も追加募集している状況。定員の60%ほどを満たしている状況。「日本語学科」ではなく「国際通訳学科」など、わざと「日本語」を学科名から外しているところもある。地方の4年制大学でも定員割れがあるようだ。中国語の影響力が大きいようだ。
・淘汰されるところは淘汰されていくと思う。魅力ある学校は残っていく。非常勤の仕事がなくなっていった。
・文化の授業も体験中心となっている。万が一日本語学科がなくなったら他学科に営業にいく。質を高めなけばいけない。

<大学のモデル校教員より>
・現状を踏まえて自分の置かれている環境でできることはなにか?を考える。日本語教育業界の縮小は本当に間近である。
・授業をしながら感じるのは学生の学習能力の低下。どうすればこの学生達を教えられるのかが悩み。日本語に魅力をもてないのは日本経済、就職のせいか。語学力プラスなにかをしないといけない。就職をどうするかが課題。
・以前とは違い、大学は勉強するところではなく就職につながるところとなっている。幅広い選択肢があるとよい。
・日本語学科だからといって日本語だけ教えていればいいのではない。学生も語学だけじゃなくて他のこともできる人材をそだてなければならない。このような変化は数年前から起こっている。政府の政策によって影響を受けている。上の方へはアドボカシーを、現場では地道な努力を。
・日曜日に会議をしていることがいつか実を結ぶとよい。
・大学の「融合教育」があると良い
・変化しない組織はつぶれる。いつも危機感をもって変化をしていく。そのような機関でないと生き残れない。社会、ニーズの変化。まずは変化を学んで教育課程を変えたり勉強会をする。教師の考え方も変えるべき。多角的なことをやるべき。日本語を教えながら他のこともやる。厳しいかもしれないが変化のために努力するべき。
・学習者の増減はやはり日本経済と政権、日本の魅力。自民党政権に期待を。日本の魅力を伝えることは日本人講師にもできる。学習者をどのくらい理解しているか。(例:若者は本当に内向きなのか?デジタルネイティブ世代の彼らはオンラインでは常に外を向いている。まず、彼らの側に立つ必要がある)

<評価院の先生より>
・地域によって違うが、釜山は日本語、仁川は中国語など地理的な影響もある。教育課程の変化。必須から選択科目へ。単位も4~6単位が最近では4単位が多いようだ。授業も1年やっていたのが半年のみのところも。中学では単位数が変わっているのに以前と同じ教え方では学生が興味をなくしてしまう。以前は文字、発音・・・だったが、それを変えるべきではないか。3単位になったところでは、文字からはじめなくてもいいのかもしれない。教え方、文化項目の導入など、視野を広げて。「興味を持たせる」ことを意識して。国の政策は新政権になることもあって、どう変わるか多少不安。相対評価ではなく絶対評価になる動きも見える。高校は受験とつながるので「楽しく」だけでは・・・「受験に関係ある/ない」で教え方もかえるべきでは。




【2014/1/07 UP】

~韓国日本学会創立40周年記念国際学術大会にて現状報告~


日 時: 2013年2月1日(金)09:30-18:00
場 所: 高麗大学校
参加者: 鄭起永、松浦恵子、検校裕朗、車尚禹

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「J-GAP韓国発足から現在 ~現場での試みと展望~」
司会:鄭起永
発表:松浦恵子「J-GAP韓国発足から今までの活動」
発表:検校裕朗「J-GAP韓国の今~2012年度の進捗状況~」
発表:車尚禹「高等学校での現場の取り組みと展望」


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

聴衆の反応
>>
>>



【2013/2/24 UP】

~ 第16回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2012年12月16日(日)16:00~19:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.JF日本語教育スタンダードのCan-Doについて
  ● CEFR Can-DoとJF Can-Doの復習
  ● JF日本語教育スタンダード準拠教科書「まるごと」について
3.ミニワークショップ
「こんなCan-Doを使って授業をしています②」  
⇒ 前回収集したCan-Do一覧の吟味
⇒ 異なる教育機関・クラスにおけるCan-Doの扱い方
⇒ 報告会
4.まとめ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ JF日本語教育スタンダードのCan-Doについて 【岡田先生<国際交流基金>への質問】 ★

Q: もし、A大学でスタンダードをつくり「C1」というレベルを設定したら、それは普遍的なものでA大学の外でも「C1」として認められるか?
A:それはあくまでもA大学のスタンダードの「C1」なので、外部の「C1」とは違う。

Q: CEFRの効果の事例はあるのか。
A:あるかもしれない。不明。または検証されつつある段階のようだ。

Q: JFスタンダードの韓国語版について
A:韓国語版はあるが、日本語版にある情報が韓国語版にはないものもあるので日本語版を見たほうがいい。

Q: Can-Doがまだ何なのかはっきりと理解できない? 「1~100まで数を数えられる」という「能力」をはかるものはcan-doと言えるのか。「値段が言える」のように課題を達成するところまでいかないとcan-doとは言えないのか。
A:「数字が1~100まで言える」から「数字を使って電話番号がいえる」などにするとcan-doになるのではないか。




【2013/2/24 UP】

~ 第15回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2012年11月18日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.J-GAP韓国の下半期~2013年度の活動方針の確認
3.ミニワークショップ
「こんなCan-Doを使って授業をしています①」  
⇒ MY Can-Doの作り方の復習
⇒ 異なる教育機関・クラスにおけるCan-Doの扱い方
⇒ 報告会
5.まとめ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




【2013/2/24 UP】

~ 第14回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2012年10月21日(日)16:00~19:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.事務連絡
① 韓国日本語教育学会(9/22)での発表内容報告
② 国際交流基金ソウルセンター所長の離就任式についての報告
③ 第二外国語教育正常化推進連合会についての報告
3.J-GAP韓国委員会の下半期~2013年度に向けた今後の活動方針について
4.ミニワークショップ
「シラバスの作成方法のおさらい」  
⇒ 学習者目線で教師が作成したシラバスから学期の目標、週ごとの目標などがどの程度把握できるか?
5.まとめ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 2012年度下半期~2013年度に向けたの今後の活動方針について ★

韓国における日本語教育スタンダードの基盤作りを目指し、学習者と教師が学習目標を共有するため、
また、段階の異なる(中→高→大)教育機関のアーティキュレーションを円滑に行うための情報やツールを考察し、その情報を共有する。

❒ 具体的にJ-GAP韓国の活動として行っていくこと
   1.釜山における段階の異なる教育現場で作られているMY Can-Doを収集、蓄積しながら、JFスタンダードのCan-Doと照合し、韓国を舞台とした接触場面のCan-Doリストを整理。
   2.段階の異なる教育機関間のアーティキュレーションを円滑に行うためのポートフォリオの作成。
   3.各国の日本語教育スタンダードや教育課程、韓国における日本語教育関機関の理念や方針等を収集し、韓国で日本語教育を行う意義の再考。
❒ 情報共有の方法
   ・ 学会等での報告
   ・ ワークショップの開催
   ・ ソーシャルメディアの利用



【2013/2/24 UP】

~ 韓国日本語教育学会でJ-GAPの現状報告 ~


日 時: 2012年9月22日(日)
場 所: 全南大学校 
参加者: 鄭起永,松浦恵子,奈須吉彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎ 「韓国型の日本語教育スタンダードの必要性」 鄭起永
◎ 「モデル校釜山外国語大学での現状と取り組み」 松浦恵子,奈須吉彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【聴衆の反応】
「韓国型の日本語教育スタンダードの必要性」
 ≫ 日本語教育にこのような流れがあったことを初めて知った。
 ≫ 中等教育には既に教育課程がある。スタンダードを作る必要性は?
 ≫ 違いがあることで多様な学習者に期待にも応えられるのではないか?

「モデル校釜山外国語大学での現状と取り組み」 
 ≫ 就職率はどのぐらいか?
 ≫ 専門的な科目はその分野のプロを招聘しているのか?
 ≫ 段階別の授業を行う予定とのことだが、学生は希望しているのか? 




【2012/9/10 UP】

~ 第13回J-GAP韓国月例会 &「評価」に関するワークショップを開催 ~


日 時: 2012年9月2日(日)10:00~17:30
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員および一般参加者

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第13回J-GAP韓国月例会【10:00~12:15】
1.出欠確認
2.ICJLE2012@名古屋の報告
3.2012年度の活動計画の再確認
4.夏休みの宿題「2012年2学期のマイシラバスを共有しよう」
5.シラバスの作り方について

「評価」に関するワークショップ【14:00~17:30】
タイトル: 「学習効果、学習動機を高める評価」について 講師: 當作靖彦先生
● 評価の基本概念
● ルーブリックについて
● ルーブリックを作ってみよう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1-IMG_4092.JPG

【参加者の感想】
當作先生のおっしゃっていたように、
「シラバスは学生との契約書である」ということを念頭におき、
1学期間(または1年)の授業内容・テストの詳細・評価方法・教師の教育哲学などが
シラバスに目を通すだけで明確にわかるようなものをこれからは作っていきたい。



【2012/9/10 UP】

~ 「韓日日語日文学会」にてJ-GAPと韓国の日本語教育に関するご講演~


日 時: 2012年9月1日(土)15:40~16:40
場 所: 釜山外国語大学校

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「アーティキュレーションの先にあるものー海外における日本語教育の意義を考える」 
招請講演: カリフォルニア大学サンディエゴ校 當作靖彦先生

「韓国における今後の日本語教育に求められるもの」
招請講演: 同徳女子大学校 李徳奉名誉教授

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1-IMG_4089.JPG



【2012/9/07 UP】

~ ICJLE2012@名古屋にてJ-GAP韓国の活動報告 ~


日 時: 2012年8月17日(金)~19日(日)
場 所: 17日@産業労働センターウィンクあいち/18日~19日@名古屋大学
参加者: 17日@J-GAP代表者会議(4名)/18日~19日@シンポジウム・ポスター発表(J-GAP韓国モデル校教員14名)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

グローバルネットワークシンポジウム1

J-GAP韓国の発表


ポスター発表


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






【2012/9/07 UP】

~ 第12回J-GAP韓国月例会 ~


日 時: 2012年7月1日(日)15:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.2012年度の活動計画報告
  ① グループ別協議時間<アクションプランの内容確認および加筆修正>
  ② グループ別活動計画報告
  ③ J-GAP韓国モデル校間共有ポートフォリオ作成に向けて
3.J-GAP関連の発表・報告について(7~8月に行われる学会、教師会等)
① ICJLE2012@名古屋にてJ-GAP関連の発表者および参加者の確認
② その他、学会、教師会等でJ-GAP関連の発表される方の確認
4.広報および意見募集
① 9月1日~2日「韓日日語日文学会」にて當作先生のご講演&ワークショップを開催予定
② J-GAPを進めていく上でどんなワークショップが必要か。アイディア募集。
5.夏休みの宿題について
6.次回の会議&WSのスケジュール

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 2012年度の活動計画報告 ★

◎ 「J-GAP韓国」としてのゴール
   1.改訂教育課程により中等教育学習者向けに新しく出版された教材の分析と一部教材のCan-Do化
   2.JF日本語教育スタンダードをもとに韓国における日本語接触場面のMY Can-Do作成
   3.初中等~高等教育機関(および学校教育機関以外)で活用できるポートフォリオの草案作成

◎ モデル校別ゴール
❒ 中高合同(建国中学校/楊東女子中学校/叡文女子高校/耕慧女子高校/大真情報通信高校)
   1.教科書分析
   2.Can-Do導入課の検討
   3.実践用Can-Do作り
❒ 釜山大学校
   1.担当授業でのCan-Doおよびポートフォリオの導入
   2.日本語関連科目担当の教員間と連携開始
❒ 釜慶大学校
   1.学科としての最終到達ゴールとスタート段階の設定
   2.1~4年生用のゴールとオブジェクティブを学期ごとに設定
   3.1年生科目から実践しながら釜慶大Can-Doリストの作成
❒ 新羅大学校
   1.2012年度1学期開講科目「日本文化(1年生用)」用Can-Doの再検討。
   2.中等教育の日本語教科書内にある文化項目の整理とCan-Do試案。
   3.日本語基礎科目間の連携を検討。
❒ 釜山外国語大学校
   1.日本語学部に開設されている88科目のゴール設定を透明化及び科目担当者間での連携のための話し合い。
   2.段階別新カリキュラムの枠組み完成
❒ 釜山科学技術大学校
   1.学科教員間の連携(話し合いの場を作る)
   2.学生カルテ(情報ファイル)の作成→学科教員間で共有し、連携を強化。

☞ モデル校内の進捗状況は月例会で発表する。
☞ モデル校内会議等で利用したファイルはこれまで通り、Dropboxで管理し、共有できるようにする。
☞ 大学間で共通の悩み、「入学時にレベル差のある学生をどうするか?」
⇒ ポートフォリオを中、高、学院にも浸透させ、入学時のレベル判定を簡素化。
⇒ どの機関・教員が見ても学生の学習記録等がわかるようなポートフォリオを作成。学習者のモチベーションも↑。

では、アーティキュレーション(連繋)のための「ポートフォリオ」に盛り込みたい内容は?

❒ 高校の立場から
  「中学校での学習内容の詳細」
  「『文字がわかるか』だけわかればいい。」
  「週当たりの授業数」
  「教科書の種類と進度(どこまで勉強したか)」
  「語彙をどのくらい知ってるか」
  「中学校で見た資料(重複防止)」
  「具体的に行ってきた活動内容」
  「自己評価と担当教師の確認」

❒ 大学の立場から(4年制大学)
  「文字資料だけでなく学生の顔写真も」
  「中高での日本語学習経験」
  「日本在住経験」
  「学習背景、学習暦、属性」 
  「情意面(好きだけどできないものとか)
  「日本への旅行経験」
  「資格の有無」
  「日本人とのかかわり(家族や友人に日本人がいるか)」
  「日本語に限らずどんなことに興味を持っているか(趣味)」
  「日本語を勉強してどんなことがしたいのか」
  「クラブ活動は何をしてたか」
  「技能別、基礎をしっかり勉強してきたか」
  「高校で日本語を教えてもらっていた先生の名前(教授法が知りたい/学生コントロール)」
  「履修した科目名」
  「この大学/学科を選択した理由(先生・両親の推薦?)」
  「日本語学習の動機」
  「どこで日本語を勉強したか(学校、学院、独学?)」
  「教えてもらった先生は韓国人か日本人か」
  「高校の先生は日本語の先生かまたはドイツ語など他の言語から変わった先生か」
  「出身地」
  「学生の性格、興味」
  「高校での日本語授業の出席率」
  「自分なりの学習方法」
  「中間・期末テストの問題と答案がみたい」

◎ 研究グループ別ゴール
モデル校別の活動のほか、下記の5グループに分かれ、各国の教育課程やスタンダードの流れを研究・観察し、月例会にてそれぞれの動きを報告する。
❒ アメリカ
オーストラリア
❒ 中国語圏
❒ 東南アジア
❒ CEFR・JF日本語教育スタンダード

★ 夏休みの宿題 ★
「シラバスの重要性を再考!担当する全科目のシラバスをモデル校メンバー間で共有しよう!」



【2012/6/26 UP】

~ 韓国の教育課程に関するワークショップが行われました ~


日 時: 2012年6月16日(土)14:30~17:30
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「韓国の教育課程について」 講師: 韓国教育評価院 이용백先生

● 評価院について
● 教育課程の変遷
● 大学受験(修能)
● 到達基準
● J-GAPと評価院の連携の可能性

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1-IMG_0328.JPG



【2012/6/26 UP】

~ 第11回J-GAP韓国月例会議 ~


日 時: 2012年5月20日(日)14:00~18:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.在韓日本語講師研究会での発表報告
3.J-GAP韓国2012グループ別アクションプランについて
4.6月のワークショップ(韓国評価院)に向けて
5.9月の学会についての報告
6.次回のスケジュール

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



【2012/06/26 UP】

~ 「在韓日本語講師研究会」にてJ-GAP韓国に関する発表~


日 時: 2012年5月19日(土)16:00~
場 所: 時事日本語学院 EDU PLAN

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「JFスタンダードとグローバル・アーティキュレーションプロジェクトについて」 検校裕朗
※ 在韓日本語講師研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




【2012/06/26 UP】

~「韓国日本研究総連合会」にてJ-GAP韓国に関する発表 ~


日 時: 2012年4月14日(土)16:00~
場 所: 釜慶大学校

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「J-GAP韓国について~世界の日本語教育事情~」 鄭起永

「J-GAP韓国2012年度の活動計画」

 ● 용문중학교:金炫炅
 ● 예문여자고등학교:車サンウ
 ● 부산대학교:岩崎浩与司
 ● 부경대학교:石塚健
 ● 신라대학교:小野里恵
 ● 부산외국어대학교:奈須吉彦
 ● 부산과학기술대학교:平中ゆかり

※ プログラム(
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Photo (1).jpg



【2012/3/25 UP】

~ 第10回J-GAP韓国月例会議 ~


日 時: 2012年3月25日(土)14:00~16:00
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.J-GAP韓国2011年度の振り返りと2012年度に向けて
3.J-GAP韓国2011の会計報告と2012年度の予算計画
4.J-GAP韓国2012の企画案と年間スケジュールについて
5.次回会議の日程について

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ J-GAP韓国2011年度の振り返りと2012年度に向けて ★
◎ J-GAP韓国2011年度の活動 ◎
01月: J-GAP韓国発足
02月: モデル校の選定
03月: JFスタンダード・CEFRに関する研修会 / J-GAP韓国の情報共有の方法を確認
04月: JFスタンダードワークショップに向けた質問リスト作り
05月: JFスタンダードワークショップ(講師:當作先生、小西先生)
06月: ICJLE2011でのJ-GAP韓国の進捗報告の確認 / 釜山日本語教師会での広報活動
07月: ICJLE2011でのJ-GAP関連発表の情報共有と発表者の決定
08月: ICJLE2011の報告会と下半期のアクションプラン再考
09月: 企画内容(2011~2013)の研究グループ分け
10月: 企画内容(2011~2013)と目標の再考
11月: 大韓日語日文学会にてJ-GAP韓国の紹介とJFスタンダードワークショップ開催
12月: 韓国日語教育学会にてJ-GAP韓国の紹介

2011年度はJ-GAP韓国の広報活動やJFスタンダードの理解に努めた。
2012年度はJ-GAP韓国の成果を何かしらの形として残すことが必要。

★ J-GAP韓国2012の企画案と年間スケジュールについて ★
◎ J-GAP韓国2012年度の活動予定 ◎
※ Language Passportのフォーマット作成
※ 中学校・高校の教科書対応Can-Do作り
※ 大学別のCan-Do作り
※ JFスタンダードを用いた現場での実践報告
※ 情報収集<世界各国のスタンダードや教育課程からJ-GAP韓国が参考にできそうなものは何か?>
※ 評価院の先生を招いてのワークショップ
※ 招待講演

⇒ 3月31日までに年間スケジュール案をJ-GAP韓国メインアカウントに提出。
⇒ 次回会議4月14日までに幹事がまとめ、2012年度の具体的なアクションプランを決定




【2012/3/25 UP】

~ 第9回J-GAP韓国月例会議


日 時: 2012年2月25日(土)15:00~
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国モデル校教員

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.ICJLE2012の申込みについて
3.「今学期の私のシラバス」報告会
4.2012年度J-GAP韓国の予算について
5.次回会議の日程について

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 「今学期の私のシラバス報告会」 ★
◎ 新学期に学生に公示する科目シラバスの報告会。
⇒ 中・高・大に分かれてマイシラバスを公開。
⇒ Can-Doを意識し、学生たちが「学期終了後に何ができるようになるか」を明白になっているかどうかの確認。
⇒ 各グループで印象に残ったシラバスはあったか。ほかの先生方のシラバスについての感想。
⇒ Dropboxに「マイシラバス」をUPし、教員間で共有をする。




【2011/12/15 UP】

~ 「韓国日語教育学会」にてJ-GAP韓国に関する発表


日 時: 2011年12月10日(土)15:00~
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: 鄭起永、検校裕朗、奈須吉彦、松浦恵子

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第20回韓国日語教育学会(http://cafe.daum.net/kaje.or.kr


「アーティキュレーション達成のためのJ-GAPの活動 ~韓国に与えるインパクト~」
● 鄭起永 「J-GAPの背景とプロジェクト国家の動向~アメリカ・カナダ・ヨーロッパを中心にして~」
● 検校裕朗 「Can-Doの重要性とJ-GAPのアジアにおける進捗状況~韓国・日本・香港を中心にして~」
● 奈須吉彦・松浦恵子 「釜山外国語大学の現状とアーティキュレーション達成のために、今、できること」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






【2011/12/15 UP】

~第8回J-GAP韓国会議が行われました~


日 時: 2011年12月3日(土)15:00~
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認(新メンバーの紹介)
2.J-GAP韓国2011の振り返り
3.アーティキュレーション達成に向けた現場での取り組みについて
4.連絡事項

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ アーティキュレーション達成に向けた現場での取り組みについて ★
◎ 冬休み中に新学期に向けたCan-Doを意識したシラバスを作る。
⇒ Can-Doを意識し、学生たちが「学期終了後に何ができるようになるか」を明白にする。
⇒ 2012年2月の会議で各自で作ったシラバスの報告会を行う。

★ 連絡事項 ★
◎ 2011年12月10日(土)に韓国日語教育学会にて企画発表としてJ-GAP韓国の広報活動
⇒ 「アーティキュレーション達成のためのJ-GAPの活動 ~韓国に与えるインパクト~」
● 鄭起永 「J-GAPの背景とプロジェクト国家の動向~アメリカ・カナダ・ヨーロッパを中心にして~」
● 検校裕朗 「Can-Doの重要性とJ-GAPのアジアにおける進捗状況~韓国・日本・香港を中心にして~」
● 奈須吉彦・松浦恵子 「釜山外国語大学の現状とアーティキュレーション達成のために、今、できること」




【2011/12/02 UP】

~ 第7回J-GAP韓国月例会議および学会にてワークショップが行われました ~


日 時: 2011年11月5日(土)14:30~
場 所: 新羅大学校師範大学103
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認(新メンバーの紹介)
2.2011年度下半期以降の研究課題と目標の再考
3.2012年度のJ-GAP予算計画について
4.本日の学会で行うJ-GAP広報およびCan-Doワークショップについて

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 2011年度下半期以降の研究課題と目標の再考 ★
◎ アーティキュレーションの達成を目指し、現場の授業を見つめ直し、課題を明らかにすることを忘れずに!
◎ 現場(個々の授業)の実情把握、Can-Doを取り入れた実践と、グループ課題は平行してやっていこう!
⇒ グループ研究課題H(各国の日本語教育の現状、教育過程やスタンダード研究)は緩やかに進め、
現場での教育、実情把握、実践に力を注ぎ、実践の結果等は会議でミニ発表を行う。

★ 2012年度のJ-GAP予算計画について ★
◎ 基本的には2011年度の予算計画をもとに、J-GAPの広報やアーティキュレーション活動への助成を計画
⇒ グループ課題で必要となりそうな予算案はJ-GAPアカ(jgapkr@gmail.com)へ。

★ 本日の学会で行うJ-GAP広報およびCan-Doワークショップについて ★
◎ 大韓日語日文学会にてワークショップ「Can-Doを通じてできること ~J-GAP韓国の活動が釜山に与えるインパクト~」を開催
⇒ ① J-GAPについて ② Can-Doについて ③ Can-Doを使ったシラバス作り




【2011/09/24 UP】

~ 第6回J-GAP韓国月例会議


日 時: 2011年9月24日(土)15:00~
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.2011年度下半期以降の研究課題について
3.秋に行われる学会情報
4.次回の会議日程

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


★ 2011年度下半期以降の研究課題について
◎ 4ステップのアクションプラン(2011年~2013年の予定)

Step0: メンバーが各々で常時研究を続ける<成果は会議で報告>
A・・・各教育機関で使われている教科書のCan-Do化
B・・・Can-Doを自分の教育現場に当てはめた事例、実践研究
C・・・韓国をインターアクションの場とした場合の「MYCan-Do」作成
D・・・アーティキュレーション研究やCan-Do研究の進捗状況の論文収集・調査

Step1: 2011年9月~
E・・・中学校の現状
F・・・高校の現状
G・・・大学の現状
H・・・各国の日本語教育の現状(スタンダードの研究など)
   ① アメリカ研究グループ
   ② オーストラリア研究グループ
   ③ CEFRとJFスタンダード研究グループ
   ④ 韓国研究グループ
   ⑤ 台湾・中国・香港研究グループ
   ⑥ 東南アジア研究グループ(ベトナム・インドネシア・タイなど)

Step2: 2011年末~2012年ごろ~
I・・・各国スタンダードと韓国の教育課程の比較
J・・・各国スタンダードの韓国語訳

Step3: 2012年半ばごろ~
K・・・アーティキュレーションを実施することによって起きる飛び級等に関する学習者の意識調査
L・・・韓国における段階の異なる日本語教育機関間のアーティキュレーション確立に向けて

Step4: 2013年~
M・・・釜山型スタンダードの草案作り

11.jpg



【2011/09/17 UP】

~第5回J-GAP韓国月例会議 


日 時: 2011年8月27日(土)15:00~
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.ICJLE2011天津(8/19~21)の報告
3.2011年度予算再考
4.2011年度下半期の研究内容の分担について
5.次回の会議日程

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ICJLE2011天津(8/19~21)の報告 ★
① 19日のJ-GAP会議について
❒ 約30名参加、各国の状況、韓国に関しては、現状と今までの流れの説明、成果、今後について。
❒ 参加者による補足説明。

② 20日のシンポジウムについて
❒ シンポの内容のおさらい。アドボカシ―の重要性について。
❒ シンポで使われたPPTはwikispacesでダウンロード可?

③ その他(J-GAP、JFスタンダード、Can-Do関連の研究発表など)
❒ 国際交流基金によるJFスタンダードワークショップ
❒ ドイツ国際交流基金ケルン事務所の発表
   ⇒ 初級で文型シラバスからCan-Doシラバスへの移行についての発表
❒ 嶋田和子先生の発表
   ⇒ 『できる日本語』
❒ J-GAP韓国のポスター発表に対する意見など
   ⇒ 高等教育で入学時にレベル分けテストは行っていないのか?
   ⇒ なぜ、履修科目が学年ごとに決められているのか?など

★ 2011年度下半期の研究内容の分担について ★
◎ 研究テーマ案とその分担希望を、次回会議1週間前までにTwitter、メールで流す。
◎ テーマ一覧と分担を9月の会議で確定させる。



【2011/09/17 UP】

~第4回J-GAP韓国月例会議


日 時: 2011年6月4日(土)
場 所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.出欠確認
2.韓国日本学会常任理事会(5/28)での報告とJ-GAP韓国の組織化について
3.5月に行われたワークショップのレビュー
4.ICJLE2011について(J-GAPメンバーの参加者確認)
5.研究発表 「J-GAP韓国のモデル校としての試み」<新羅大学> 
6.次回の会議日程

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




【2011/06/06 UP】

~ J-GAP韓国委員会モデル校向けワークショップ ~


日時: 2011年5月7日(土)~8日(日) IT館:IT513(PC室)/IT501(講義室)
場所: 釜山外国語大学校
講師: 當作靖彦先生(カリフォルニア大学サンディエゴ校) / 小西広明先生(国際交流基金ソウル文化センター)

※ 参加者: J-GAP韓国のモデル校の先生方
5月7日(土)・・・29名
5月8日(日)・・・28名

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【 ワークショップの流れ 】 

<1日目>
● 開会の挨拶、メンバー紹介、スケジュール案内
● J-GAPの紹介、アーティキュレーションについて、アメリカの事例、評価、ルーブリック、ポートフォリオについての講義
● JF日本語教育スタンダード、ポートフォリオ、Can-Do、「みんなのCan-Doサイト」についての講義とワークショップ
● 親睦会

<2日目>
● スケジュール案内
● 「みんなのCan-Doサイト」でMy-Can-Doの作り方に関するワークショップ
● アメリカの事例、當作先生ご担当の授業実例等の講義
● J-GAP韓国のゴール(アクションプラン)設定
● 2011年度のアクションプラン
● ワークショップのまとめ
● 親睦会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


★ J-GAP韓国のゴール(アクションプラン)設定 ★
◎ 各機関の実情を知る
◎ アーティキュレーション達成のための中学校・高校・大学レベルのゴールの仮設定
※ 中高では実際場面で何ができるかというところまで辿りつかない可能性もあるため、「ゴール」よりは「オブジェクティブ」に近い目標がよい。
※ 大学は各大学の設置学科や特色により、JFスタンダードのレベル(A1~C2)とゴールを設定。

【 中学校 】
① ひらがな・カタカナの読み書きができる。
例) 友達の名前や看板などの簡単なものであればひらがな・カタカナの読み書きができる。
② 状況にあう簡単な挨拶ができる。
など

【 高 校 】 ※ 「高校の目標は高校の種類特色別にゴールを設定した方がよいのではないか?」という意見アリ。
① ひらがな、カタカナの読み書きができ、簡単な漢字であれば読むことができる。
例) よくある苗字や駅や観光地の注意書きなど、簡単なものであれば、漢字が含まれていても読むことができる。
② 日本の文化を理解する
例) 日本の代表的な伝統文化について理解し、それに関する映像や画像などが出されればそれが何であるかを単語レベルで答えることができる。
など

【 大 学 】 ※ グループワークから出た意見を一部抜粋
【B2】 自分の専門を含め抽象的かつ具体的な内容でも主要な内容が理解できる。多少の間違いがあっても互いに緊張しないで母語話者とやりとりができる。
【B2】 やや広範囲な話題について明確な文を作ることができまたさまざまな選択肢について長所や短所を示しながら簡単に説明ができる。
【B2】 自分が学習した日本語をほかの人に教えることができる。日本語母語話者と同じくらい話すことができる。
【B1】 日本人観光客に簡単な日本語で釜山の観光地を案内することができ、観光客を満足させることができる。

★ 2011年度のアクションプラン ★
● 中高で通用する共通の理念の確立。
● 「A1」にないもの、「A0」に当たるものの洗い出し。
● 高校の先生との「話し合い」。日本語教育事情を知る。
● ルーブリックなどを中学校から取り入れる。制度化を試みる。
● 学院を巻き込む。横と縦のアーティキュレーション。
● ルーブリックとポートフォリオの運用にむけて試作し使ってみる。
● 学生や関係教師に対して立案したゴールや評価基準等を共有する機会をもうける。 




【2011/04/29 UP】

~ 第3回J-GAP韓国月例会議 ~


日時: 2011年4月16日(土) 15:00~19:00
場所: 釜山外国語大学校
参加者: J-GAP韓国関係者<モデル校教員>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1. 出欠確認
2. 5月のワークショップについて
3. 予算案について
4. 各モデル校の現状とJFスタンダード導入の可能性
5. 5月のワークショップについて「これは聞いておきたい」という質問リストの作成
6. 今後について

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

20110416-3.JPG

1. 出欠確認
※ 本日の会議も釜山地域のモデル校となった中高大の先生方が参加されました。

2. 5月のワークショップについて
   ■ ワークショップの概要(スケジュールの確認、講師の紹介など)
     ☞ 日程: 5月7日(土),5月8日(日)
     ☞ 講師: 當作先生,小西先生
     ☞ 場所: 釜山外国語大学内(詳細未定) 

   ■ ワークショップの詳細(當作先生よりいただいた仮プログラムの紹介)
   ■ ソウルの様子の報告

3. 予算案について
   ■ 2010年度の助成申請額とその結果報告
   ■ 2011年度の予算について

4. 各モデル校の現状とJFスタンダード導入の可能性(各モデル校5~7分の口頭発表)
   ■ 高校: 受験,教師が入れ替わりが激しいという壁
   ■ 大学: 「仲のよい友達と一緒に学びたい」,「よりよい成績(A+)をとりたい」という学生が多く、また「相対評価」という壁もある。

5. 5月のワークショップについて「これは聞いておきたい」という質問リストの作成
① 今回の韓国でのプロジェクトの最初のモデル地区である釜山では縦横のアーティキュレーションを確立するためにどこまでのインフラを築く予定なのか。漠然とした疑問だとは思うがモデル校の教師として自分が求められることは具 
   体的にどこまでで、プロジェクトの中で具体的にどんな目標を目指してこれからのいろいろな会議やワークショップに臨んだらいいかをはっきりとしておきたい。
② このプロジェクトの目指すところは、中高大と連携した共通の授業モデルの作成なのか。
③ 全体的な目標をどう持つべきか。
④ 「みんなのCan-doサイト」をうまく使う方法とこれからの課題。
⑤ 過去の「みんなのCan-doサイト」の使用例を見たり、みんなで実際に編集しながら問題点について話し合う時間を持ちたい。
⑥ 具体的なモデルや実践例が知りたい。
⑦ 十分な時間を確保して最初から使い方や編集の方法を実習できるようにしてほしい。
⑧ なにをどうすればいいのかわからない。理想を追求すべきか現実に沿うのか。
⑨ アメリカの事例が知りたい。アメリカでは、学年を無視したレベル別授業が可能なのか。評価(成績のつけかた)はどうしているのか。
⑩ 他の国から出た疑問と意見を聞きたい。
⑪ CEFRを使った授業の評価方法が知りたい。

6. 今後について
  ■ 4,5を整理し、5月のワークショップに備える
  ■ ワークショップのあと具体的にJ-GAP韓国で何ができるかを考える




【2011/03/20 UP】

~ 第2回J-GAP韓国月例会議 ~


日時: 2011年3月19日(土) 15:00~19:00
場所: 釜山外国語大学校

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1. 出席者の紹介
2. J-GAP韓国の流れを知る
3. 今後について
4. 疑問点のリストアップとまとめ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1. 出席者の紹介(計20名)
※ 本日の会議は釜山外国語大学校のメンバーに加え、釜山地域のモデル校の先生方も初めて参加されました。

2. 「J-GAP韓国」の流れを知る
※ モデル校の先生方も揃ったので、改めて「J-GAPとは何か?」ということで会議はセミナー形式で進められました。
   ■ アーティキュレーションについて
   ■ JF日本語教育スタンダードについて
   ■ CEFRについて
   ■ 「みんなのCan-Doサイト」について
   ■ J-GAP韓国事業企画案の検討

3. 今後について
※ 今後の会議の予定や、各モデル校での集まり、オンライン上での情報の共有方法について話し合われました。
   ■ 議題・議事録等はDropboxを利用し、フォルダの共有をする。
   ■ プロジェクトに関する思いつきや疑問点などはTwitter上でつぶやく(モデル校間でのみ共有)。
   ■ J-GAP韓国のメインアカウントは【jgapkr】とし、各モデル校もひとつずつアカウントを取得する。
   ■ J-GAP韓国の連絡用Emailアドレスは【jgapkr@gmail.com】とし、釜山外国語大学の担当者が管理する。
   ■ セミナーやワークショップなどは必要に応じてオンライン上で公開【Ustream】する。

4. 疑問点のリストアップとまとめ
※ このプロジェクトに関し、今回初めて参加された先生方からたくさんの質問コメントをいただきました。
~ このような経過を経て、JF日本語教育スタンダードは浸透していくのではないかと思われます ~




【2011/02/18 UP】

~ 第1回J-GAP韓国月例会議 ~


日時: 2011年2月10日(木) 16:00~19:00
場所: 釜山外国語大学校

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

① 出席者の紹介
② 東京会議の報告
③ アーティキュレーションについて。
④ Wikispaceの使い方について。
⑤ 韓国でのアーティキュレーション確立に向け、釜山地区での長・中・短期的な活動計画について。
   ● 年間スケジュール(案)
   ● 2011年8月の天津会議に向けて。
   ● ワークショップ開催計画(can-doの紹介、使い方の浸透を目的とする)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆